テーマ:

今回、台湾のDogCafeも参考の為見に行こうと思ってて、ガイドのお姉さんに

場所を教えてもらい、行ってきました

が・・・


まず、地下鉄の乗り、その後バスで20分ほど 陽明山の近く

地下鉄は案内がちゃんとしてるんだけど、バスが最悪(ーへー)

小型バスに乗り込むと、金額表示も、次のバス停の案内も無し

仕方ないので、乗っていた若い女性に『いくら?』って聞くと、『どこまで行くの?』と

多分ノーッ!聞かれたので、目的地のメモを見せると『15元(45円くらい)』と言われ、

とりあえず支払って、乗車バス

すると、町中からどんどん山道へ・・・

陽明山の近くとは聞いていたけど、こんな山の中にdogcafeなんかあるのかなぁ??

と、ちょっと不安になってきた


すると、運転手さんが突然『ここやで』と教えてくれて、降りたのはいいけど

え~っ ここ何処?

こっちで言うなら、六甲山の途中の山道でおろされた感じ


黄色いのがバス停 もちろん時刻表などありません
Cafe彦 日記 -バス停 Cafe彦 日記 -看板1
そして、周りをぐるっと見渡すと、店の看板発見

O型の私 とりあえずここまで来たから、行ってみるか!と覚悟を決めて入りました


すると、犬の鳴き声が犬Cafe彦 日記 -看板犬

あっ、ワンちゃんいるんだ・・・


そして、上を見上げると、まぁ台湾らしくない洋風な洒落た建物が
Cafe彦 日記 -緑風 な~んか、違うぞ 違うよねと思いながら店の入口へ到着

そしたら、なんと犬バッテンのシールが犬えっ?マジ?話ちゃうやん

ガイドのお姉さんも、ホテルのフロントの人にも、犬連れていけるCafeだよね?って確認したのに


気を取り直して、まぁご飯でも食べていくかと、一人店内へ・・・

メニューはランチ1500円ぐらいで、イタリアンのコース

何で台湾まできて、イタリアンやねん と思ったけど意外に美味しく、ペロリとデザートまで頂きました


Cafe彦 日記 -ガーデン

テラス席もあり、ガーデニングも綺麗で、ワンちゃん連れてお散歩するにはいいなぁ~

もしかしたら、テラス席は犬OKなのかも??

しかし、語学力不足の私は、そこまで聞けず、謎のままこの店を出て、わけわからんバスに乗り

なぜか来た駅とは違う駅から地下鉄に乗り、なんとか台北まで帰っていきました


台湾は猫カフェ発祥の地なので、猫関係は意外とあるんだけど、犬を連れてどうこうっていう習慣というのは

まだ、ライフスタイルとして定着してないのかな??

もし、台湾旅行の予定があって、このガーデニングハウスに行こうと思う方、真相を聞いてきて下さいに

緑風

台北市北投區東昇路65-8

tel 02-2898-6257


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

茶摘み、初体験!


Cafe彦 日記 -カゴ
こんなカゴと帽子をかぶって、ちょっと険しい山を登り、いざ茶畑へ!!

結構、急な斜面で途中足がプルプル汗汗君日頃の運動不足がバレテしまう・・・


 Cafe彦 日記 -茶摘み Cafe彦 日記 -茶葉
えっと~最初は張り切ってたんだけど、15分ぐらいで 終了down

他のみなさんは頑張ってはったけど、私のカゴの中身はこんなもんです

すんませんA=´、`=)ゞ


で、さすが山 蚊にさされてカユ~い

そしたら、茶畑のおばちゃんがこんなの持ってきてくれました
Cafe彦 日記 -ウナ ウナコーワみたいな、

スッキリした匂いのクリーム

これ、すぐ効いてgood!

早速、台北に戻って薬局に行ったけど2件とも無し

ちょっと古めの、薬屋さんで写真を見せて『これ欲しいの』てなことを伝えると

日本語で『無い』と一言 うぉ~おじいちゃん、日本語話せるやん嬉しい (ワハー♪)

私も日本語で『どこに売ってるの?』と聞くと『これは中国の物』と教えてくれました


そっかぁ猫空あたりの茶畑の人達は、昔 中国から茶樹を持って移民してきた人達だから

そのとき大陸から持ってきたんだ と、一人で納得

この瓶も年期が入ってそうだもんね 


次の中国旅行のお買い物リストに入れとこっと


つづく…

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと、中国茶の話に入ります・・・

2日目、台北から車で1時間伴ぐらい走って、『猫空』という

場所へ行ってきました ちょっと走っただけで、もう山の中

(途中、爆睡してましたけどカスパー19


そこで1件、茶農家さんのお宅訪問
Cafe彦 日記 -バス停 Cafe彦 日記 -茶農家
最寄りのバス停             茶農家さんちの案内板(表札?)


Cafe彦 日記 -茶畑 Cafe彦 日記 -入口
遠くに茶畑が見えます          茶農家さんちの入口


そこで、木柵鉄観音を頂きました

密のような甘い香りと、芳ばしい味わいのお茶ティータイムう~ん 美味しい!

しっかり味のタイプと、ちょっと軽めのタイプと2種類飲み比べ・・・

私は、しっかり濃い味のお茶が良かったけど、

ふっと飲みたいときには軽いのもいいかも

この美味しいお茶の作り方を聞いてきたので、簡単に説明すると
Cafe彦 日記 -いちょうCafe彦 日記 -殺青Cafe彦 日記 -荒もみ Cafe彦 日記 -にゅうねん


Cafe彦 日記 -乾燥Cafe彦 日記 -ホンペイCafe彦 日記 -枝とり

①まず、摘んできた茶葉を天日or室内で乾燥・酸化させる

②発酵の進み具合を見て、高温で加熱し、発酵を止める

③茶葉を揉み、茶葉の風味を出し、成形

④蒸し器のように下からの熱で乾燥

⑤熱を加え乾燥

⑥手作業で、枝やごみをとる


と、さくっと簡単に書いたので一緒に行った先生に怒られそうだけど

(不真面目な生徒でごめんなさ~い焦り間違ってたら訂正お願いします)


この作業は工程を何回も繰り返し、1日以上かかり、

茶葉によって、天候によって、あと各農家によって方法は違ってきます

とにかくホント大変な作業です


これだけ手間と時間をかけるから、中国茶って奥が深く、美味しいんだろうな

でも、やはり大変な仕事なので、後継者が減ってきてるそうです

未来の中国茶はどうなってるんだろう・・・と、ちょっと心配


彦では、しっかり味・ちょいかる味両方の木柵鉄観音を仕入れてきたので

味に興味ある方はぜひ一度中国茶を飲みにきてくださ~いハート


つづく・・・






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。