miyagb

明後日、5月8日より絵画展
「宮川 隆 painting08」が始まります!

こ、これはなんだ…CGか?と思わずに
いられない、線と記号のようなものがぎっしり、
何か、見知らぬ生命体のような作品です。
しかも、下絵なしのすべて手描き!
みっしり実が詰まった感じですが、
とってもキレイで何時間でも眺められる絵たちです。

ご本人、宮川隆さんは宮古島出身のデザイナーで、
今日までフェアをしているビジュアルブック「風に聞いた話」の
デザインも宮川さんによるもの。
他にも、この春話題になったフォトルポルタージュ「限界集落」、
奈良美智の画集「slash with a knife」(ともにフォイル)などなど
かっこいくて渋い本を見直すと、宮川さんのお仕事でした。
ふだんは東京在住ですが、梅雨前の店内を一新しに来沖します!

さて、この絵を例えて言うなら、
早春の湿った風がわ~っと吹いていて、
青い芝生に虫は元気だわ、花はそこかしこで咲いてるわ、
みたいな景色を、粒子レベルで見たらこうなってるかも…と
思ってしまうような絵です。ちょっとメルヘンか…
もちろん、他のイメージも広がると思いますよ!
一点ものの作品ですが、販売もします。
くわしくはwebを!




AD