気象庁は30日夕、霧島山(宮崎、鹿児島両県境)の新燃岳(1421メートル)で同日朝に小規模な噴火が発生したことを、ヘリコプターによる観測で確認したと発表した。新燃岳の噴火は2008年8月22日以来、1年7カ月ぶり。
 気象庁は30日午前、噴火警戒レベルを平常の「1」から、火口周辺の立ち入りを規制する「2」に引き上げており、今後も噴火の可能性があるとして、警戒を呼び掛けた。 

【関連ニュース】
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ

トヨタ紡織、会長にダイハツの箕浦社長(レスポンス)
特別支援学校教諭ら逮捕=中1男子を買春容疑-警視庁(時事通信)
<東京7歳児死亡>傷害致死罪に訴因変更請求 東京地検(毎日新聞)
芸能プロ経営者を逮捕=モデル志望女性を暴行容疑-変装し逃亡か・警視庁(時事通信)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
AD