古民家cafe おてんとさん

山奥のカフェでのんびり、ゆったり、珈琲の薫りに包まれて過ごしましょう~*


テーマ:

先日、臨時休業をいただいて観戦に行った高校総体。

次女のバスケの試合でした。


小3からミニバスを始め、足掛け10年。

長かった。

でも、一つ一つのシーンはあっという間でした。


何より、ひとつのものに10年、向き合ってきた彼女のことを思うと頭が下がります。

体の故障や、人間関係の悩み、本当にいろんなことがありました。

バスケが彼女にとって大きな支えになっている分、影響されることも多くありました。

でもそれは、彼女が向き合うものであって私が変わってやることはできないことでした。

バスケについて、人について、彼女と話し合った時間は計り知れません。

でも、最終的に決めるのは自分だし、動くのも自分。

親子でそんな風に話す時間が持てたのは幸せなことです。


わたしは、彼女のプレイが大好きでした。

わが子というより、一人のプレイヤーの一番のファンでありたいと思っていました。

たくさんの感動をもらって、成長した姿を見ては自分も頑張ろう、と勇気をもらいました。


最後、客席に向かって深々と頭を下げた5番。

もうこの姿が見られないのは寂しいけれど、10年分の最高の想い出が心に残っています。

ありがとう。おつかれさま。



古民家cafe おてんとさん-nao


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


古民家cafe おてんとさん-hiyo


本当は、「子育て」という言葉は好きではないのですが

テーマとしてわかりやすく、

手っ取り早いのかな、と思い追加しました^^;


娘3人と出会ってそろそろ20年が経とうとしていますが

わたしと子供の関わり方って

ちょっと世間と違うのかな、と時々思います。



わたしの中では、それが当たり前なのですが

同じ世代の子を持つ母親と話していると

時々、あ。ちょっと違う・・・と感じます。



子供に関わるお話は

本当にたくさんありますから

わたしの「思い」を折にふれ

ここに記していこうかな・・と思います。


もしかして、

子供と向き合っているママが悩んでいて

「え?そんなんでいいの?」

と、少し気が楽になってくれれば

幸いですべーっだ!


まあ、人それぞれ、ていうのが前提ですけどね。




もともと、若い頃から無排卵月経だったわたしは

たぶん、子供を授かるのは難しいだろう、と

お医者さんから言われていました。

10代、20代前半に訪れた生理は数えるくらいしか

ありませんでした。


だから、妊娠したときは奇跡だと思いました。

いろいろとあって、タイミング的にもびっくりすることでした。


だから、子供とは出逢いであって

この出逢いを最大限に生かして

子供は社会に(神様に)お返ししなければ、

となぜか強く思っていました。

この奇跡をくださった神様に。


だから、いつもなにを基準に考えたかというと

「魂のレベル」でした。


子供って、生まれてくると勝手に大きくなるんです。

泣いて、お乳をやって、オムツを替えて、抱っこして

そして愛をいっぱい食べると

ものすごい速さで成長するんです。


このスピードがすごい。


わたしはそれについていくのが必死でした。


こりゃ、置いてかれる!


だから、子育てという言葉が嫌いなんですね。

だって育ててもらっているのは親のほうです。

勝手に大きくなる子供に合わせて必死になっているのは

親のほう。


わたしのレベルを上げないと、こりゃ大変なことになる。


だから?育児書とかは読みませんでした。

標準、基準、対処法。

何かと比べることしか書いてありませんから。



言葉が分かるようになると

その時々でわかるものに

「愛」を例えました。


たとえば、

心は「とってもきれいな色をした風船」。


ピンクのぴかぴかのまあるい風船、好き?


と聞くと、目をきらきらして「うん!」っていいます。

(こどもって、風船好きですもん)


あのね~、

mちゃんの胸の中にその風船、入ってるんよね~。

その風船、mちゃんがうれしい!たのしい!ってことすると、

どんどん膨らむの。誰かに優しくすると、ぴっかぴかになるの。

でもね~、

いやな言葉言ったり、だれかがいやだな~と思うことをしたりすると

しぼんじゃうんよね。色もねー、ぴかぴかじゃなくなってくるんよねー。


そんなことを話すと、子供の目はキラキラしたり、泣きそうになったり

変化します。意外と面白い。


「いつも、ぴかぴかのまあるい風船、胸の中にもっていようね!」

「うんっ!」


愛。感謝。魂のレベルを上げる。


そんな難しい言葉を、小さな小さな子供に分かるものに

例える連想ゲームは実に面白いと思いました。

自分のボキャブラリーが磨かれます♪


姉妹、兄弟は

同等の人間としてみる。

先に生まれたから、後から生まれたからは

その子たちには関係ない。

個々の人間としてみると、後から生まれた子に

上の子がわたしの想いを伝えてくれる。


だから、次女には長女に伝えた半分の量で

三女には3分の1の量で

わたしの想いは伝わってます。


見て真似る。


おもしろいですよね。

そして、とってもシンプル。


こんな話をし出すと

長くなります。


でもまた、

風変わりな子供とのかかわりの話に

お付き合いください・・・ラブラブ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。