【小説】カフェ・シェリー

ここは喫茶店、カフェ・シェリー。
登場するのは40代の渋いマスターと20代の店員マイ、そして主人公はお客様であるあなた。
そこで体験する、魔法のコーヒー「シェリー・ブレンド」の味で、お客様は何かに気づき、そして希望を持っていく。
そんな喫茶店のお話です。


テーマ:

「じゃぁ、どうやったら不幸が幸せの扉になるんですか?どうやったら幸せな人生を送ることができるんですか?」 

 

 その答えが知りたい。どうやったら幸せになれるのか、その方法が欲しい。 

 

「そうですね、具体的に何か今困っていることはないですか?」 

 

「はい、先日会社の先輩に海外旅行に誘われました。ボーナスで行けるでしょって。でも、我が家にはそんな余裕はありません。お母さんと二人暮らしだし、生活費をまかなうのにいっぱいいっぱいなんです。旅行とかで贅沢するなんて、この先できそうにありません」 

 

「なるほど、あなたはそれを不幸だと思っているんですね」 

 

「はい、そう思います」 

 

「でも、ボクはそう思わないなぁ」 

 

 突然、その会話に山本さんが割り込んできた。 

 

「ボクは貴子くんってすごいと思う。親孝行だし、熱心に働くし。贅沢をしないというのは、家計にシビアになれるってことでしょ。だったら、いい奥さんになれると思うけどなぁ」 

 

「私も同じようなことを思いました。確かに私たちは、自分を満たすために贅沢をしたいと思うものです。けれど、まずは周りを満たしてこそ、自分の幸せって感じるものなんですよ」 

 

 周りを満たす。この言葉が私の心を響かせた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日向ひなたさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。