久々に友人と食事をしました。

そのときの話に出てきたことが、「他人のいいところを盗む」ことは重要だということです。



他人のいいところを盗むためには、まず「観察」をしなければならないと思います。

さらにそれを盗むには、その人を「認め」なければならないと思います。



この二つは、簡単そうでなかなか力のいることだと思います。

しかし、これができればいろいろなことがうまくいくと考えます。



そのいいところを自分が盗み、自分のものにしてしまえばその人に追いつくことができます。

他人に劣っていることに劣等感を抱いてしまうより、そのほうがずっと成長できるのではないか、と考えます。



これは自分の成長だけではなく、チームで何かをするときも同じだと思います。

他人に認められながら何かをやるほうが、認められない状態でやるより、物事はうまくいく気がします。


まず自分から、他人を「観察」し、「認め」ていくことがいろいろなことで重要ではないか、ということに気づいた食事会でした。



ちなみに、「観察」力がつくと、いろいろな要因分析をできるようになると思います。

つまり、原因を探すことがうまくなる、ということです。
AD

日本人は書いて覚える

テーマ:
昔、どこかの本で「日本人は書いて覚える人種である」ということが書いてありました。

これは、アメリカ人と比較して、日本人はペンをとり、書き出さないと頭に入れられない傾向がある、ということらしいです。

この原因は、幼少期の教育にあるそうです。



小学校などで日本人は、漢字などを覚えるときひたすら書かされます。

そして、手の動かし方で覚えていくそうです。

思えば、漢字を思い出すとき、よく手を動かしているように思います。



もちろんアメリカ人のほうがいい、というわけではありません。

私は、もともと書かなければ覚えない体質?なのであれば、それを認めてしまい、重要なことは書き出すようにしています。


忘れっぽいというだけかもしれませんが・・・・・(苦笑)
AD
今回は、槇原敬之のListen To The Musicというアルバムをご紹介します。


槇原敬之, LOU, 大貫妙子, 小田和正, 大江千里, 桑田佳祐, 松本隆
Listen To The Music


このアルバムは、槇原敬之がいろいろな曲をカバーしたアルバムになります。

以前に書いたもの と同様に、このようなカバーアルバムは各アーティストの音楽に対する視点を見ることができます。



たとえば、このアルバムには松任谷由実の「春よ、来い」が入っています。

松任谷由実, 松任谷正隆
Neue Musik

松任谷由実の「春よ、来い」と、槇原敬之の「春よ、来い」はやはり若干違います。


私が聞いた感じでは、槇原敬之のほうは、原曲に新しくビート音をのせているように聴こえました。



これらを聞き比べることにより、それぞれの、同じ音楽に対する世界観の違いを見てみてはいかがでしょうか。
AD

私は今マーケティングを勉強しています。


この中でも特に、マーケティング・サイエンスというものを勉強しています。




マーケティング・サイエンスとは、簡単に言ってしまえば、「マーケティングを数学的に行う」と言えばいいでしょうか。


市場反応をデータから解析し、次に起こすアクションのためになるようなことを導き出します。




これを勉強していると、一番最初に出てくる話が「消費者モデル」というものです。


つまり、マーケティングにかかわる人々はみな、その人なりの「消費者の顔」を頭に描かなければ、政策決定は行えない、というのです。



前回に書かせていただいたことと 関連しますが、ここからも顧客を考えなければ事業はできないということが伺えると思います。





ちなみに、マーケティング・サイエンスを勉強するなら、


片平 秀貴
マーケティング・サイエンス

という本がわかりやすく、全体の流れを把握できるのでお勧めです。

最近、インターネットでHP運営をして感じることは、「インターネットは接客業である」ということです。



私は、今飲食店で接客業をしています。

私の店舗は、住宅立地であり、比較的地域密着型の店舗です。

ここで働いて思うことは、「顧客の顔を見ることが重要」だということです。


どういう客層が、どの時間帯にくるか、などを考えていないとよいサービスはできないと思います。



一方で、music factory for acid を運営しているときに感じることが、やはり「訪問者の顔を見ることが重要」だということです。


HP運営をしている以上、沢山の方に見てもらいたいです。

そのためにもSEO対策は重要だと思います。


そのSEO対策で、検索されるだろうキーワードを考える際、やはりどういう方が訪問されるかを考えないとキーワードがなかなか決まりません。




インターネットは現実の世界と違うと思われている方は結構いらっしゃるかと思います。

しかし私個人の意見では、運営をするのであれば、インターネットも現実社会も一緒なのではないかと思います。


結局は、インターネットを使うのも人であるからでしょうか。

以前、倖田來未のベストアルバムを借りました。


倖田來未
BEST~first things~(DVD付) [2CD+DVD]


このアルバムは、Remixを作っている方にお勧めします。


特に、DISK1の曲はRemixを作るうえで、勉強になると思います。



たとえば、クラッシュの音の使い方、スクラッチ音の入れ方、いろいろな音の重ね方、パンの振り方・・・


聞いてみると、「こういうやり方があったのか」という新しい発見を私はすることができました。




倖田來未のファンではない方でもこのアルバムはお勧めです。





あと、これらの曲を切り取り、それらを「音ネタ」として、ダンスの発表曲を作ると面白いかもしれません。

たとえば、ACIDなどの作曲ソフトで自分が作った音楽は持ち歩くことをお勧めします。



自分で作曲をしているときは、DTMの場合ですと、パソコンの前でずっと作っていることになります。


すると、煮詰まってしまうことは多いと思います。


事実、私はそういうことは多いです。



そういうときには、自分が途中まで作った音楽を外に持ち歩いて聴いてみると、新しい発見をすることができると思います。




街に出かけるのであれば、その町並みと音楽はあっているのか、違うとすればどこが違うのか。


車の中でかけてみるのもいいかと思います。




家の中で作っていては感じられない「協調性」のようなものを自分から感じてみてはいかがでしょうか。




最近は、ポータブルmp3プレイヤーが普及してきました。


これを利用すると、手軽に自分が作った音楽を持ち歩けると思います。




私は以前、自分が作った曲をCDに落とし込み、それをプレイヤーでMDに落として聞いていました。


CDを使うとコストもかかりますし、焼く時間もかかります。


その点、mp3に変換さえしてしまえば、どこでも聞けるポータブルmp3プレイヤーは手軽で、長い目で見てもお徳ではないでしょうか



勝手な視点を書かせていただけるのであれば、作曲したものを持ち歩く際に重要なポイントは、


軽さ・容量・再生時間


だと思っています。



軽さ・容量という点ではi-pod nano、再生時間ではソニーのウォークマンシリーズでしょうか



アップルコンピュータ
Apple iPod nano 2GB ホワイト [MA004J/A]
ソニー
SONY ウォークマンAシリーズ 2GB バイオレット[NW-A608/V]

おしゃれバトン

テーマ:

私にも「おしゃれバトン」というものがまわってきたので、やってみようかと思います。




▼最近のお気に入りコーデをどうぞ
   

  特になし。

  

  強いてあげるなら、自分が持っているものをいかに組み合わせるかだけを考えています。



▼好きなブランドを3つどうぞ
 

  グローバルワーク

  

  ポーター(バッグ)


  オニツカタイガー(靴)



▼よく読むファッション雑誌は何ですか?
 
  ほぼ、まったく読みません。



▼買い物はどこの街に行くことが多いですか?
 

  代官山が好きですが、買い物、というよりは町が好きで行っています。



▼今まで買った中で一番高額なお洋服は?
 

  ジャケット



▼最近買ったお気に入りのアイテムを紹介してください。
 

  買ってないですが、いただいたライターケースを大切にしています。



▼おしゃれに目覚めたのは何歳の時?
  

  19歳の時(浪人時代)、友人によくマルイに連れられて、初めてファッションの世界を知りました



▼振り返りたくない過去の服装を告白してください。
 

  服装というよりは髪型



▼お金がない時、食費・おしゃれ代どちらを削りますか?
 

  両方削れます。



▼好きな異性のファッションは?
 
  スカート(理由:男ははけないから)



▼お疲れ様でした。5人のおしゃれさんにバトンを回してください。

   

  お好きな方がやってください(笑)

時間の使い方

テーマ:
いまだにブログの意味合いもわからないまま、ブログを開設しております(苦笑)

あまり日記っぽいことを書いたことがないので、今日ぐらいは書いてみようかと思います。




最近は非常に忙しい日々です。

やりたいこと、やらなきゃいけないことを含めると、それらは大きく分けて4つぐらいあります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・



さすがにちょっとしんどい感じです(^^;


しかし、これだけやることがあるのをこなすことができれば、来年忙しくなるだろう日々にも対応できるのではないか、と勝手にポジティブに捉えています。



おそらく、一番重要なことは「時間の使い方」

無駄に時間を使うことも、計算の上で無駄に使えるようになれば一番いいのではないか、と考えています。

つまり、「休むときは休む」ということです。

体力が残っているときは、最大限動いて、疲れてきたら思い切って休む、というバランスをこれから習得できたら、と思っています。




来年、この文章を一番読んでほしいのは他の誰でもなく、自分です(苦笑)

FAQブログを開設

テーマ:
music factory for acid の1コンテンツとして、「FAQ・ACIDでRemix作成 」というブログを開設しました。

これは、music factory for acidの「質問掲示板 」でいただいたご質問をまとめたブログになります。



ブログのほうが、しっかりとデータベース化されるので、参照しやすいかと思い、作ってみました。

ACIDでRemix作成をサポートするためのツールとしてご活用いただければと思っています。