水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2100人が国や熊本県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟の和解協議をめぐり、同患者会は28日午後、同市内で原告団総会を開き、熊本地裁が示した和解所見(和解案)について賛成多数で受け入れを決めた。
 総会には1000人程度が参加。参加しない原告は委任状による意思表示を行った。既に国や県、チッソは和解に応じる姿勢を示しており、同患者会が受諾決定したことで、29日の和解協議で事実上の和解が成立する。
 訴訟では熊本地裁が15日、チッソが1人当たり一時金210万円、患者会に団体加算金29億5000万円を支払い、国と熊本、鹿児島両県が月額最高1万7700円の療養手当を原告側に支払うことなどを柱とする和解所見を提示。その後、原告と被告の双方が検討していた。 

【関連ニュース】
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
熊本県も和解受け入れ=水俣病未認定患者訴訟
チッソも受け入れの可能性=水俣病和解案で
水俣病、和解案受け入れ=未認定患者訴訟で
水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討

横尾忠則さん、泉鏡花文学賞受賞後第2作 小説集「ポルト・リガトの館」刊行(産経新聞)
「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売
<不時着水事故>原因は排ガス漏れで火災 08年・長崎(毎日新聞)
鳥取の海岸水死、上田被告が当日に着替え購入か(読売新聞)
山手線トラブル、原因は切れた情報通信ケーブル(読売新聞)
AD