2011-02-09 19:29:11

箱根駅伝2011 自転車で追走の記録

テーマ:サイクリング

かれこれ1ヶ月以上前の話になります。


今年は箱根駅伝を自転車で追走して、

東京大手町⇒神奈川箱根間を駅伝と一緒に

自転車で行こうと計画してました。


ネットで事前情報を調べると、

・前走組み⇒駅伝に追いつかれないように逃げる。

【スタート時間】駅伝の1時間~1時間半前にスタート

【メリット】:自分のペースで走れる。

【デメリット】:交通規制に掛からないように逃げるため

普通に信号などに引っかかる。


・追走組み⇒駅伝の最後尾(交通規制解除車)を走る

【スタート時間】駅伝と同時

【メリット】:信号に掛からない。ゆっくりペース。

【デメリット】:おいて行かれたら追いつくのが大変。

        (交通規制が解除されてしまう)


で、自分は追走を選びました。

距離は実走行で120km程度見ておけばよいかと。



そして年明け早々の2011年1月2日朝7時半頃、

東京 大手町 読売新聞本社脇に到着。


To-yoのブログ

関係者やプレス向けの車が待機しています。

プラグインのプリウスでエコ意識?

むしろみんな自転車で追いかけるべき。



To-yoのブログ
おなじみ中華カーボンTTです。

どうでもいい事ですが、ホイルのロゴシールが

最近のスピナージーに変わっていたりします。

もう一台は、今回のイベントに年明け早々から

快く付き合ってくれた友人のFELT。



To-yoのブログ

沿道には人がウヨウヨ集まってきてます。


To-yoのブログ
スタート間近の様子。

追走ベテランぽい人に話を聞いたところ

あの2台の白バイが最後尾になるから

あれにずっと付いて行けば良いとのこと。

この時10台くらいのチャリが集まっていたでしょうか。


朝8時00分駅伝スタートです。

白バイの後ろに着いていきます。

サイクルメータ読みで15~20km/h程度。

全く体が温まりません。

薄着(ロンT)の友人は寒さで体力が奪われていそう…


ちなみに、沿道の観客の人数がTV中継通りの

ものすごいことになっておりまして、

みんな分けも分からず応援してくれます。

ママチャリで途中参加のオッサンも紛れ込んでいます。

20km/hで既に辛そうです。


で、そんなノロノロペース&声援に包まれて

交通規制のギリギリを走っているので

信号に一切止まることなく

『箱根は余裕だね~』なんて余裕ぶっこいていた

時の写真がたぶんこれ↓(神奈川辺りか?)


To-yoのブログ
だいぶ自転車の台数が増えて自分の

前方はこんな様子で後方はというと



To-yoのブログ

いっぱいです。

ちなみに大手町からのママチャリおじさんは

すでに離脱して居ないです。



そして事件が起きたのでした!!!!!!!



先導の白バイが止まったまま中々前に進みません。

かといって抜いたらアウトな訳ですよ。

んで、チャリ軍団は黙々と訳も分からず待つ。とにかく待った。

そしてだいぶ時間が経ち、白バイが突然鬼加速。


そのとき!


交通規制が解除(涙

つまり信号が通常通り機能&沿道の観客が

大量に横断しまくり&一般車両混入で

どうにも自転車が進まないんです。


つまり、白バイがチャリ軍団をハメて追走できないように

したんです。

常連ぽい参加者曰く『こんなこと今まで無かった』と。


とはいう物の、所詮相手はランニングで20km/h程度の

速度なので追いつけないことは無いかと。

そこからは鬼漕ぎで30km/h~40km/hで

レーパン履いた軍団に混じってしばらく走行しました。


んがしかし、振り返ると友人の姿が見えない。

パンクトラブル?駅伝追走は半ば諦めて友人を待つことにしました。

10分程度待ったところで合流。

突然のハイペースでゲロゲロになってしまったとのこと。

きっと正月に飲みすぎていたのでしょう。


結局その後、茅ヶ崎までダラダラと向かって輪行で

帰ってきましたとさ。




また来年リベンジ!!か?

攻略ポイントは白バイに騙されるな!!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

To-yoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。