東京都議会「平成維新の会」の土屋敬之都議は26日、地方自治体の首長や首長経験者らで結成した「日本創新党」(党首・山田宏杉並区長)の都議会会派を設立した。1人会派で、同党会派は都道府県議会では初。

 土屋都議は会見で「党首たちの国家観に共鳴した。民主党には方向性がなく国を危うくしている。(新党は)政策を皆でつくる政党で共感を持った」と述べた。

 土屋都議は平成21年12月、民主党の衆院選マニフェストを「耐震偽装マンションのパンフレット」などと批判。都連から除名処分を受け、1人会派「平成維新の会」を立ち上げた。

【関連記事】
恒久化へ地域新党「減税日本」 河村市長、橋下知事と連絡取る
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も
わが国の外国人政策は過誤、錯誤、不作為のオンパレードだ
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし
「愚かな首相」は共感を得られるか
「裸の王様」次に座るのは…

シバザクラ 12万株、丘一面染める 愛知・南知多(毎日新聞)
近未来通信元専務、詐欺認める 東京地裁(産経新聞)
事件解決へ地域の連携重要 世田谷一家殺害の遺族が講演(産経新聞)
<放鳥トキ>また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
郵便不正 無罪、崩れた検察側構図 厚労省元局長公判も苦境に(産経新聞)
AD