スイングしなけりゃ意味がない!

東京っ子の独身フォティ。
マイケル・ジャクソンとクインシー・ジョーンズを
こよなく愛しております。
海外物流街道にずっと携われている幸せ者です。
映画と絵本も好き。
週末ランナーでもあります。


テーマ:

どうもです。

魔の5月がようやく終わります(^^;)

わりと体調崩しやすい月なんで、相当

気をつけているんですけど、聖地で

毒に当てられた疲れがどっと出たのか。

口内炎がイタイなり・・・


***********************************


先日放映された番組を録画しておき、

ようやく見ることが出来ました。


作詞家松本隆さんについてNHKが

特別番組を放映していたのですね。


ちょっと話が一度ずれますよ。


時を同じくして購入したこちら。


三十路姉さんプラスパワー日記-マイケルの思い出
マイケル80年代から90年代半ばまでのコーデイネーターを

勤めてらした日本人女性の手記です。

「マイケル・ジャクソンの思い出」

(著者:坂崎ニーナ眞由美/ポプラ社刊)


坂崎さんは日本人なんだけど、アメリカで育った

ため、日米の文化に精通しておられ、その経験を

買われ、知人に紹介されたのが、ビル・ブレイ氏。


ビルは元ロス市警の警察官で、マイケルジャクソンの

セキュリテイを長年勤めた人なんですよ。

2000年に高齢のためにマイケルが引退させた

のですが、まだジャクソン5時代からマイケルを

ずっと影で世話してきた、親戚の伯父さんみたいな

存在。下手すると実際の父親よりも親密だった

そうな。


坂崎さんはビルから依頼されて、マイケルが80年代

BADツアーや90年代DANGEROUSツアーで来日した際の、

主にプライベートなスケジュールをコーデイネートして

いらしたそうで、マイケルの素顔を垣間見ることの出来る

著書ですよ。


私がマイケルとデパートでニアミスしたのは、

バブルス君を連れてきていた初来日時のようです。

滞在先がキャピトル東急ホテルに決まった裏話もだけど、

部屋にダンスフロアを作り、ずっと練習していた

という話が印象的だったなあ。

それと、最初の妻リサマリーと次の妻デビーとの

印象の違いも。

優しく、物静かな話し方をしたリサマリーと違い、

がたいが良く、無愛想なデビー(^^;)

そして、おしゃれに関心のない、かつ、自由に服を

買いに行けないマイケルにかわって、これまた

ちっともおしゃれじゃないビル・ブレイが服を買って

来てあげていたので、来日時はあまり替えがなく、

ホテルの人たちが大慌てで洗濯していた、とも。

ほほえましいエピソードがたくさんです。


ここで話を松本隆さんに戻しますね。


松本さんは、ご存知のように、ルビーの指輪やら

木綿のハンカチーフやら、マッチの歌やら薬師丸ひろ子さん

と、たくさんの歌謡曲の作詞をしてヒットを連発してゆきますね。

そして、ユーミンこと松任谷由実さんとタッグを組み、

たくさんの楽曲を当時の(今もか)トップアイドル、

松田聖子に提供してゆくんだよね。


瞳はダイアモンド、白いパラソル、ロックン・ルージュ、

赤いスイートピー・・・。


マイケルが来日していた80年代、私の心を捕らえて

いたのは、日本のたくさんの歌謡曲だったんだよなあ。

もったいなかったけど、仕方ないやね。


当時のNHKレッツゴーヤングでの映像などを

盛り込んで、時代と松本さん作詞の曲が

たくさん画面から聴こえてきて、とても懐かしかった。

赤いスイートピーの頃なんて、私はまだ中学生で、

その頃のずきずきするような心の痛みだとか、幼さゆえの

純粋さのような。

深いところに普段は仕舞い込んでしまっている

感情が解凍されてしまったような、不思議な気持ちに

なってしまったんだよね。

ちょっと聖子ちゃんのベスト盤買っちゃおうかなあって

気になってしまいましたよ(^^;)テヘヘ。


そして・・・このビル・ブレイ支える黄金期の

マイケルを知ると、2005年裁判本でのマイケルとの

対比が本当に悲しくなってしまうの。


2000年以降。

ビルも引退し、リサマリーもおらず、マイケルの

周囲は怪しげな取り巻きだらけになってしまっていてね。

彼を本当に愛して心配する人たちも、なかなか

マイケルと連絡が取れなくなっちゃうんだな。


著者の坂崎さんも書いてらしたけどさ、もしも

ビルブレイがずっとマイケルのそばにいてくれたら。

亡くならずにTHIS IS ITツアーを実現できていた

かもしれない・・・。

歴史に「もしも」はないんだけどね・・・。


そんなマイケルが亡くなって、もうすぐ1年。

早いもんです・・・。


そしたら。

なんと、SONY PICTUREから発表がありましたよ!


あの、THIS IS ITが6月19日からアンコール上映

決定だってよ!!!!!!!!!!!

7月からはデイズニーランドでキャプテンEOも

再上映が決まったしな!


行きますよ?行きますとも!


今日なんて、近所の小学校の運動会、BGMは

ヴァンヘイレンとマイケルジャクソンよ!?

もう昼ごはん作りながら、大興奮よ!!!

おまけに、マイケルのお友達、クイーンのCDも

買っちゃった私。

失われた洋楽80年代を、今急ピッチで取り戻している

最中なのさ。


音楽って、その頃の自分の感情まで一緒に抱き込んで

蘇ってくるから、いいよね。


ま、時にこっぱずかしい思い出もあるけどさ。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも、1週送れですが遅れですが、奈良ですよ、

奈良ネタ。


たまたま休みが取れて、ふと奈良に行きたいって

思ったんですよ。

そしたら、宿が1泊だけ取れたのよ。

某パワースポットの場所で。

詳細はヒミツです。奈良は大和朝廷を置いた場所

だけに、やはり国のまほろば、いたるところに

不思議な力の場所が点在しているのですよ。

メジャーなAやB、知る人ぞ知るCやD、Eなど。


私はEに行ったのです。

2年前にメジャーなAへ日帰りで行って、たいそう

気持ちよかったので。何も考えずに、ようするに

静かなそういう場所で内観するのも良かろう、

今年は遷都1300年だしね。


パワースポットってさ。

基本は修験道の方々や地元の方々、そこを

信仰されている方々が中心なんだけど、

近年、そういう場所でインスピレーションを受けようと

なさっている芸術文化枠の方とか、運気を上げたい

とか気持ちがよいしね、という私のようなハンパな

スピリチュアル女子が多いよね。

ところがね、Eに行って、初めて知った事実。

○ルトな方々もいっぱい出入りしていたのね!!!!


たまたま宿にそういうのがぞろぞろいて、もう大変。

食堂では周囲でその手の超常現象やらUFOやら

アセンションやら○メリカ国防省の陰謀やらという

話題で持ちきり。某○ルト教団をかばったり。

超闇な世界観が繰り広げられていた。

おまけにこちらにも火種が飛んできて、明日一緒に

ありがたい山へ登りましょう、と。


ヤバイ!!!!!!!!

どうするよ、自分。

もう断るの必死。自分がいかに都会っ子で腑抜けかを

お伝えし、やんわりとお断り。

そこまで極めたいわけじゃないんだよね。

そりゃあ、ありがたいだろうけど・・・。


でも何せ山奥なので、夜が明けないと山を降りる

ことは出来ないし。

夜は夜で、そういう方々の盛り上がりで、うるさいの

何の。

耳ふさいで布団に潜り込む始末だった。

おまけに神社ですよ。

儲けたい?って首をかしげるような風情・・・。

ちっとも清らかな雰囲気じゃない。


別にさ、私UFOとかどうでもいいの。

宇宙人もどうでもいいし、○メリカの陰謀も、

超常現象もどうでもいいの。

縁があれば逢えるだろうし。

大きな木のある、静かな雰囲気に身をゆっくり

浸して、癒されたいだけなの!!!


ほうほうのていで翌日、山を降りた。

途中まで10分ほどタクシーに乗ってからバスに

乗り換えるんだけど。運転手さんと話をしてたら

奈良に来たなら大神神社へ行くと良いですよ、と。

でも私は平城京跡の場所まで電車の切符も

手配済み。

「平城京跡?ああ、遷都くんな。あそこな、悪いけど

なんもないで。」

地元民になんもないで、って言われる平城京って・・・。


駅について、途中下車についてたずねがてら、

大神神社のことをちらっと行ってみたら、

ぜひ行きなさい!と、さくさくと切符を払い戻して

くださり、大神神社までの切符を手配してくださった。


本来、電車の本数が少ない奈良JR線。

大神神社はJR三輪駅にあるので、乗り換えを

心配していたのですが、実にスムーズに行けて

しまったのには驚いた。

ついでに帰りも、やれバスだ電車だの乗り換えが

えらくスムーズで、それこそ、見えない大きな手が

私という駒を動かしているのか?と言いたくなるほど。


おそらく、呼ばれるっていうのはこういうことなのかも

しれない。

私は聖地と呼ばれる場所で闇に触れ、全身に毒が

まわったかのように苦しかった。

耳にしたくないこと、体に入れたくないことをたっぷり

吸い込んでしまったかのよう。


ところが、JR三輪駅そばにあり、参道には三輪そうめん

屋が軒を連ねる、ごく普通の神社という風情の

大神神社は、とてもあったかい雰囲気に満ちていた。

神社から見える三輪山をご神体とした、最古の

神社だということを、あとで知った。

そこではごく普通の人たちが、ごく普通にお参りし、

そこの神様も、ごく普通の人たちを温かく

見守ってくださっているかのよう。

とても、普通の風景が光り輝いて見えたのでした。

その光の中でようやく毒を消してもらえた、癒された

って感じです。


ああ、自分も軽くスピリチュアルに興味を持ったのは

良かったけど、知らず知らず闇に心を向け始めて

いたのかもしれない。

特別な場所に行くんだっていう気負いのようなものも。


良かった、早くに気付けて。

これからは意識して、しっかり光を見ていかなきゃ。



三十路姉さんプラスパワー日記-大神神社


限られた人しか行けない場所にやってきた

人だけ助けましょうなんて、そんなの神様じゃ

ないよね。

大切なのは、日々の生活。自分の身の回りに

いる人たち。自分の仕事での役割。

そういうことを懸命にやっている人を、

神様ならちゃんと見守ってくれているはずさ。

そう思えることが、私のスピリチュアルなんだよね。


*おまけ

平城京跡に復元された、太極殿。

本当に何もないところでした(^^;)


三十路姉さんプラスパワー日記-太極殿

**もうひとつ、おまけ。

あえて場所はヒミツですが、実際のところ、

神社やその場所、そこに古くから暮らしておられる

方々には問題はないのです。

行くタイミングさえ良ければ、きっと清らかだった

かもしれないし。

村おこしの一環ということもあるだろうし。

なので、あくまで、来ている人たちの中の一部が、

ちょっと○ルトだったりするかもよ、ということです。

むしろ、神社関係や地元の人たちにとっては、

近年のスピリチュアル・パワースポットブームは

ありがた迷惑かもですね。

すみません、私も反省して、軽い気持ちでは

行かないようにします。

また、もし神社などに行かれる際には、

私も人から聞いた話だけど、あまりお願い事は

しないほうが良いみたいです。

そういう場所に元気で、行く余裕があること自体

ありがたいわけだから、感謝を伝えるだけに

とどめておいた方が・・・とのことでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:



どうもですー

日曜日の晩、ブログをアップしようとしたら

アクセス多すぎてつながらず、でした(^^;)


週末、1泊だけの弾丸トラベラー奈良をやって

きました。

詳しくはまた。

とりあえず写真だけですが、健気な彼です。



三十路姉さんプラスパワー日記-案内遷都くん
これは近鉄京都駅。

ここから奈良へ行くのです。

2年前に行ったとき、ここは閑散としていたのに。


遷都くん、案内役です。



三十路姉さんプラスパワー日記-切手遷都くん
平城京跡には臨時郵便局も出来ており、

遷都くん、切手にもなってます。


「いやーきもかわー」と言われて、みんな手には

取っても、誰も買わず・・・。



三十路姉さんプラスパワー日記-案内板
たて看板にも登場、遷都くん。

こんなのやら旗やらが、あちこちに。



三十路姉さんプラスパワー日記-働く
グラビアだってやっちゃってます。

鹿も一緒です。


♪フンフンフンフン~♪という歌を昔

さんまちゃんが歌ってましたね。

元歌は吉永小百合さんでしたが。


そして締めはこちら。



三十路姉さんプラスパワー日記-空中遷都
空中ブランコだって乗っちゃいます!


ぼく、がんばってるでしょう?



(^^;)

がんばってるんだけどねえ。。。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。