亀井静香金融・郵政担当相は16日の閣議後会見で、当初、20日を目指していた「郵政改革法」の閣議決定について、「4月中決定はずれ込むかもしれない」と月末以降にずれるとの見通しを示した。内閣法制局の法案審査作業に時間がかかっているためという。また、法案の骨格を20日に発表する方針を示した。

 亀井担当相は15日、内閣法制局の審査担当職員を激励。異例の行動は、法案審査のスピードアップを促す狙いとみられている。与党から「4月中に提出できなければ(通常国会での)法案を通すのは難しい」(与党幹部)と早期提出を迫られているだけに、閣議決定前に骨格発表は、通常国会への法案提出を既成事実化させたいとの狙いもあるようだ。【中井正裕】

【関連ニュース】
亀井担当相:内閣法制局を訪問 郵政改革法案作りで激励
亀井担当相:郵政への国出資「3分の1超」時期示さず
小泉進次郎議員:郵政で亀井担当相と対決 「大臣は逆走」
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
亀井郵政相:仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」

新築住宅の省エネ義務化=エコポイント拡充も-国交、経産両省(時事通信)
<東北新幹線>新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい-裁判員制度意識調査・最高裁(時事通信)
<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
AD