スイングしなけりゃ意味がない!

東京っ子の独身フォティ。
マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズを
こよなく愛しております。
海外物流街道にずっと携われている幸せ者です。
映画と絵本も好き。
週末ランナーでもあります。


テーマ:

どうもですー

また今度、ちゃんと書きます。


ひとまず・・・

阪神大震災で被災した方のブログです。

たまたま、マイケル関連のブログで

教えてもらいました。


http://xdl.jp/diary/?date=20110313


経験者の発言には重みがあります。

この3月13日のところの一部を抜粋

させていただきます。


「要はプロに任せることです。


16年前、遠くのまちの名前が書かれた消防車やパトカー、


そしてなにより規律正しい自衛隊が来てくれたときには、


ほんとうに嬉しかったです。


彼らは、これまでに見たどんな人間より気高かったです。


彼らはプロとしての技術を持っていましたし、


彼らは私たちに感謝されることなど求めていませんでした。

被災地に必要なのは、プロだけです。」


***********************


まっこと、生ぬるい同情や自分探しで来るなっていうのも、

一つの意見です。

もちろん、「来てくれるだけでうれしい」という意見も

あるんでしょうが。


大震災と、やっと立ち上がりかけたところでの大きい余震。

足ひっかけられたような、出鼻をくじかれたような、

自然の厳しさに打ちのめされかけたこれまでの日々でした。


そんな中。

たまたま、NHKのさだまさしさんの番組で、気仙沼の

中学生の卒業式答辞を紹介してました。

震災前、さださんは「いつまで音楽活動を続けられるんだ」と

悩み、震災後は「音楽家に何ができるんだ」と

落ち込まれたんだそうです。


が、この中学生の答辞に、心揺さぶられたと言うか、

甘えてる場合じゃない!と、心奮い立たせたそうです。


その中学生は言いました。

一字一句同じではないですが、

下記のような主旨の内容でした。


「気仙沼の○○中学といえば、防災意識の高さで

内外共に有名だった。

でも、実際の震災の前ではあまりに無力だった。


試練というにはあまりにも残酷だけれど、

天をうらまず、運命に耐えながらも

生きてゆくことが使命だ」


**************************

相手の立場に立つことはとても大切。

けれど、同じ苦しみではない、どうしたって。


一応弱音も早いうちに吐きましたしね。

いつまでも東京の私がへこたれててはいけませんな。


ちびっこ予報士の地震予測はともかくとして、

まだまだ、立ち上がりかけて、また足引っ掛けられ・・・という

シチュエーションは続くかもしれないけど。


何度でも立ってやる。

そのうち、足腰も強くなるはず、きっと。


*おまけ

時にはこんな感じで、だらっゆるっと

へたれるのも大事ですけどね。

わが地区のアイドルちゃんです。


三十路姉さんプラスパワー日記-アイドル

ついつい、「ヨーゼフー」と呼んでしまいますが、

女の子なんだよね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもです。


まだまだ余震が続いてますな。


ネット上では、いろいろな人が地震予知をされている。

とある大物有名人のご子息ブログが話題になったものの、

アクセスが増えたところで、課金制にしやがった・・・


人間として、どうなの、それ。


そんな中。

今日会った友人からの情報。


友人のお知り合いのお子様のお話です。

お子様は小学生で、自然観察をされている。

そして、それだけではなく、子ども特有の勘、というのも

あるのだろう。


先の震災の1週間前ほどから、空の色やら月について

なにやら不穏なものを感じ取っておられたとか。

「何か大きな地震が来るかもしれない」ということで、

お母上はいぶかしがりながらも、一応防災の準備を

なさったところ。

全部の準備が終わった、その翌日が3月11日だった、と。


そして、その後も大きい余震は次々と当てておられる、と。

クラスのほかの子どもでも、同じようなことを言う子が

いるらしい。


そのお子様曰く、

「夏の前か後、どちらかに震度8の大きな地震が来るよ」



ええええええ!!!!??


夏前?後?それって具体的にいつよ!?

子どもさんなので、そこまで具体的にはわからないらしい。


週末?平日?7月?9月?

経済が一休みしているお盆はどうなの?


まあ・・・信じるか否かはお任せします。


私は・・・防災グッズを見直しておこうと思いました。


ではでは。


<追記です>

実際に本当に来るかは分からないけど、

今も原発で、しかも「現場」にて、大変な作業を

してくださってる方々がたくさんおられます。

どうか、その方々の努力が無とならないよう、

願うばかりです・・・


*おまけ:

 最近のマイブーム。

 完全に現実逃避ですねえ。。。


三十路姉さんプラスパワー日記-パリオペラ座




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうもです・・・

来ちゃいましたね、余震。

関東近辺はそれなりに大きいのが来るかも、と

ゆるーく覚悟はしてましたが。

まさか東北に再び、とは。


まっこと自然は残酷なり・・・

人間には知恵があるわい!と意気込んでみたところで、

情け容赦なく淘汰は存在する。

なんというか・・・

粘り強く、生きてゆきましょうね。。。


ということで。

軽く脱力してっていただければ幸いですわ、ほんとに。



**********************

先日、某カフェにいたときのこと。


隣に座っていたのは、年のころ20代後半の女子二人。

結構近い位置だったので、聞きたくなくとも聞こえてくる

二人の会話は、お年頃らしく「婚活」。


A子「もうさー、ほんとまずいよね。

   家と会社の往復じゃ出会いなんてないからさー」

B子「そうだよね~」


うんうん。確かに。私も婚活がブームになるうんと前。

集中して2年間やったよ。

同じこと思ったよ。

「家と会社の往復で、出会いなんて駅のホームくらいよ。

駅のホームで見初められるのは、藤原紀香か松嶋奈々子

レベルよ」ってね。


A子「なんかね、なかなか結婚できない人って、メンタルから

   変えないといけないみたい。恋愛モードに。」

B子「例えば?」

A子「ハッピーエンドの恋愛映画をひたすら観まくって、

   ああ、恋愛もいいなあ、結婚もいいなあって切り替えて

   ゆく必要があるらしいよ」


ああ、確かに。

私、恋愛映画とか恋愛小説、とんと縁がないもんなー。

THIS IS ITじゃなあ・・・。


A子「あー、○○カフェ行かなきゃ、全然行ってなかったよ最近」

B子「私も今度○○カフェ行きたい」


○○カフェ?

婚活と何の関係が・・・よくよく聞いてみると、

お料理教室合コンなるものを主催する、婚活カフェらしい。

そんなのがあるんだ・・・

ま、でもね。やるだけやったほうがいいよ。

結果がどうであれ、納得はいくからさ。


おそらく、「あ、俺皿洗うね」とか「あ、じゃあアタシたまねぎ切る」

とか何とかやりながら、お互いのことを知ってゆくのでしょうか。

「こいつ、料理得意とか行っておいて、みじん切りもできねえよ」

とか、

「なんか、この人段取り悪いわねえ」とか^^;


A子「あそこなら職場からも遠いじゃない。

   職場の人に会うのも気まずいからさ。

   前に行ったときには、でもうちの地元の子がいてね。

   いろいろ話したよ。で、今度飲みに行こうって誘われてね」

B子「で、どうだった?」

A子「うーん、それなりに楽しかったけど、なーんか疲れちゃって。

   ふーんって感じだった。私、飲み会で出会うのは向いてない

   みたい。初対面の人とは自己紹介からはじめるしさあ」

B子「じゃあ、やっぱ○○カフェだね。

   で、何作ったの?」

A子「えーとね、カレーとチーズバーガー」


え。

B子と私、目が点。


B子「カレー・・・ああ、あのインド料理とかに出てくる、小皿に入って

    いろんな種類があるタイプのやつね」


そうね、そうね。

レンズ豆のカレーとかね。んでもって、焼いたナンとか横に添えて

あるやつね。


A子「ううん、ふつーに、一皿にどーんとのってるやつ」


キャンプかよ!

いえね、おいしいですよ?どっちも。

バカになんてしてませんよ?

とりわけ、カレーに対しては、私はもう、深く強くリスペクト

しておりますよ。


でもさー・・・小学校の家庭科実習だって、もうちっと

凝ったものを作るような気がするんだけど・・・。


B子「まあ、でもいろんな人に会えるのはいいよね」


B子ナーイスフォロー!


A子「うん。アタシの知り合いの美容師さんが同じこと言ってた。

   その人もなるべくあちこちに顔を出して、いろいろな人に

   会うんだって。

   毎週一回は、そういうところに顔を出すって、

   ノルマを作ってたらしいの。

   いろんな人に会っておくと、判断もつくしね」

B子「その人、ご結婚されてるの?」

A子「ううん、独身。今37才なんだけど」


だめじゃん、結果出してない人の話じゃ^^;

つーか、ノルマって・・・婚活の千本ノックか!

A子、積極的なんだけど、いまいち頭でっかち。


A子「でもさあ。

   早いとこなんとかしないとね」

B子「そうだよね。時間なんてあっという間だよね」

A子「そうそう。気がついたら40でしたなんてさ。

   それでひとりだったらさ。

   なんかね、そうやって40過ぎて一人だと、

   貯金一億なくちゃだめなんだって」

B子「一億!」


あたしゃ、ソファからずり落ちそうになりましたよ。

40過ぎて独身なんて、周りにぞろぞろいるけどさ。

みんなそれなりに働いているから、多少なりとも

貯えはあるだろうけど。

一億は無いと思う、たぶん。


A子「そうなのーだから早くしないと」

B子「そうだね・・・」


だ・・・大丈夫だよ、たぶん。

一億の貯金は無くとも、ひとまずそこそこ皆

元気そうだし。

つーか、その都市伝説、ほんとかよ!?


その後もずうううっと婚活話で盛り上がる二人の

女子を横目で見ながら、40過ぎて一人の私は、

よろよろとカフェを後にしたのでした。


************************


おまけ:

最近ネットで知ったのです。

東日本大震災と同じ頃、長野県の栄村というところでも

実は大地震があったそうです。

ところが、メデイアはまったく取り上げず、

支援や救援もぜんぶ東北に行って、こちらには回って

ないのだとか。

雪深い山奥で、高齢化が進んでおり、孤立はするは、

復旧は進まないはで、こちらも大変とのことです。

よろしければ、見てみてくださいね。


http://www.pref.nagano.jp/hisyo/kyodosengen.htm


桜も今週が満開ですね。


三十路姉さんプラスパワー日記-2011さくら

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。