猫カリシウイルス感染症

猫カリシウイルス感染症は、非常に強い感染力を持つウイルス(ネコカリシウイルス)が感染する事で、発熱、くしゃみ、咳、よだれ、口内炎、舌炎などの風邪に似た諸症状を引き起こす猫の感染症です。


テーマ:
猫カリシウイルス感染症にかかると、口内炎や舌炎が見られるようになり、大量に涎を垂らすようになります。

そして、発熱、くしゃみ、鼻水、咳、目ヤニ、結膜炎、食欲不振など、風邪のような諸症状も見られる事から、猫風邪や猫インフルエンザと呼ばれる事もあります。

体力が低下して重症化すると、肺炎を引き起こす事があり、命の危険が伴います。

また、猫ウイルス性鼻気管炎や猫クラミジア感染症などにも同時期に感染すると、症状が重症化しやすく、死亡率も高くなります。

猫カリシウイルスを含むこれらのウイルスは、気温が低くなり空気が乾燥する冬場になると、感染しやすくなると言われています。

細菌、ウイルス、カビ対策に、安心安全な光触媒の除菌スプレー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
猫カリシウイルス感染症は、既に感染している猫との直接接触や、感染猫が出す咳やくしゃみによる飛沫感染(空気感染)、鼻水や涎(唾液)、排泄物などを介して感染が起こります。

また、飼い主が感染猫を触れた後に他の猫を触ったり、食器や飲み水を介してなど、間接的に感染が起こる場合もあります。

猫カリシウイルスは感染力が非常に強いため、多頭飼いでワクチンを打っていない場合には、ウイルスが家中に広がり、集団感染を引き起こす可能性があります。

一度感染し、症状が回復した場合であっても、体内のウイルスを完全に消滅できない場合もあり、そのような場合は体内にウイルスを保持したままウイルスキャリアとして、他の猫の感染源になる事があります。

特に免疫力の弱い子猫や老猫が同居している場合には、感染すると重症化しやすいため、十分注意が必要になります。

早期にワクチンを接種する事で、感染そのものの予防や症状の重症化を防ぐ事が可能になります。

細菌、ウイルス、カビ対策に、安心安全な光触媒の除菌スプレー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
猫カリシウイルス感染症の治療は、特効薬(抗ウイルス薬)がありませんので、栄養分や水分の補給、抗生物質の投与など、対処療法によって体力の回復(自己回復)を図る処置が行われます。

口内炎や舌炎など、口腔内の炎症によってご飯を食べようとしない場合がありますが、衰弱や脱水が激しい場合には、輸液や点滴による栄養補給が必要になります。

強制給餌を激しく抵抗する場合などは、猫の負担も大きくなるため、しない方が良いと言われています。

特に重症化していなければ、1~2週間程で症状が治まるようになります。

しかし、症状が完全に治まった後も、体内のウイルスを完全には消滅できない場合があります。

そのような場合には、体内にウイルスを保持した状態のまま、ウイルスキャリアとして猫カリシウイルスを排出し続けるため、他の猫の感染源になる可能性があります。

細菌、ウイルス、カビ対策に、安心安全な光触媒の除菌スプレー
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。