スイングしなけりゃ意味がない!

東京っ子の独身フォティ。
マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズを
こよなく愛しております。
海外物流街道にずっと携われている幸せ者です。
映画と絵本も好き。
週末ランナーでもあります。


テーマ:
5月は一度もブログをアップしないまま、6月梅雨入りしてしまいました。

カタをつけなくてはならない案件やあれやこれやで、風のように5月は
通り過ぎてしまったわけですが。

あれやこれやのうちの1つは、マイケル・ジャクソンの新譜XSCAPE
(エスケイプ、と読みます)が、
輸入版は5月14日に、国内版は5月21日に発売されたことです。
正式には、輸入版は日本時間では5月13日、アメリカ時間で5月14日ですね。

日にちがずれているのは、国内版向けのマスターテープやアートワークの
到着が遅れたから、だそうです。
言ってくれれば私が運んであげたのに・・・!

XSCAPEデラックスXSCAPEデラックス
え?亡くなったのに新譜?って感じですよね。

正直、私もこのニュースを知った時にはかなり否定的でした。
「墓あばき」「金儲け」「死者に鞭打つ」
と言う言葉がぐるぐると頭の中を駆け巡りました。

実際、正直言えば、マイケルの死後早い段階で発売された新譜「MICHAEL」は
私にはいまいちだった。
楽曲はいいんですよ。
でも、熱風が感じられなかった。

マイケル・ジャクソンと言う人は1つのアルバムを作成するのに、大量に試作を作ります。
なので、とりあえず作ったけど、今回のコンセプトには合わないから外す、なんていう
未発表の音源が大量にあるのです。
現在、その音源はマイケル・ジャクソン・エステートが管理しています。

で、死後発売された「MICHAEL」は、とりあえず未発表音源の中から、
話題性の高いもの、手っとり早く完成度の高いものを
寄せ集めて作った、という印象がいなめず。
実際、生前彼と一緒にアルバム作成した愛弟子、ロドニー・ジャーキンズの名前もなく。
「それなりにはいいけど、繰り返し聴く気にはなれない」アルバムだったのです、私的には。

今回もまたしても「どうせ未発表音源の羅列だろうな」と、テンションは大変低く、
ちっとも盛り上がる気にはなれないでいました。

あちこちで発売記念イベントが行われるという情報を手にしても、
「ねえ、いいの?本当にいいの?」という感じ。
すみませんが、皆さんが盛り上がられるのは構いませんが
私は一人、過去作品をしっとり聴いていますんで・・・と。

が、古くからのマイケルファンであり、私がマイケルの深みにはまるきっかけとなった
イベントの影の仕掛け人が、このアルバムから先行でSONYのCMソングに起用された
SLAVE TO THE RHYTHMをヘビロテで聴いている!と、大層嬉しそうに話してくれたのです。
(YOU TUBEを貼り付けようと思ったのですが、なんかうまくはまらないのですよ。
編集画面がアップロードされてからいまいち操作がうまくゆかず。)
http://www.youtube.com/watch?v=VZ9HkICDuOI

古くからのファンが、こんなに素直に喜んでいるのなら、
もう少し様子を見てもいいのかもしれない・・・

そんな風に思い始めました。

結果としては、大変素晴らしい作品となっていて、「ホッとした」ところです。

本アルバムの総合プロデューサーであるLAリードが、
エピックソニーの会長に就任して、まず最初に取り組んだ仕事は、
マイケル・ジャクソン・エステートに電話をすること、だったそうです。
そろそろ、彼の作品を出す時期が来た、とひらめくものがあり。
そしてそれは、マイケルと生前組んで仕事をした愛弟子たちも同じ
だったようです。
プロデューサーのロドニー・ジャーキンズの名前もクレジットされています。
他にも、ティンバランドやスターゲート、ジェローム・ハーモンら
「小さいころからマイケル大好き」でかなり強い影響を受けた一流どころが
名前をつらねています。

LAリードのこだわりとしては、やはり否定的なファンの意見も分かるし、
マイケルが出したくない、気に入ってない作品を出すつもりはなかったということ。
あくまでも、マイケルが最初から最後まで、繰り返し何度もテイクを取っている
本当に気に入って近々出そうと思っていた楽曲のみを、現代風にアレンジして
発表したかったとのこと。

その成果が、熱意が、リスペクトの気持ちがいかんなく発揮された本アルバムの
セットリストは以下の通りです。

01. Love Never Felt So Good
02. Chicago
03. Loving You
04. A Place With No Name
05. Slave To The Rhythm
06. Do You Know Where Your Children Are
07. Blue Gangsta
08. Xscape


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年のゴールデン・ウイークに初めて皇居を走った。


ランニングを始めてからちょうど半年のこと。


1周5キロ、緑も多く信号もなく、警備もしっかりしている

ランナーの聖地、皇居。


今年のゴールデン・ウイーク前半もなんとか

行ってきた。

昨年12月以来、4カ月ぶりになる。


ランステのロッカーは何せ小さいため、冬の厚着シーズンは

ダウンジャケットだけでロッカーが目いっぱいになってしまう。


だから真冬は足が遠のいていた。


今回お世話になったのは、神田駅近くのランステ、ラフィネ。



ラフィネ

JR神田駅から徒歩5分ほどのところにあります。

http://www.raffine-rs.com/



ほんとは日比谷のラフィネに行こうと思ってたのですが

千代田線が一時トラブルで不通だったため、

きゅうきょ初神田拠点となりました。


ここは利用料がワンコイン500円!

ロッカーもわりと大きくて使いやすいですし、

シャワールームもまあまあの広さ、ちょっとした

物を載せる台もありました。

何か所か皇居ランのランステを利用してきたけど、

コストパフォーマンスはここが一番いいかも。


皇居までは徒歩5分。

丸の内バイク&ランなどに比べると、すこし

離れているような。

で、ちょっと皇居までの道が、行きはいいけど

帰りが迷いそうになる。

ビルの間を入ろうとすると、通り抜け出来なかったり

するので。


目印は「経団連ビル」を抜けて、消防庁の消防自動車

を右目に見ながら行くと、皇居に出ます。



竹橋駅

横断歩道を渡ると、ちょうど地下鉄竹橋駅出口

あたりです。


今日はここからスタートしました。


最初はきっちり時間を・・・と思ったものの、

緑萌え、つつじも咲き乱れる気持ちいい季節。

なんだか、前だけ向いて走ってるのももったいないなあと

思い直し、写真撮ったり池の鯉眺めたりしながらの

観光ランへ変更しちゃいました。



摩天楼

ザ・東京のオフィス街って感じ。

この風景もいいなあ。皇居ならでは。



お堀

ここ、ここ!

FM東京、半蔵門あたりから、このような風景が

広がります。


この景色見たさに走っていると言ってもいいかも。


地元やらあちこち走ってみて気付いたのは、

どうやら私は水辺を走るのが好きだということでした。


水ないところでも、それなりに楽しめるんだけど、

水のあるところ(川でも海でもお堀でも)を

本能が求めている、って感じ。

ほっとするんですよねえ。


で、はあ気持ちいい~などど、写真など撮りながら

風景を愛でながら、ゆるゆると走ること、2周。


そう、10キロを走り切ってしまった。


そうか、そうか。

結果を求めないで楽しく集中していると、

結果は後からついてくるのだな。



なんてことにあらためて気付かされた、

久々の皇居ランでした。


あ、でも翌日はしっかり筋肉痛ですが・・・。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ほんと今更すぎる更新ですが、記録としてさくっと。


去る4月13日、幕張メッセにてブルーノ・マーズの

ライブを見てまいりました!!!!


チケット取りは本当に本当に大変だった・・・

最後、私はもう茫然とし、友人が手を尽くしてくれて

ゲットできました・・・ありがたいです(涙)

それくらい、数十分で完売!という、凄まじい世界。


それもそのはず。

今一番、旬な人、といってもいい。


年明けには本国アメリカにて、スーパーボウルの

ハーフタイムショウでパフォーマンスを披露したし。

このショウって、アメリカでは国民的行事らしく、

ハーフタイムのショウは、毎回その時期一番旬な

人が出演するのだそうです。


古くはもちろんマイケル・ジャクソンから、

マドンナ、ビョンセなどなど。


今回は、世界ツアー「ムーンシャイン・ジャングル・ツアー」の

一環で来日しました。



ブルーノライブ入口

私は初幕張でした。

客層は基本若い!が、時々さほど若くない人達も

ちらほら。

左に立てかけてある、スリラーライブの看板は

ご愛嬌ってことで・・・


会場の雰囲気をさくっと。

スタンデイング席から撮影したらこんな感じ。


あ、ちなみに会場撮影ですが、ライブやアーテイスト

などによって、ちゃんと撮影オッケーだったり

するんですよ、念のため。

この辺は昔はだめだったけど、一律ではないのですね。

だって・・・ブルーノはパフォーマンスも撮影オッケー

なのですから!!!



ブルーノライブ会場①


ブルーノライブ会場②
ほんとに?って思うでしょうが、ほんとです。


このツアーはオーストラリアから始まっているのですが、

シドニーの画像が堂々とあがっている。

会場入り口では「プロフェッショナル機材での撮影禁止」と

なっておりました。

だから、本気のカメラやムービーではもちろんダメなんだけど、

スマホはオッケーなのです。

時代だなあ・・・


なので、みなさん撮り放題!

12日の日本初日では、芸能人も多数来ていたらしく、

がんがん撮られていたそうだ。


私のスマホはズームがないから、せいぜいこんな感じ。

なので1枚だけ(^^;)

たまたまこのブログに来ていただいた方で

ライブにご興味のある方はぜひググってみてください。


ブルーノパフォ
こんな感じ。

これでも前のほうなんだけどね。


で、ライブですよ。

ほぼ90分間、ノンストップ。

これといったMCはないけど、

アイシテマス~とかトウキョウに来れて良かった

みたいなことを、つたない日本語で一生懸命

語ってくれつつ、パフォーマンスメインです。

全体としては明るく、わかりやすく、ポップです。

そして、何せ勢いがあります。


なにより、3曲目という早い段階で、一番盛り上がるであろう

TREASUREをぶちこんできたのには驚いた。

ほんと、「ぶちこむ」って言葉がぴったり。

「昨日も盛り上がったんだ!この曲でダンスフロアにしちゃえ!」と

いきなりTREASUREが始まったとたん、幕張メッセホールは

一大ダンスフロアと化し、大盛り上がりとなりました。


しょっぱなからここまでメジャーな曲って、なかなか持ってこない

ものでしょう?

わりとそういう盛り上がる曲って、ラストのあたりか、

そうでなければアンコールで持ってくるものでしょう?

それが3曲目。

その後もつのか?ってところで、相当自信があるということ。

実際、本当にこの人は芸達者で、ジェームス・ブラウンっぽいものやら

モータウンを彷彿とさせるようなもの、ドラムソロなどなど。

ダンスもあり、バックのお兄さん達がコミックバンドチックなムードも

漂わせるような時間もあり。

でも素晴らしい歌唱力で最後まで突っ走ってくれました。


ちょっと大げさかもしれないけど、現時点での、アメリカ音楽の

若手最高峰、といってもいい位置にいるブルーノ・マーズ。

旬の味覚って、やはり凄まじいまでの勢いと力強さなんだなって。


もう少しすると、またまろやかさも出てくるだろうし、

クインシー・ジョーンズやナイル・ロジャースレベルになると、

もう円熟の境地に達している。

そうではない、若さゆえ、そして若くして頂点に来てしまった

人ならではの、パンチのある味。

そうそう味わえない旬の味覚を、90分じっくり味わう機会が

あることに感謝です。


あえてマイケルジャクソンカテゴリーにしたのは、

マイケルファンにならなければ、知ることも、ましてや

ライブに行くこともなかったと思うから。

興味の幅が広がるって、世界が広がるってのは

いいものですね。


セットリストは以下の通りです。

いつものように、音楽評論家の吉岡正晴氏のブログより

拝借しました。

いつもありがとうございます、お世話になっております(^^)

■セットリスト
Set list : Bruno Mars Live @ Makuhari Messe


Show started 16:18
01. Moonshine
02. Natalie
03. Treasure"
04. Money (That's What I Want) [Barrett Strong / Beatles] / Billionaire [Travie McCoy] / I Need A Dollar
05. Bam Bam / Show Me / Our First Time / Bubble Butt / Pony [Ginuwine]
06. Marry You
07. If I Knew
08. Runaway Baby
09. The Lazy Song
10. When I Was Your Man
11. Piano solo
12. Grenade
13. Just The Way You Are
Enc. Drum Solo [a riff of Sex Machine – James Brown] / Locked Out Of Heaven
Enc. Gorilla
Show ended 17:52

(2014年4月13日日曜、幕張メッセ、ブルーノ・マーズ・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Mars, Bruno


ブルーノグッズ
スタンデイング席の記念グッズ。

もったいなくて使えない~!!


********************************************************

てなわけでTREASURE動画をば。

http://www.youtube.com/watch?v=nPvuNsRccVw


こちらがスーパーボウルハーフタイムショウ動画ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=F2i0Bc3f7jk


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。