さて、電気自動車です。
そもそも電気自動車を買おうなど1㎜も考えたこともなかったです。
 

ではなぜ?

ふとしたきっかけでリーフに乗ったときです。
その静かさと加速に結構トキメキを感じてしまいました。

というのも私、今の職場が結構遠く、通勤距離は往復60kmです。
しかも半分は渋滞の中です・・・

電気自動車の静けさと振動の無さは以前だったら違和感しかなかったのですが、
なぜか
「これは楽チン!快適!!」
と思えたのですね。

これも歳のせいか・・・

で、欲しいとは思ったのですが如何せん航続距離とか充電とかはどうなの?

とかいろんな疑問があります。

「しるばーさたん電気自動車を買う」にも書いたとおり、元々はリーフを買うつもりがオジャンになって、それならとi3となったのです。

何と言ってもi3のドライブトレーンはリアモーター・リアドライブと言うRR!!
しかもアルミフレーム+カーボンボディ(パネル)!!
車重は1260kgで馬力換算170psだから速い速い!
この加速は一種の麻薬です(笑)
後輪駆動乗りにはかなり嬉しい乗り味です。
ま、走りについてはまた今度書きます。
 

i3にはガソリンエンジンで発電しながら走行可能なレンジエクステンダー(REx)というものと私の買ったピュアと呼ばれるエンジンなしのものがあります。

i3に関してはこのエンジン付きが全体の90%以上でピュアは圧倒的少数派です。
私も最初はREx を買おうと思ったのでした。

ではなぜピュアを買ったか?

たまたまです(笑)
ま、結構じっくり考えて自分の生活パターンにはハマるなぁ、と思った次第です。

そもそも電気自動車を買おうと考えたときに不安・疑問として真っ先に思いつくのは
航続距離はどうか?
充電はどこでもできるか?
ランニングコストは?
といったところでしょうか。

ではまず航続距離の問題ですが
カタログではピュアはJC08モードで229km!!
ECO PRO+モードで200km!!
ECO PROモードで180km!!

いずれも無理ですね。
カタログ値が全く当てにならないのはガソリン車と同じです。
日常使いでディーラー営業マン曰く「実質130-140kmくらいかなぁ、、、」
実際に乗ってみた感想もそうです。
 

やっぱり足は短いよね。

では使えないのか?
いえいえそんなことはありません。
考え方ですね。

例えば私の場合はこうです。
毎日の通勤で往復60km
休みの日にドライブに行くといっても往復で100kmを超えるようなことはあんまりありません。
大体半径50km圏内でウロウロするだけです。

遠出は年に1-2回(名古屋辺りまでなので片道200kmくらいでしょうか)しかありません。

と言うことは日常使いでは一年のうち、その殆どは一回の充電で十分走行できることになります。

ここでこんな疑問が出てきます。
万一遠出しないといけなくなったときは?

私はその時に考えればいいのでは?
と思うのです。
万一のときのために50万以上高いRExを買おうとは思わなかったです(笑)
そもそも万一の時っていつ来る?
と考えると多分ないかと、、、
あればその時に考えればいいことでね(笑)
RExは保険ですが、いつ来るかわからない万一の時のための保険としては少々高いかなぁ、というのが自分の考え方です。

ま、万一の時は電車かレンタカーで何かで(笑)

そう考えると自分の使い方ではRExなしで十分いけるのでは?
と思えるようになったんですね。
もちろんRExがあればそれはそれでいいですが、別になしでも自分の生活パターンならいけるだろうということです。

電気自動車をファーストカーにするのは中々勇気もいりますし、何より生活パターンと車の航続距離などの性能がピタリとはまるストライクゾーンは相当狭いことは間違いないですね。
でもハマればアリですね。

これはまだやっていませんが、遠出するときは綿密に計画を立てなければならないですね。
この辺りのことは充電についての項で書こうと思うのですが、遠出のときは充電ポイントを考えてルート設定と時間のやりくりを考えなければなりません。

なんか初心者に戻った気分です(笑)

妙にドキドキして面白そうですが、これを受け入れられるか?
これも重要なポイントになるでしょう。
ま、これも考え方ですね。
 

これまでの内燃機関の車とは少しだけ考え方を変えると上手く付き合えると思います。
次回は充電についてなど。

AD

AlfaRmeo 4C

テーマ:

久々の試乗記はAlfa Rmeo 4Cです。

 
試乗自体は随分前に乗せていただいていたのですが、仕事が忙しかったり、色々ありまして。。。

早速ですが4Cです

 

まず外から見ると大きくはないけど、小さくもないように見えること。
横から見ると短いホイールベースのおかげで小さく見えますが、前から見るとガバッと開いたトレッドのおかげで思ったよりも幅広に見え、小さくは見えません(個人的にもっと小さいと思ってました)。
でも横から見るとやっぱり小さいなぁ、、、

トレッドとホイールベースの差にこの車の素生の凄さの片鱗が見えますね。
この時点でもうワクワクします。

早速乗り込もうとドアを開けるとサイドシルにカーボンの紋様が!
「おぉ!」
思わず声が出てしまいます。

 

結構低い着座位置に腰を落とし、座席を合わせ、ペダルの位置とステアリングの位置を確認します。
「ステアリング、ちっちゃい!」
小径ステアリングを持つだけで思わずニヤケてしまいます。

ではエンジンをかけてスタートしましょう。

ブレーキを踏んで普通にキーを捻ると火が入りますが、ボボボボボと結構な音量です。
この音が頭の後ろで響いているところが何とも言えません!

惜しむらくはキーがあまりにも普通なところ。
メーターのギミックは全く不要ですが、せめてプッシュスタートボタンか、キーシリンダーの位置をハンドルポストではなく、センターコンソールとかにして欲しかったなぁ(個人的に、ですけど)

さて、そんな細かいことは置いておいて、走り出してみます。

パドルシフトは右がアップ、左がダウンはいつも通り。
でもフェラーリに気を使っているのか、パドルは物凄く控えめ。
一方やる気満点のオルガン式のABペダルはタッチも固めで操作感、雰囲気ともに最高に盛り上がります(笑)

  

そんなやる気満々なレースカー然とした雰囲気も走り出すとこれがいとも簡単、普通、楽ちん。
見切りも前に関しては非常に良くて(当たり前ですが後ろは全然です)車幅は掴みやすく、街中の少々狭いところでも全然怖くありません。

動き出して初めに感じるのはとにかく軽い!
ということ。
1速に入れて軽くアクセルを踏み込むと、車体がフワッと動き出します。
このとき、少しゾクッとしました。
ホントに軽いです。

さすがカーボンモノコック!

そして路面のギャップを越えて最初に感じるのはやはり、さすがカーボンモノコック!
とにかく頑強!!
これも感動します。

足廻りは走行2600kmという慣らしを終えたばかりなのでまだ少々硬さが残っているのでしょうが、それでもしなやかです。
いつも思うのですが、セッティングの出ている車は固めた足でもしなやかである、ということ。
「これは凄い!」
とこの時点でいたく感動してしまいました。

ちなみに4Cには4つの走行モードがあります。
いたって普通のノーマル
スポーツ走行用のダイナミック
雨の日の安全運転用のオールウェザー
そして禁断のレースモード

で、ここまでは実はノーマルモード、しかもCityモードと言うATモードですが、これが本当に秀逸です!
ズボラな運転でも全く違和感なく勝手に変速してくれますし、これでも楽しいです。
ダラダラと街中を走るときは本当に楽ちんです。

ちょっとしたレーンチェンジでは幅と視界に多少気を使うにしろ(ま、借り物だから当たり前ですが)楽ちん過ぎて怖くなるくらいです(笑)

ではワインディングではどうか?

 
先に結論を書くとイイに決まってます(笑)

Dynamicモードにして、フル加速するとこれが速い!!
このモードではエンジンレスポンスが変更され、ギアボックスの変速マネジメントが変更されるそう(当然ながらどっちも速くなる)。

変速速度は明らかに速いですし、エンジンもパワーが上がったように感じます(実際はそうではなく、アクセルレスポンスが変更されるだけのようです)。
でも体感では回り方もパワーも違うように感じます。
ただし、ワープするような速さとちょっと違います。

純粋に車が物凄く速く加速していく、という感じです。

エンジンの回転音と路面の情報と速度感とが混然一体となって五感を刺激し、それらが見事に一致して「怒涛のように」襲いかかってきます!
こういうところでズレがあると違和感バリバリなんですが、そんなことは全くありません!

全てのピントが合っています。

コーナーに近付いてブレーキをガツンと踏むとこれがまた絶妙の効き具合!!
ただ強力なだけでなく、踏み加減で向きが変えられるようなフレキシブルさも備えているので、もう本当にコントロールしやすいです!!

 

それはまた、同時に荷重移動が分かりやすいともいえます。
フル加速すると思いっきり後ろに乗った荷重のおかげで良く言えばフロントは「フワッと」します。
しかしちっとも怖くないのは足がちゃんと仕事をしてるからでしょうか(昔乗ったアルピーヌV6ターボなんかはフル加速するとフロントが抜けてフラフラしてマジで怖かったですけどね(笑))。

そのあと、ガツンとブレーキをかけて前に荷重をかけるとそれは素晴らしく反応します。
その挙動はある意味古典的とさえ感じてしまいますね。

しかもブレーキの加減で向きをコントロールできるとなれば面白くないはずはありません。

コーナー入口でガツンとブレーキを踏んでステアリングをクィっとするとそれは鋭利な刃物のように(使い古された言い方ですけど)それは見事にスパッと鼻が入って、旋回、車はもう次の加速を待ってます。

速!

車はホントにスパスパっと曲がるので速い速い(笑)
だからどんどんペースが上がっていきます。

それでも怖さは全くありません。
むしろ上手くなったと錯覚している自分が一番危ないです・・・

ワインディングで時々現れる長い直線でフル加速するとこれがまた結構な加速です。
あらためて書きますが、ワープするような加速では決してありません。

エンジンの回転の高まりとエキゾースト、パワーの盛り上がりと後ろに飛んで消えていく景色が一致しているから感じる速いさ、と言う感じでしょうか。

ま、物理的にも結構な速さですが、息をのむ速さとはまた違う感覚ですね。

アクセルを踏んでフル加速
コーナー手前でブレーキを踏んでシフトダウン
ステアリングでチョイチョイと向きを変える。。。
またフル加速!

ただひたすら繰り返すこの行為が至福の時なのです!!!!

で、実はこのDynamicモードの上にもう一段階あります。

AlfaRaceモード!

ABSの介入がギリギリまでなく、そのABSの介入まではESCも介入しない。
しかもASRはOffになるという、いわゆるサーキットモード!


これが凄い(笑)
ASRとESCがどれだけ素晴らしく車の挙動をコントロールしているかが分かります。
これらがOffの状態ではそれは何とも言えない緊張感を孕んでいます。
コーナー出口でガツンとフル加速するときに少しでアクセルを開けるのが早いとリアが流れ出します、、、
Dynamicモードではこうした時でもASRやらESCとかが微調整をしてくれていますがそれらがオフになった途端、全てがマニュアルになるので全ての挙動がダイレクトに伝わってきます。
アクセルオンでコーナーリング中も常に路面からは色んなインフォメーションが手とお尻、背中に伝わってきます!
それらの情報をもとにステアリングとアクセルで修正しながら旋回し、コーナー出口でフル加速する時の「ブレークするなよ」の思いが一瞬頭を過るその刹那!!

もうね、総毛立つ興奮です!

もちろん緊張感はハンパないですが(笑)
電子デバイスのお世話にならないモードで挙動の癖をつかむと面白さはもう何倍にもなります。
ただ、正直この辺りのことはあんまり覚えていません。。。
ただ貪るように走っただけでした…

都合300kmほど乗せていただきましたがオーナー様には本当に感謝です。

また続編が書きたいなぁ(懇願)

それにしてもカーボンモノコックで、最新のテクノロジーの詰まった、しかも文句なしに面白いこの車が7ケタで買えるというのは間違いなく最強のコストパフォーマンスでしょう!

真剣に欲しいと思いましたね!




買えないけど…
 

AD

長く休んでいた当ブログですが、復活します(笑)


で、突然ですが、電気自動車を買いました。

自分でも驚いたのですが、電気自動車の生活についてこれから気になったことや、実際はどうなのかを書いていこうと思います。

 

肝心の車種ですがこれまた初のドイツ車BMWはi3の電気のみ、通称ピュアと呼ばれるモデルです。

 

i3にはレンジエクステンダー(REX)と呼ばれる650ccのガソリンエンジンで発電しながら走行できるモデルもあります。
このモデルは扱いとしては「ハイブリッド」になるようですが、あくまでもエンジンは発電専用のジェネレーターとしての機能しかなく動力源ではありませんので、純粋な電気自動車といえます。

 

さて、なぜ電気自動車?
あまり深い理由はないのですが、思ったよりずっと面白かったことと、静かゆえに楽であることが主な理由です。

 

電気自動車と言えばわが国には日産のリーフがありますが、なぜBMW?
となりそうですが、実はリーフを買うつもりだったんです。
日産からも素晴らしい提案があり
「じゃ、買うわ」
と言っているのに「余所に売っちゃった」だって。

お前アホか!

と一言言って帰ってきました。

 

こうなったら俄然電気自動車が欲しくなります(笑)

 

しかし候補はそうはありません。
個人的にはテスラのモデル3が非常に魅力的なのですが、如何せん日本に入ってくるのは恐らく2年以上先です。

 

三菱のiミーヴもありますが、検討を始めたのは燃費偽装問題の発覚する前でしたが、以前に三菱のディーラーに行って気分の悪い思いをしたことが何度もあったので端から検討対象外です。

 

で、BMWのi3が出てきました。

実は以前、街中で見かけてそのデザインが非常に気に入っていたのですが値段がねぇ、、、
と思っていました。

 

が、中古車で結構ヨサゲなのがあるじゃないですか!
しかもうちから近くのお店で!

ということで買ったのは先にも書いたように「ピュア」と呼ばれるエンジンの付いていないモデル。
走行7000㎞のデモ車落ち。
非常に良い提案があり買った次第です。

 

電気自動車ってよく分からんし、買おうとは思いにくいですが、色々考え、また調べていくうちに
「アリかも」

 

と言うことでこの「アリ」と思った部分や、素朴な疑問点について分かったことなど書いていこうかと思います。

 

さて、メルクリンの国の造った電気自動車や如何に?!

 

cafe Ghibliタイトルはそのままで復活します(笑)

AD