国土交通省成長戦略会議が打ち出した関西国際空港と大阪(伊丹)空港の統合案について、神戸商工会議所の水越浩士会頭は10日の会見で「3空港の一元管理が地元の合意。2空港で終わるのなら納得できない」と述べ、3空港一元管理のために神戸空港もいったん民営化させるという手法も「あり得る」と述べた。

 水越会頭は「前原(国土交通)大臣の発言を聞いても、次の(神戸空港を含めた)ステップがあるかどうかはっきりしない。地元としては3空港一体運用が絶対必要だといっておかねば」と強調した。

 また兵庫県の井戸敏三知事は会見で「神戸空港の運用制限はすべて関空関連のもの。そんな規制をしつつ(国が)神戸は知らんぞ、というなら、神戸の規制解除が先決、となるのは論理の必然性」と、2空港だけでの一元管理なら神戸空港の運用制限も解除すべきと指摘。

 水越会頭の発言については「民間会社同士の一元管理を念頭に置けば、(神戸の民営化により)3空港一元化も(会議の)俎上に上がる」とし、「選択肢のひとつ」と述べた。

【関連記事】
鹿間孝一 関西に3空港は多すぎる
関空みやげ、思わぬ人気商品とは… 群がる中国人旅行客
関空・伊丹統合案に実現性なし 関西経済同友会代表幹事
伊丹空港問題で11市協が国に要望
橋下知事「国が神戸を救済するとは思えない」 国土交通省成長戦略会議方針に

郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
小沢氏辞任論にはくみしない、総務相が強調(読売新聞)
首相動静(5月3日)(時事通信)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
AD