来年1月にオープンする神奈川芸術劇場(横浜市中区)の初代芸術監督に就任した演出家の宮本亜門さん(52)が7日、記者会見し、「いかに生きるべきかを観客とともに考えながら、劇場をつくっていきたい」と抱負を語った。

 劇場は神奈川県が整備する舞台芸術の新拠点。宮本さんは三島由紀夫の「金閣寺」を開幕作品にすることを明らかにし、意気込みを見せた。

 任期は4年。宮本さんにラブコールを送った松沢成文知事は、会見に同席し「何期やっていただいても」。自らは知事の多選禁止条例を全国で初めて制定しており、芸術は別世界らしい。【木村健二】

【関連ニュース】
恋人の聖地ツアー:夫婦ら9組が愛を確かめ合う--神島 /三重
佐藤江梨子:いい人がいたら紹介して 私は浮気しません! 映画「斜陽」製作発表記者会見

「アバター」海賊版DVD所持=著作権法違反、露天商を逮捕-大阪(時事通信)
「反民主」平沼新党、きょう夕に結成会見(読売新聞)
新党ラッシュ 各党の胸の内は… 自民危機感 民主前向き(産経新聞)
介護保険制度や現場の課題めぐりケアマネらが意見交換(医療介護CBニュース)
中朝国境 苛烈な情報戦 住民、携帯で「ゲリラ通話」(産経新聞)
AD