宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、同県と政府の現地対策本部は24日、牛や豚など家畜へのワクチン接種が同日で全体の7割程度まで進み、25日中にもほぼすべての対象農家で接種が完了する見通しであることを明らかにした。東国原英夫知事は24日、関係市町長、農業団体と協議し、殺処分した家畜を埋める用地確保の問題を中心に、殺処分のプロセスや早期出荷、農家の経営再建などについて協議した。県の考えを近く公表する方針だ。
 ワクチン接種は22日に開始し、約10万頭に及んだ。獣医80人、80チームで作業を行っている。発生地から10キロ圏内の家畜はすべてワクチン接種の対象だが、対策本部の関係者は強硬に接種を拒む農家が現れることを懸念している。
 東国原知事らによる協議では、家畜を埋める用地を県が購入したり、県有施設などを活用したりした場合、既に自己負担で用地を確保した農家が不公平とならないよう配慮すべきだとする意見が出たもよう。
 東国原知事は協議後、記者団に対し「県が用地を買い上げる場合、国がどれだけ(費用を)持ってくれるのか、協議しなければと思う」と述べ、国にも負担を求める考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
拡大防止に理解を=口蹄疫ワクチンで鳩山首相
ワクチン、2日で半数接種=種牛49頭は救済困難
種牛49頭も殺処分回避を=宮崎知事、国と協議へ
種牛感染に懸念=口蹄疫で農水相らと協議
ワクチン接種を開始=最上位の種牛が感染

救急医療管理加算の施設基準の届け出で事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
<イオン>「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)
参院選で安藤氏ら5人の推薦を決定―日病の政治連盟(医療介護CBニュース)
大卒就職率悪化、過去2番目=下げ幅最大、91.8%に―文科省(時事通信)
「金に困ってた」と長女=生活困窮、金目当てか―千葉放火殺人(時事通信)
AD