日枝神社(ひえじんじゃ)

テーマ:
国会議事堂前駅が一番綺麗で日枝神社に近いです。

行きは溜池山王駅から

裏道みたいな階段を登って

日枝神社の社務所前に出ました。

枝振りの素敵な桜の木がありました。

向こうには山王タワーがそびえています。

鎌倉時代創建かと言われている日枝神社とはそぐわない気もしますが、お天気も良くて、空高く空間が広がっているせいなのか
とても似合っている景色に思えました。


拝殿前の石段の両脇に石のお猿さんが祀られているそうでしたが見過ごしてしまいました。

撫でるとご利益があるそうです。


神社のお賽銭の前には2、3人並んで拝むことが良くありますが、空いていたこともあるのか、皆さん一列に並んで順番を待っていました。

2礼2拍手一礼だな、とか考えながら
お詣りしたのでその事に気をとられて
集中してお願いが出来ませんでした。

舟木一夫さんが兄弟弟子の村木弾さんのヒット祈願に訪れたそうですし、

師匠の船村徹さんと3人が申年で
日枝神社は猿=申をお祀りされているとかでしたので、
長男シゲマサの為にお参りに行きたいと思いました。

舟木さんの息子さんも申年で村木弾さんと同年ですね。
舟木さんは息子さんを見るような優しさで村木弾さんに接しておられるのでしょうね。

日枝神社には以前に来たことがあったことを思い出しました。

何年か前、お焚き上げの時に遭遇しました。

本当に綺麗な澄んだ空気に溢れている神社です。

ご利益満載な感じ。

お詣り直前に本殿前で急にお腹が痛くなり
階段で座っていました。

神社の神主さんが来られて
大丈夫ですか?
と声をかけてくださいました。
体を休めるところを勧めてくださろうとしていたようでした。

お礼を言ってトイレに駆け込みました。

来る前にバスで30分のホームセンターに
行き、植木を担いで帰り飲み物を飲んでいなかったことに気づき、自宅に帰ってから牛乳をコップに2杯飲みました。

最近牛乳はのみ慣れていなかったからなのかその後すぐに出掛けた日枝神社でお腹がピークになったと思われます。

再度本殿に向かい無事にお詣りが出来ました。

この、お腹が痛くなったと言うことが、ある出来事に遭遇することになります。

時間がずれていたら出会うことはありませんでした。

そんなに大袈裟なことではありませんが。

また書けることがあったら書きます。

出会うという出来事は、何処かで繋がっているんだと感じました。


帰りに通った素敵なデザインの鳥居です。

この階段を上った門の両脇にお猿さんがお祀りされていたらしいのですが、こちらも見過ごしてしまいました。


ですので、お守りの画像です。


見所満載の境内を探索しにまたゆっくり訪れてみたいと思います。
AD