近畿農政局は1日、約360万円分の切手を着服したとして、同局総務部総務課付けの男性職員(39)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。この職員はすでに全額返済しているという。

 同局によると、男性職員は奈良農政事務所経理係長だった平成21年11月~今年3月にかけ、7回に渡って実際には必要のない約360万円分の切手を発注し、金券ショップなどで換金していたという。

【関連記事】
さらに小中3事務員が82万円着服 名古屋市
解明阻む中心人物の自殺 元神奈川県職員の公金流用
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得
業者との慣例「裏金システム」にメス 神奈川県の不正経理問題
親ぼく会費430万円着服で消防職員を処分 大阪・吹田市
「はやぶさ」帰還へ

退陣表明について、官房長官「極めて残念だ。責任を感じる」(産経新聞)
元専務ら強制捜査へ=ローソン子会社の不正流出―特別背任容疑・東京地検(時事通信)
<無理心中>母親が飛び降り死亡 長男も 京都市伏見区で(毎日新聞)
「あーん」虫歯予防デー、カバも歯磨き 和歌山(産経新聞)
<子ども手当>満額上乗せ分は保育園整備に 菅氏「雇用創出」(毎日新聞)
AD