大阪市西成区のあいりん地区に住む生活保護受給者らに、病気を偽って医療機関から向精神薬などを無料で入手させ、インターネットで転売したとして、神奈川県警は20日、麻薬取締法違反容疑で、近く同県横須賀市の男を追送検する方針を固めた。また大阪市の男についても関連を捜査する。
 生活保護制度を悪用した薬物不正入手、売買事件の立件は珍しいという。
 2人は、横須賀市久比里の無職大沢広一被告(41)=覚せい剤取締法違反の罪などで起訴=と大阪市港区の無職栗山一郎容疑者(53)=同法違反容疑で逮捕=。
 県警によると、大沢被告は2009年11~12月、向精神薬のエリミンなど約1000錠を宇都宮市内の会社員ら5人に約12万円で売ったほか、うつ病治療にも使われるアモキサンなど約1000錠を所持するなどした疑い。栗山容疑者は生活保護受給者らから入手した向精神薬を大沢被告に譲り渡した疑い。県警は大沢被告が3年間で約200人に転売し約2000万円を売り上げたとみている。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
元露鵬らの請求棄却=「大麻使用、解雇は当然」
中国の死刑に干渉せず=政府答弁書
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か

普天間 徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
<自民>元巨人・堀内氏の擁立検討(毎日新聞)
徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)
あおぞら銀元行員、インサイダー疑惑 きょうにも強制捜査 東京地検(産経新聞)
AD