CABO*LOG

その日のCABO事情やSTAFFのプライベートなど



CABOの日常を更新していきたいと思います★


テーマ:

2018年度夢チャレンジクラス募集要項↓

http://www.cabo-pb.com/riyou/yumeserekusyongaiyou.htm

※人数がある程度の定員に達した場合募集終了となります。

※セレクションは年に1回しか開催しておりません。

※これ以降のセレクション開催予定は一切ありませんのでお悩みの方は、お早めにエントリーをお願い致します。

※お電話・メールでのご予約も承っておりますのでご来店頂く必要はございません。

0797-87-1708 CABO夢チャレンジTEL受付

info@cabo-pb.com CABO夢チャレンジメール受付

 

 

夢チャレンジジュニアアスリートクラス2018年スケジュール

2月21日(水)18時~20時

2月28日(水)※セレクションの為開催不可

3月7日(水)※セレクションの為開催不可

3月14日(水)18時~20時

3月21日(祝水)18時~20時

3月28日(水)18時~20時

振替開催日

3月2日(金)18時~20時 ※12月27日(水)振替分

3月16日(金)18時~20時 ※2月28日(水)振替分

3月23日(金)18時~20時 ※3月7日(水)振替分

 

 

 

 

 

 

2月14日(水)

ジュニア練習レポート

 

ようやく形になってきたかな。4週連続で取り組んだ一つの課題。

忘れてしまい疎かになる時もあるが、やり方さえ意識できれば。

何人かの選手はまだまだ?マークがつくが果たして・・・。笑

来週からはまた違う練習に移行する。

新しいメンバーになる前にしっかり差をつけよう。

 

余談・・・バレンタイン選手権は1人の選手がとんでもない数を。みんなから羨ましがられていました。人気者のH君良かったね。笑 

 

 

 

 

 

 

明日の夢チャレンジは

普段えらそうに指導しているコーチ陣と本気の試合をしてもらいます。

1期生には負けませんでしたよ。たぶん。

初めてかなみんなと試合をするのは??

実際に体感する事でまた違ったアドバイスが出来ればいいな。

審判も選手みんなで。

 

 

 

絶対に勝てないとは思いますが

勝てば何か良いこともあるでしょう・・・

 

 

 

 

 

最後には夢チャレンジだけの最後のミニ大会を開催し良い思い出を作ってあげたいと考えています。

最後はみんなで笑顔で終えられたらと。

 

 

 

 

 

 

さよならまで

 

 

大切な残り2回・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

勝負の神様は今回は微笑んではくれなかった。

 

 

 

 

 

 

 

残った現実は敗者としてこの大会を終えなければならない事だけ。

 

 

結果が全て。僕はそう教えられてきた。

負けたものには何の言い訳など許されない、誰も聞いてはくれない。

全力で挑んだ1日。結果は全国へは届かず・・・。

結果が全ての世界だ。これが君たちと僕の現在地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・負ければ何も残らないと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし君たちに初めて教えられた事があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素晴らしい敗者も存在するということを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月12日(祝月)日本施設選手権関西大会  

『2期生激闘の軌跡』

 

20チームを5グループに分け1位の5チーム+2位のワイルドカード3チームがベスト8進出。ベスト4の4チームが全国大会へ。

 

 

TOPチームの抽選後思わず絶句する。

4チーム共優勝を狙えるグループに割り当てられたからだ。

今年度全国優勝2回のメッセ大阪U-12

京都府バーモント大会の常連強豪gatt2008 U-12

和歌山大会を圧倒的なスコアで制したペティロッソ香芝

考えられるレギュレーションの中でも最悪の組み合わせ。

互角の相手に対して何が出来るかが突破のポイントだ。

 

 

 

《試合前》

そら、れい、しゅんきに後ろからシュートの意識を話す。風上に立てば有利に試合を運べると思っていたからだ。

そして練習試合、紅白戦でも機能しなかった原因を細かく伝え試合へ。

《前半》

立ち上がり上手くゲームに入れたのは自分達の方だった。

そしてカウンターから持ち上がったそらが豪快な一撃。

観客がそしてベンチが揺れるスーパーゴール。

待望の先制点。何より前線で巧みにマークを外したかいと、たくおの働きも見逃せない。

1対0で後半へ

《後半》

後半立ち上がり前からプレッシャーをかけてきた相手に押し込まれる。

少しマークがずれた所を狙われ危ないシーンも。

スペースが空いたのを確認し、いっせい、たいがを投入。

そして。

いっせいの縦ドリからの折り返しをたいがが押し込む。

理想的な追加点。

そしてラストにはダメ押しの3点目。

勢いだけで取った初戦。強い相手に対して取った重い重い勝点3。

 

1試合目 gatt2008 U-12  3対0

 

 

《試合前》

自分達が主導権を握るゲームになれば強いが、相手が主導権を握るゲームには弱いためそこの対策と前線には先日の練習試合で最高のプレーをしたみつきを起用する事を決める。

メッセ大阪U-12は今年何回も対戦してきた言わば戦友。

決着をつける時が関西大会のピッチで。

《前半》

押し込んだのはまたも自分達だった。初戦を取れた事がまず良い影響を与えた事。なにより前線のみつきの体の強さ。

そしてたくおの粘りから、みつきが左足で豪快なフィニッシュ。

メッセ相手に先手を取る素晴らしい内容だった。

《後半》

少し押し込まれる場面を想定ししゅんきを入れ守備に重心を置く。

相手10番のたくみが上手くマークを外す動きを繰り返す。

後ろでボールを持ちたかったのでここでへいんとたいがを投入。

しかし流れは完全にメッセ大阪に。

だが、せのがファインセーブを連発し得点を許さない。

ここで疲れの見えたみつきに変え裏への動き出しが上手いえいとを投入。そしてその30秒後。背後に抜け出したえいとが完全なキーパーと1対1。

ここで決めきれず残り40秒。

前線でキープ出来なかったボールをシンプルにつけられ・・・失点

後少しで逃した勝利。そして何より耐えていた守備陣が呆然としている。

それでもそらはボールを抱えセンターサークルへ。

試合終了。

 

 

2試合目 メッセ大阪 U-12  1対1

《試合前》

この試合前シルバーが引き分けてしまい突破が困難な状況に。

あの4人はやまとの分までと。

それを思い先発は4人を起用。先制するまで絶対に変えないと。

グループ突破を決めるのは誰かの為に頑張れる姿勢を見せてきた彼らを僕は信頼したかった。

《前半》

かいとのゴールで全てが決まったのかもしれない。

彼がゴールすれば全てが興奮する。先の展開に希望が見える。

たからの落ち着いたゲームメイク。

そしてたくおの足裏を巧みに使った見事な追加点。

前半は圧倒する内容だった。

《後半》

立ち上がりメンバーを変え押し込まれてしまうが途中から出たたいがの角度のない所からのシュートでダメ押し。

しかし相手のシュートもポストに数回当てる程後半は危ないシーンばかり。

少しの気の緩み。短期決戦の怖さと面白さが詰まったゲームだった。

 

3試合目 ペティロッソ香芝  3対1

 

 

グループD

1位 宝塚CABO夢チャレンジ 勝点7 得点7 失点2 得失5

2位 gatt2008U-12 勝点6 得点6 失点6 得失0

3位 メッセ大阪U-12 勝点4 得点10 失点4 得失6

4位 ペティロッソ香芝 勝点0 得点2 失点13 得失-11

 

メッセ大阪が最終戦に逆転で破れまさかの敗退。

優勝候補1番手が敗退する程今回はレベルが昨年より上がっていた。

 

 

何より1位で突破を決めれた事が良かった。

 

ベスト8チーム

シュライカー大阪U-12 1位

CAOSフットサルスクール 1位

EDC 1位

宝塚CABO夢チャレンジ 1位

メンチローゾ 1位

ペンサールフットサルスクール W2位

ROOTSフットサルスクール W2位

万博フットサル W2位

 

ここから再抽選で組み分けが決まる。

そして・・・。

前年度施設選手権全国大会チャンピオン CAOSフットサルスクールに決定。

勝てば全国。負ければ終わりのここからが本当の勝負。

 

 

 

《試合前》

予選のコンディション。テンション含め自分達が確実に主導権を握れると思っていた。

前線はたいがと、みつきのペアで。

後ろはそら、れいの2人を起用しスタート。

《前半》

立ち上がり2分間。れいにボールを集め、完全に主導権を握る展開。相手を自陣に押し込む。

しかしみつきが、たいがが。シュートを繰り返し放つが決めきれない。

前半に訪れた2度の決定機。ここが勝負の分かれ目だったのかもしれない。

押し込んだ流れで前半終了。

《後半》

流れが相手に渡る前に先制したかった。そこからしゅんきを入れ逃げ切れるかが試合のポイントと思っていた。

立ち上がり前からアプローチを仕掛け良い流れは継続していた。

しかし・・・。

自陣で不用意に取られたキックイン。

意図もなくファーサイドに入れられたボールが内側のポストに当たりゴールイン。

押し込まれていた相手の先制点で相手ベンチが歓喜。

動揺する選手達。

すぐさまたくお、かいとを入れるが流れが自分達に戻らない。

ピッチには焦りが。コントロールミスが出てしまう。

ラスト1分になり・・・。

えいとを入れる決断を。

そして交代したすぐのプレーでえいとの抜け出した足元にボールが入る。一瞬の加速で相手を置き去りにした素晴らしいプレー。

キーパーと1対1。そして右足のインサイドで流し込んだシュート。

同点。見事に当たったラスト采配。

ベンチが。会場が。そして何より彼が一番。

そして試合終了。

 

 

 

 

 

 

 

全国大会の切符はPK戦で決着がつくことに。

 

 

 

相手が先制

1人目のそら。右ポストに当ててしまう。

 

相手が追加点

2人目たくお。左に豪快に決める。

 

相手が全国を決めるシュート。

 

 

 

CAOSフットサルスクール  1対1  PK1対3

ベスト8敗退 

 

 

 

 

昨年は全国をPK戦で決めたが今年はPK戦で敗退。

昨年は相手に主導権を握られる試合を制して。

今年は自分達が主導権を握る試合を取れず。

 

 

勝負とは時には残酷な結末を迎えるものだ。

外したそらは僕が今まで見た選手で最高の選手だった。

強豪チームのスタメンを勝ち取り強度の高い試合をこなした経験を自分達に与えてくれた事に感謝したい。

 

 

シルバーに関しても初戦の7対0の試合から試されたのは2試合目。

これを取れれば2位で上がれた試合を取れなかった事が全て。

君たちもそこを狙える位置にいてたんだ。

そしてそこが弱さ。勝ちきれるチームになれなかった。してあげれなかった。

 

 

 

メッセ大阪のみんなから託された全国への想い、シルバーの選手の想いは届かなかった。

 

 

 

 

 

 

 

涙する選手達。

 

 

 

 

今年は強かった。本当に素晴らしいメンバーだった。これは確実に証明された。

しかし『相手に対して上手い選手』ではなく『相手に対して強い選手』が活躍した事が現実として残った。

技術はもちろん大事だ。そこを疑う事はない。

しかし大舞台になればなるほど試されるのは相手を上回れる強いメンタル。相手に激しくチャージ出来る負けん気の強さ。厳しいゲーム展開の中で試される本物の技術

 

これは今回で確信に変わった。

『強くて上手い』選手の育成を。

 

 

 

 

そして何より保護者の皆様。

2期生立ち上げの瞬間から今に到るまでサポート頂き本当にありがとうございました。そして本当に申し訳ありませんでした。

全国へいけなかったのは何より指導者の僕の責任です。

本当に本当に申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

この2期生ブログもこれが最後になる。

書いている時にも思い出しグッとくる。

これでみんなとはさよならだ。

出会ってくれて本当にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な方がこのブログを見ているはずだから。

ここで宣言したい。

未来のまだ見ぬ3期生。

 

今年は全国大会出場ではなく、日本一になる為の強化を。

個人のレベルアップはもちろんだが、今年は絶対に日本一になる。

この大会を通じて選手として何が大事か、何をもっていれば活躍できるかがより鮮明に分かった。

これをセレクションでも見極め選考したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分自身にとっても今年は集大成だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前を向こう2期生諸君。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2018年度夢チャレンジクラス募集要項↓

http://www.cabo-pb.com/riyou/yumeserekusyongaiyou.htm

※人数の上限により残り数名となりました。

※セレクションは年に1回しか開催しておりません。

※これ以降のセレクション開催予定は一切ありませんのでお悩みの方は、お早めにエントリーをお願い致します。

※お電話・メールでのご予約も承っておりますのでご来店頂く必要はございません。

0797-87-1708 CABO夢チャレンジTEL受付

info@cabo-pb.com CABO夢チャレンジメール受付

 

現在 セレクションエントリー全参加者人数 115名

メールでのお問合せが増えています。メールでのお問合せも出来ますので宜しくお願い致します。

 

 

夢チャレンジTOPチーム2018年スケジュール

2月16日(金)18時~20時

2月23日(金)18時~20時 ※2期生ラスト練習 残り2回

 

 

 

シルバーは凄く期待がもてる内容だった。

ほぼ互角の勝負を演じた内容は決してフロックではない。

6年生の安定に加え5年生のアグレッシブなアプローチがチームを活性している。

関西大会では何かを起こしてくれる気配が。

兵庫県大会からの良い流れがまだまだ継続している。

 

 

 

 

 

TOPは少しチグハグな内容。攻守の切り替え、距離感の部分。

前線はプレスバックが遅く、ディフェンスはチャレンジ&カバーが遅れ昨日も失点。

何よりフォアザチームの精神が必要だ。個人の能力が高いが故に個の能力にそれぞれが依存している。

例えば誰かが1対1を仕掛けてもフォローにいかない等が典型的な例だ。ボールをもっと動かそう、サポートに必ず入ろう。

 

しかしこのメンバーを選んだ後悔など1ミリもない。

必ずやってくれるはずだ。君たちなら出来るはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長かった彼らとの1年間が終わろうとしている。

 

色々な事があった。

良い事もそうでないことも。

取り組む環境に対しての難しさ。

何より今年は言葉を大切にしてきた1年間だった。

自分の思いだけではなく誰かの為に一生懸命になれた。

 

 

 

 

 

 

 

全員を幸せに、全員を笑顔には出来なかった。これは正直な気持ち。

 

 

 

 

怪我をして中々プレーできていない選手がいつも必ず挨拶に来てくれ、何かを手伝おうとしてくれる。本当に感謝しかない。

 

だからこそ。だからこそ絶対に勝たなければいけない。

少しでもエンブレムに誇りを持ってもらえるように。

全員の想いを僕もそして彼らは背負っている。

 

 

 

 

頑張るのは当たり前。サッカー選手は結果が全て。

前の選手は得点を、シュートの意識を。後ろの選手は失点せずにゲームを終わらせる。

1年間簡単な事をずっと言い続けてきた。

そしてそのあらゆる手段も。

 

 

 

 

 

 

1年間言い続けてきた、スポーツの世界は結果が全てだと。

良い試合でしたは必要ない。

良い思い出を作りたければ結果を出すしかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員を信じている。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。