1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-24 16:44:04

きゃらとりあFGOの「うちわ」配ります。

テーマ:ブログ

アルジャーノンプロダクトから発売している人気シリーズの「きゃらとりあ」。

 

今月末には新商品の『きゃらとりあ Fate/Grand Order Vol.3』が発売されますが、併せてVol.1とVol.2の再生産分も出荷されます。

 

シリーズを通しての人気商品となりましたが新作の発売を記念して販促用の「うちわ」を配布することになりました!

 

 

 

表面は弊社所属のイラストレーターのとあざが描いたキャラクター達が一同に集まっています。

 

このうちわは7月29日と30日の両日にJR秋葉原駅の中央通り(ボークス秋葉原ホビー天国さん前)とJR海浜幕張駅南口にて弊社スタッフたちが直接配布します。

 

7月31日からは一部店頭でも配布いたします!

 

暑い日が続きますが当日アキバやFGO2周年のイベントなどに行かれる方はぜひゲットして使ってくださいね!

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-06-18 15:24:36

京都で講師をやってきました!

テーマ:ひとりごと

6月の初旬の話ですが京都造形芸術大学で講義を担当する機会がありました。

 

 

 

きっかけですが仕事の知人の方との雑談で若手デザイナーの雇用についての話をしたときのことでした。カフェレオの子会社で「アルジャーノンプロダクト」というメーカー業の会社があります。キャラクターグッズの商品開発を行っている会社ですが企画・製造管理とデザイナーで構成されたチームです。当社の主要ターゲットは若い女性の方達が中心となっていますので同じ目線でものづくりが出来る世代のほうがニーズに合った商品が生まれます。

 

時にクリエイティブな人材の募集を行う時がありますがなかなか思うような採用にいたらない時もあります。アニメが好きなデザイナー志望の方はたくさんいると思うのですが僕たちのようなキャラクターグッズの商品開発の会社の雇用ニーズを届けきれてないと感じる時もあります。カフェレオでは様々なメーカーの経営者と話す機会がありますが、結構同じ思いを持っている会社も多いようです。

 

そのような話を知人にしたときに、今年から京都造形芸術大学で1年間の講師をすることになり、キャラクターグッズの構造的な話を特別講師として受け持ってみないかと依頼されました。

 

当社も新卒採用の時に多くの学生の方と話をする機会があるのですが、クリエイティブな学科の方々との縁は少なかったので、とりあえず業界の事を知ってもらいたいとの一心で分不相応ながらトライさせていただくことになりました。

 

そもそも専門学校中退の身にて講義というもの自体を受けた経験が無い身ですので、とりあえず自己紹介から業界の構造の説明やキャラクターグッズ制作の実例などをまとめた60ページ分ぐらいの資料を作成して京都に足を運びました。

 

この歳になって初めて大学キャンパスに足を踏み入れる経験となったのでそれなりに緊張しましたが、じたばたしても仕方がないので腹をくくり学生さんたちの前に席に立ちます。

 

「キャラクターデザインから派生するキャラクターアイテムデザイン需要」というテーマで80分×2の時間を受け持ちました。

 

 

最初の時間は自己紹介的な内容からマーケットや流通の構造の説明を行いましたがアイスブレイクやグループワークを入れない座学でしたので正直反応は芳しくない感じで学生さん達の顔色を見ながらの進行となりました。

 

休憩を挟み後半は実際に当社商品のサンプルを渡し、その商品の開発プロセスを丁寧に説明しました。やはり実践の内容となると俄然食いつきが違ってきます。

 

企画立案の段階から版権取得を行い一連のデザインワークを経て製造管理やパッケージの作成から販促ツールの提供をして商品が店舗に並ぶプロセスはやはり経験者でないと伝えられない内容です。

 

特にクリエイティブのデザインワークを志向する人たちは「よいデザイン」を作ればプロセスは終了という意識を持っているかもしれませんが、企画意図を込めたデザインワークはチームワークが必要ですし、細かい色設定やパッケージデザインにおけるキャッチコピーなどのレイアウト配置も含め多岐に及ぶ気遣いや工程が必要です。

 

そういうプロセスを通過して長い時間をかけてひとつの商品が出来上がることを理解してもらうだけでもこちら側としては収穫です。

 

特に自身が作成したデザインの商品が実際に店舗に並び、エンドユーザーに評価してもらうことはプロとしての醍醐味だと思います。

 

僕にとっても初めての経験でしたのでしっかり伝えられたかどうかはわかりませんが、未来を背負う若手達に自分たちの仕事の存在をアピールできたことはよかったかなと思っています。

 

それよりも当日は多くの教授の方々と挨拶する機会も頂き、学歴の無い自分が初めて大学に足を踏み入れて学生の方に講義をするような奇抜な経験ができたことは人生というものは予想できない可能性を持っていると実感しました。

 

学生の人たちも思い通りの就職活動の結果を得られるかわかりませんが、人生は長い道のりですので目先の出来事で答えを決めずに長期的な夢や目標をあきらめずに心に抱き、挫折や葛藤も自身の経験と思いいろいろなことにチャレンジして欲しいと思います。

 

それにしても京都造形芸術大学は山の麓に建った美しいキャンパスの学校で、日頃浅草橋という下町で過ごす身としては羨ましい環境でした^^

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-06-13 10:38:49

鳥越神社例大祭2017

テーマ:ブログ

浅草橋で16年仕事をしていながら大神輿が有名な近所の鳥越神社の例大祭『鳥越祭り』を初めて見てきました!

 

 

 

百聞は一見にしかず。

 

なかなかの迫力でした!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-26 19:23:15

台湾商談会

テーマ:GEOCRAPER

今週の月曜日は台湾で開催された模型問屋さん主催の販売店向け商談会に日本卓上開発が参加させていただきました。

 

老舗模型メーカーの青島文化教材さんが軸となって行われている商談会で、同じくメーカーのWAVEさんとご一緒させていただきました。

 

日本卓上開発は僕が単身乗り込んでジオクレイパーのサンプルの展示や現地の販売店の方にプレゼンテーションしてきました!

 

 

 

プロジェクターを使ったブランド紹介で、ぶっつけ本番的な内容でしたが現地の通訳や問屋さんの方の協力もいただきたくさんの販売店の方にアピールできたかと思います。

 

 

台湾ではほぼ流通しきれていない状況のジオクレイパーでしたので、販売店の方に直にアプローチできたのは収穫です。

 

実際に手に取っていただき、その精密さや拡張性にみなさん驚いていました。

量産自体は中国工場ですが、企画や設計は日本製ですのでジャパンクオリティのパワーが伝えられたのではないかと思っています。

 

ひとつでも多くの受注につながり、ひとりでも多くの方に遊んでいただければと願っています。

 

台湾では関係者のみなさんと連日食事をしていろいろな話ができてよい機会でした。カフェレオでは問屋という立場になりますが、今回はメーカーという立場から気楽に情報交換できました。

 

コーディネーターとしてカフェレオのOBスタッフが設立した会社の人たちが入ってくれていて、時を経てこういう形で一緒に仕事ができたことも感慨深い時間となりました。

 

最終日は台湾のランドマークタワーの「TAIPEI 101」も見てミッション達成。

 

 

 

509.2mは相当な迫力です!

 

新年の年越し花火はビル自体から花火が打ち上げられます。

一度見てみたいなー

 

 

ということで2週に渡り香港と台湾の出張でしたが、空港の雰囲気は気分転換にも効果的です。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-05-20 22:50:09

10周年

テーマ:ひとりごと

先日当社の女性スタッフが10年を迎えたのでお祝いの会を開きました。

 

カフェレオは今年で16年目を迎えました。一時は設立当初からの付き合いで10年前後のキャリアのスタッフもいたのですが当時は会社の規模もより小さくお祝いする余裕もありませんでした。これは自身の後悔のひとつでもあります。また数年前にキャリアのメンバー達が相次いで退社する時期もあり「中堅社員」と呼ばれるメンバーが空洞化する期間が続いていたので個人的にはより感慨深い10年のお祝いとなりました。

 

昨年の中頃から管理部のボスと一緒に密かにお祝いの会のタイミングや方向性などを打ち合わせしていたのですが、途中、後輩スタッフがぜひとも会を仕切らせて欲しいとの熱い要望がありましたのでお祝いの会は現場に任せる事にしました。自身のとっても感慨深い会ではあったのですが、これも彼女の人望の証です。

 

日程が決まり予算もうやむやに進めていたら、あれよあれよと場所や企画が決まっていき、気がついたら業務を早じまいして秋葉原のイベントスペースを時間借りして全社の忘年会規模の大きなお祝いの会になってしまいました(笑)

 

お祝いの品もお付き合いを頂いているとある老舗の有名なメーカーさんに直接お願いをして一点もののぬいぐるみを特別に作っていただきました。普段は受けていただけない一点もののぬいぐるみですが一生に一度の機会ということで快諾をいただきました。これも「縁」あって実現した素敵なプレゼントになったのではないかと思っています。

 

一言で10年と言っても早いようで長い時間です。

キャリア採用の面接を担当すると「次は長く勤められる会社に入りたい」という言葉を聞きます。もちろん自分たちも長く勤められることが理想ですが机にすわってニコニコしているだけで定年まで勤められるほど甘くはありません。

 

会社自体が16年といっても今でも新参のような長い歴史を誇る業界の中でサイクルの早い市場を生き抜いていくには、より多い手数やアクションが求められます。そんな中で経営者である自分自身ですら明日が保証されない危機感や責任を持つ毎日ですので、一緒にやっているメンバー達もいろいろな経験を積み重ねる日々だと思います。楽しい時間だけを共有することは自身も望むところですが「船」が沈んでは本末転倒です。様々な競争や葛藤があって去る人もいて残る人もいる。そういう日々の繰り返しの中でやっと若い世代が育ってきて第二世代と呼ばれるメンバーたちが当社の「骨格」作ってきてくれているような気がします。

 

今回10年を迎えるスタッフも多くの悩みを抱えてきたと思いますしスランプ的な時期もあったと思います。それでも今や社内外に影響を与える活躍をして困った時や迷った時に頼られる社の中心的な心強い存在になりました。

 

当社もおかげさまで今や新卒採用を行うと数千人のエントリーをいただく

会社になりましたが10年経たないと辿りつけない境地ということも考えると「時間」というものは長期的なスパンで見守ることが大切だと改めて自身も勉強をする機会となりました。

 

そういう意味では一つの通過点ではありますが、やはり感慨深い時間だったと思います。

 

お祝いの会の乾杯の挨拶の時に「おめでとう」と言おうと思ったのですが、やはり「ありがとう」と「おつかれさま」が口走っていました。

自身の学生時代の親友達ですら今や数年に一度会うか会わないかの状況の中で日々一緒に過ごせる「仲間」がいることは本当に幸せなことです。

 

経営サイド側は10年やっても自身が何かを成し遂げてもなかなか褒められることも少なくなりましたが、社員や会社が褒められることが自身達が褒められることではないかと思うようになりました。当社の企業理念にスタッフたちが意識してくれていることが継続する根拠になっていることではないかとも思っています。

 

お祝いの会は幹事を中心として皆が参加して本当に楽しいイベントとなりました。ちょっと羨ましくもあり嬉しい時間でした。日々の業務の中で実現してくれた幹事や手伝ってくれたスタッフたちにも感謝です。

 

これから自分たちの冒険の先に何が待ち受けているかわかりませんが、今を大切に一つでも多くの達成感を仲間達と共有できればいいなと思います。

 

10年おつかれさまでした!

そしてありがとう!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。