2014-05-21 17:05:35

苦手があっても美味しく食べられたのは何故?「子供料理教室」カフェ茶の子・大阪心斎橋

テーマ:お客様のお声

苦手があっても美味しく食べられたのは何故?

「子供料理教室」カフェ茶の子・大阪心斎橋



こんばんは。「カフェ茶の子」店主の中村幸子です。


試食タイムにリオン君がこれからたべるのは、ピーマンの肉詰め。

photo:03

(^-^)/

↓前回のレッスンで、Yママさんから「ナスビ苦手、ピーマンも」とお聞きしていました。

パティシィエ志望の6歳男子はリピーターに!「子供お菓子教室」カフェ茶の子・大阪心斎橋


・・・で「納豆ハンバーグ」のレッスンなので、ピーマンにハンバーグ種を詰めて・・・、


またナスビは、ハンバーグ種をナスビと長芋でサンドにして蒸し焼きにしました。


結果、「ナスビ苦手、ピーマンも苦手」ッて本当!?


と思うほどの食欲で「美味しい!」と言ってリオンくんは食べていました。


Yママさんは、アンケートにこうお書きです。


「野菜たっぷりのヘルシーメニュー、でもたべやすくて良かったです」


photo:07


Yママさん、アンケートにお答えいただき有難うございます。



苦手だと言っていた食品(納豆、ピーマン、ゴボウなど)を美味しそうに食べている!


こういう光景を今まで、多くの子供さんで経験してきました。


「こんな風に下処理しました・・・こういう調理法だとOKだと思います」


などと、私中村からママさんにはお伝えしておりますが、


一番の要因は、こうではないかしら。



(アレルギーなどがあってダメの場合は別ですが・・・)

「自分で作ったものは、美味しく食べることができる」


子供はママ(パパ)がキッチンでしていることを、自分もやってみたいんですよね~。


≧(´▽`)≦


サウスポーのリオンくんが、正方形の深皿を洗っているところ。↓


photo:01


手首と指先の使いかたがとっても上手!(ピアノのレッスンをしているからかな?)


他にもダンスのレッスンとか・・・で↓こういうポーズも決まっています!

(≡^∇^≡)

photo:05

(^-^)/

Yママさんとリオンくんは、またまたリピーターとなって、


6月7日「ほうれん草のキッシュロレーヌ」の前に、


【子供料理&お菓子教室】5月下旬~6月中旬のメニュー&日程「カフェ茶の子」大阪心斎橋



6月1日「ハッピーバースデーお茶会」にママ友親子さんと総勢5名さまでご来店予定です。


感謝!!



ニコニコ


カフェ茶の子・お店情報


【カフェメニュー】

 美人粥・手作りデザート・ドリンク・テイクアウトなど


【最寄駅/アクセス
 
「心斎橋」駅・
駅からの道順

 「長堀橋」駅・駅からの道順
 

【直近の駐車場】から徒歩1分 お車はコチラへ>>>


【お客様のお声】

 カフェ飲食・子ども料理(お菓子)教室・レンタルスペースなど


【営業日&営業時間】
 平日土日祝日

 AM11:30~PM7:30(ラストオーダー:PM7:00)

 平日(月・水・木・金)はご予約のみの営業とさせていただきます。

 ご了承下さいませ。


【定休日】
 毎週曜日


【住所】
 〒542-0083
 大阪市中央区東心斎橋
 1丁目6-12  アサノビル地下1階

 地図はコチラ>>>


【ご予約&お問い合わせの電話&FAX】

 06-6241-5222


(接客中など電話に出られない場合がございます。伝言メッセージに、お名前、ご用件をお願いいたします。こちらから、折り返しかけ直させていただきます)

【ブログURL】
 
http://ameblo.jp/cafechanoko2009







☆当店・美人粥&手づくりスイーツの「カフェ茶の子」へは、 大阪市内全域大阪府内(堺・豊中・池田・箕面・吹田・摂津・高槻・八尾・東大阪・枚方・守口・大東・寝屋川・和泉・岸和田・貝塚・松原・羽曳野・藤井寺・富田林・大阪狭山・河内長野など)の他、


兵庫県、奈良県、京都府、滋賀県、三重県、和歌山県の近畿全域から、お越しいただいております。

いつもありがとうございます!


音譜 中村幸子でした。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。




           ペタしてね








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大阪心斎橋・イヤイヤ期のお子さんも笑顔でお料理!:中村幸子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

アメブロ用の簡単便利な無料プラグイン アクセスランキング Copy Sachiko Nakamura

バナーを作成