2010-01-18 21:18:52

太古の南極大陸と『古のもの』

テーマ:クトゥルー

今から20億年前の先カンブリア紀。原始の地球において、南極大陸は赤道付近にありました。
そしてここに地球の最初の支配者が現れます。それが『古のもの』

彼らは自然に発生した生物ではありません。
太古の宇宙から突然現れた、高度な文化を持つ知的生命体です。
植物に由来する2メートルを超える強靭な体には、5本の奇怪な触手と5枚の翼、頭部にはヒトデ型の器官があります。
主に胞子で繁殖しますが、寿命が長く生殖活動はほとんど行いません。
栄養源は植物のように無機物からの摂取も可能ですが、自分たちで狩りを行い捕食することを好み、
また捕食用の有機生命体を作り出すこともあります。
(地球上の生命は、古のものが作り出した食料が進化したものとも言われています。)


彼らは海中にコロニーを形成し、独自の文化を発展させました。
巨石と有機体を中心に発展させたその文化は、私たち人間から見ると見事かつ奇妙なものに見えたでしょう。
そして古のものは勢力範囲を地上にも拡大させ、地球の支配者としての地位を確保していきました。


しかし約14億年前。
ふいに彼らの前に、あまりにも巨大な存在が立ちはだかります。
当時存在したムー大陸に、ゾスと呼ばれる星から『クトゥルー』が現れたのです。


この時から古のものとクトゥルーとの間で、激しい争いが起きます。
いくら彼らに突出した科学力があったとはいえ、クトゥルーの脅威は生半可ではありません。
また古のものが作り出した『ショゴス』と呼ばれる奴隷生物が反乱を起こし、彼らは窮地に立たされました。


そして約10億年前。激しい戦いの末に、古のものとクトゥルーの間で停戦協定が結ばれます。

その後さらに彼らの文化は発展していきますが、他の知的種族との抗争も激化していきました。
数々の戦争の中、古のものたちに残された戦争の爪痕は大きく、また地殻や気候の変化により、
やがて彼らは退化の一途を辿り、逆に『ショゴス』は進化していきます。


そこで古のものたちは外部との接触を一切断ち、南極大陸の地下深くで人工冬眠に入ることを決意しました。
今でも南極大陸の果てにある「狂気山脈」の奥には『古のもの』たちが眠り、
そして高い知性を持つに至った『ショゴス』が蠢いているということです。



君のポケットに届いた手紙・神酒のブログ♪



にほんブログ村 小説ブログ 少女小説へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

小夜さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:こんにちゎ(*・∀・*)ノ

>NIKKIさん
読んでいただきありがとうございます!
あたしのブログでは、まぁこういう世界を中心に進めています。
現実と架空が入り乱れていますが、これからも読んでいただけるとうれしいです♡

1 ■こんにちゎ(*・∀・*)ノ

っぃっぃ読み入ってしまぃました…((((゜д゜;))))

こういう話好きなんですょ----☆★

NIKKI、本気で宇宙人ぃると思ってるんで♪
ピラミッドの謎とか、ナスカの地上絵とか、調べるの好きですw(←ォタッキー笑)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。