国民新党の下地幹郎国対委員長は20日、ワシントンを訪れ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、米上院のイノウエ歳出委員長、ウェッブ東アジア太平洋小委員長と会談した。

 記者会見した下地氏は、会談で「鳩山由紀夫首相は月末までの日米合意に強い思いを持っている。海兵隊の(日本側負担である)グアム移転予算経費は来年度予算の概算要求に盛り込む」と説明し、現行案の見直しに理解を求めたという。これに対し、イノウエ氏は「日米合意に注目している」、ウェッブ氏は「できるだけ早く日本の明確な考えを聞く必要がある」と応じたという。

【関連ニュース】
普天間移設:10~15年後見直し 日米共同声明に明記へ
普天間移設:「政権合意なく問題」福島少子化相
普天間移設:27日に知事会 訓練の分散移転受け入れ協議
普天間移設:下地氏が渡米 米議会関係者と意見交換へ
普天間移設:日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ

<鳩山首相>ぶら下がり取材 オープン化の考え表明(毎日新聞)
連立離脱は時期尚早=社民・阿部氏(時事通信)
<訃報>黒田善弘さん85歳=元住友製薬社長(毎日新聞)
<愛知一家5人殺傷>長男の鑑定留置決定 地検豊橋支部(毎日新聞)
小沢氏、政倫審「報道が先行しただけ」(産経新聞)
AD