「鎌倉野菜ソムリエのご自宅カフェ」&見学型「お気軽料理サロン」Rietta(リエッタ)の店主ブログ

鎌倉の隠れ家カフェ「リエッタ」店主で野菜ソムリエ「リエコ」のつぶやき。
カフェブログのくせに ほぼレシピなどが登場しない・・・という
単なる「妄想とイチャモンのブログ」であることをご了承下さい♪
手ぶらで参加の見学型料理教室 毎日開催中!鎌倉野菜のランチあり


テーマ:

明日は選挙

 

18歳になったばかりの愚息にも投票権

 

学校ではシュミレーションなんかもやったりして

必ず行きましょう!という意識付けをしているらしい

 

大人だって行きましょう。


ということで

 

今日は雨だけど

明日は暑い(と思われる)

 

選挙の行き帰りに生き返る?サービス(・・・上手いこと言ったよ!?)

 

「選挙の日 プリンセット」・・・500円でご用意します


7月10日(日)AM9:30-16:30

<売切れ次第 または 店主が疲れ次第終了>

 

プリンは先着で味が選べます


たぶんプレーンとアールグレイと何かを作ります

 

お茶はシンガポールで買ったお高い紅茶TWGの「ピンクフランミンゴ」をアイスティーでご用意

 

華やかな香りを楽しんで下さいませドキドキ


(テイクアウト容器もありますが、保冷剤・袋が必要な場合は別途200円いただきます・・・包材はお高いのでねぇ・・・


image



image


***


お気軽料理サロン空席速報

 

 

7,8月空席情報が変わっております

詳しくはこちら のスケジュールを確認してください

 

お申し込みは

スケジュール画面から

または

メールでどうぞ!

 

caferietta@gmail.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

先日のBBQの朝ごはんで

水餃子を作ったことは今日のブログ に書いた


そして急に


その時のシチュエーションが何かと他のことにも役に立つような気がして


自分用に覚書を残しておこうと思う


***


なにが役に立つかというと


何か気が進まないこと

細かい仕事

結構なボリュームの単純作業

追い詰められたダイエットなど


自分のシチュエーションを「妄想」により設定すると


思いのほかパフォーマンスがアップする!という事実がある


以下 その実例↓


***



BBQ翌朝


昨日食べ残した餃子のタネをどーにかしなきゃもったいない!ということを


女子は全員 軽く思い出していた


思い出してはいたものの


朝っぱらから餃子を包むという作業はちょっと気が重く


どんよりとした空気に包まれていた



しかし


さすがに捨てるにはもったいないし

何か食べなきゃお腹はすく

そして

あまりにもノンビリしてたらチェックアウトの時間になる


ということで




餃子のタネ

餃子の皮

皿・スプーンなどを用意し


女子4人でテーブルについた


「さすがに朝から餃子のニオイはちょっと堪えるね・・・」


「ホント。もうテキトーでいいよね」


そういいながら各自包み始める


作業中に決して静かに手を動かすことはできない・・・というのは女のサダメ


誰からともなく


噂話に花が咲く


「うちの会社でさ・・・あからさまに全員にバレてる不倫カップルがいてさー」


朝から餃子にニオイもパンチがあるが


選んだ話題もなかなかのパンチだ


「へぇ」


「やだ!スゴイねー」


なんて聞いてるうちに

だんだんスイッチが入ってきた


そのうちダレからともなく


「きっとお弁当工場のパートさんとか、すごい朝早くからこういう手作業してるんだろーね」


「こんなうわさ話に花咲かせながら手を動かしているのかなぁ?」


さすがにこれほど大爆笑して大声でおしゃべりはしてないだろーが

そんなことはどーでもいいくらい


すでに全員が



「仮想 早朝パートさんモード」に入っていた


***


「ねえ。知ってる?この前 主任と**さんを見かけたのよ。●山町で・・・」


もうすでに妄想の賽は投げられた


「え?そうなの!あの二人・・・」


「そうよ。隣町にアパート借りてるってゆうじゃない?」


「えーーーーー。だって 主任さんってこの前 奥さん二人目生んだばかりでしょ」


「ちょっと待って!アンタ。これ餃子の皮 やぶけてるよ」


「あ。大変。検品部に呼び出されるわ・・・先月これでお給料から1200円引かれてたし」


「そうよ。検品部の**さん。お子さんの受験に失敗したみたいで、最近八つ当たりがすごいのよ」


「ちょっと・・・この皮 規定より薄くない? 皮製造部にクレーム言っとくわ」


・・・


次々出てくる妄想パートさんトークが「あるある」すぎて


笑いと涙が止まらない



ちゃんと手は動かしている


「さ、これでおしまいだよ。」


「ちょっと。。。具が余ってるからさ。アンタ これ ナイショで持って帰んなよ」


「え・・・でも」


「大丈夫。明日 下の子の遠足でしょ。お弁当に使いなよ」


「あ・・・ありがとう。助かるわ」


ということで



私たちは50個を超えるの餃子を あっという間に完成させて



朝のパートを終えた


そうこうして作った水餃子は


ビックリするほど美味しく


「やっぱり飲みすぎの翌日は水餃子だな」


「次回もこれでいこう!」



予想外



想定外の大反響


・・・


そうか・・・次も「早朝餃子パート」必須か


じゃあパートさんトークに磨きをかけなきゃな。


妙にやる気が出てきた


***


ということで


言いたかったのは


作業をするときは

いっそのこと

妄想シチュエーションを設定すると


案ずるより簡単に・気軽にやり遂げられることもある


***


今日のネットニュースで


「忍者ダイエット」っていうのを見かけてこの妄想餃子パートさんの件を思い出した


忍者ダイエットとは


「忍者はアイスを食べない」とか

「忍者はエスカレーターじゃなく階段を使うだろう」とか


自分を忍者と仮定して

食べることやることを 選んで行く・・・というもの


もしかしたら


激しい妄想癖を持つ私も


忍者ダイエットなら出来るような気がして


先日の餃子体験を覚書として残してみた


・・・


というだけの話


くだらなすぎる


くだらなすぎて

幸せすぎて

可笑しすぎる



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつにもまして

仕事とか
料理とか
いわんはレシピ紹介とか

一切登場しない

超プライベートのみの話です(特に今更 説明しなくてもおわかりでしょうが・・・あせる)

***


半年以上

ずーっと抱えていた案件

愚息の新たな挑戦

このたび無事正式回答をもらって実現できることになった

で、

家族で祝杯

偶然にも

結婚記念日(の1日前なんだが、この日しかスケジュールが合わなかったもんで・・・)

***

「もう やるだけの事はやりつくしたね」と思っていた

それくらい

たくさんの人に協力を仰ぎ
右も左も上も下もわからない状況から
自分たちのできることをかたっぱしからやってみた
「これでダメだったら それを受け入れて違う可能性をイチから探ろう!」と

腹をくくっていたものの・・・

そうは言っても

やり切ったと思う気持ちより
最終判断を人にゆだねているという気持ちで
なんだかスッキリしない日々を送っていた

***


今回の祝杯は

私たちの知っている範囲を超えて
いろんな人の意図や愛情のおかげと思い

いろんな人に感謝しつつ

私たちが浴びるほど飲んだ(・・・結局ね)

↓最後の乾杯・・・もう食後酒になってるし、愚息は水だし・・・


{1CF78093-BA40-4AC9-91FA-06081262C81B}

美味しかったよ↓

{99669E4D-8E9F-4AAB-8011-03D1CC234858}

で、一夜明けて

喜ぶ気持ちと

それ以上に寂しい気持ち

嬉しくて
寂しい


悲しくてジェラシー的に・・・(?)
***

そんなこと思っていたら

今日はこんなに青い空

悲しいほどお天気・・・が

朝から頭の中でずーーーっとグルグル

{3FC285B1-85A0-407D-A60A-143903F538D9}

なんてきれいな空なんだ。

本当に嬉しいことって

なぜかちょっと悲しい。

嬉し悲しい。

***

さ、仕事がんばろう。

私は
私がやりたいこと
私ができることを
精一杯やろう

と思った

・・・


で、とりあえず

冷えた美味しワインを買ってみた(・・・はぁ?)


***

追記

ところで結婚記念日に際して

同居人がしきりに

「節目だしね!」を連呼

は・・・?27回目だよ。何の節目?っつーか お前の目が節穴ではないのか?

問いただしたら

「今回で25回目だ」と言いはる

いやいや!おかしいだろう!

二人で指折り数えたが

ヤツは一向に過ちを認めない

「婚約指輪の刻印を見たらわかる」と私が最終案を提案したが

・・・

残念なことに

二人とも老眼で

指輪の内側の刻印がどーーーしても見えない

***

協議の結果

やっぱり27回目だということがわかった

しかし

100歩譲って25回目の銀婚式だとしたら

ヤツはなにか素晴らしいプレゼントを用意していたんだろうか?

答えはノーだった。

まあ。そういうものだ。

そういう私も

特にプレゼントは無いしね。


***


ともに白髪は生えているけど

ともに指輪の刻印が見えなくなるまで

ずいぶん長いこと一緒に居続けている・・・ガーン

で、後からチームに加わった愚息が

一足早く巣立とうとしている

そしてまた二人にもどる

いつかの最後は一人

・・・・

人生って

楽しくてちょっと寂しいもんですねぇ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)