スイングしなけりゃ意味がない!

東京っ子の独身フォティ。
マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズを
こよなく愛しております。
海外物流街道にずっと携われている幸せ者です。
映画と絵本も好き。
週末ランナーでもあります。


テーマ:

どうもです~

週末の晩ですな。


節分も終わり、旧暦ベースでの新年も始まりました今週、

いかがお過ごしでしたか?


先日、山野楽器からメールが来ました。

なんでも、ポイントがそこそこ溜まっているぞと。

でも2月初旬に使わないと無効になるぞと。


そういうシステムなんだ・・・マイケルファンになるまで

CDを買わない期間が長くて、その手のことが分からなかった。


せっかくなので使おう!と思い、本日購入したのが、こちら。



三十路姉さんプラスパワー日記-WE ARE

いつか買おう買おうと思ってたのです。

懐かしの、WE ARE THE WORLD!


1985年、ハリー・ベラフォンテやクインシー・ジョーンズらが

内戦と飢餓に苦しむエチオピアのために立ち上がろう!という

企画をしたもの。

曲は、我らがマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが

作りました。


本DVDは1985年1月28日、アメリカン・ミュージック・アワード

後の夜10時に合計46人のスター達がスタジオに集結。

一晩かけて本作品WE ARE THE WORLDのレコーディングをした、

そのドキュメントです。


こちらが、プロデュースしたクインシー・ジョーンズ。


三十路姉さんプラスパワー日記-クインシー
若いです!

おそらく50歳前後かと思われます。

そしてマイケルもまだ、顔が黒い・・・とほほ。


本来なら、スティービー・ワンダーを中心に

するはずでしたが、彼はレコーデイングの真っ最中。

スリラーが一段落して、比較的のんびりしていた

マイケル・ジャクソンと、ロサンジェルス・オリンピックの

閉会式で歌ったライオネル・リッチーの二人に

白羽の矢を立てたのが、クインシーでした。


私はその頃、高校生でした。洋楽はそんなに知らなかった

けれど、クラスメートがおでこ全開にして、サングラスをかけて

首を振り振り、

♪ウイーアーザワールド♪と絶叫していましたっけ。

なので、印象としてはスティービーとブルース・スプリングスティーン

なんです。

で、わりかし、世間一般のイメージは私がもっているものと

さほど変わらず、だったらしい。


後日、マイケルはそれがおもしろくなかったらしい、

この曲、俺が作ったのに!あんまし目立ってない!

若さゆえに、いつまでたってもアイドルな印象のまま!と

ぶんむくれたらしい、と知りました。

何せ15才で億万長者、25才で世界一レコード売ってた

わけですしね。

若くして有名になるのも楽じゃない、と。


ま、それも今は昔。

シンディ・ローパーやらダイアナ・ロス、ボブ・ディランに

レイ・チャールズなどのスターが一同に介して、

エゴを捨て、素晴らしい楽曲を作り上げました。


マイケルも含めて、彼らの若くてキラキラした時代を

見るのも、また楽しいものです。



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。