佐賀県警の20代の男性巡査長が成人向け雑誌などを河川敷に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反罪で書類送検され、罰金10万円の略式命令を受けていたことが20日、分かった。県警は昨年11月2日付で巡査長を本部長訓戒としたが、公表していなかった。

 県警監察課によると、巡査長は昨年5月30日ごろ、成人向け雑誌16冊を菓子の空き箱などのごみと一緒に紙袋などに入れ、佐賀市内の河川敷に不法投棄。6月9日、清掃活動をしていた住民が発見し、佐賀署に届け出たという。ごみの中にあった請求書のあて名などから巡査長と特定した。

 巡査長は同年11月4日付で佐賀地検に書類送検され、同日、略式命令を受け罰金を即日納付した。不法投棄は勤務時間外だったという。巡査長は「(成人向け雑誌は)ごみに出そうと思って自家用車に積んでいた。河川敷にごみが捨ててあったので捨ててしまった」と話している。

 監察課は非公表の理由を「私的な行為の場合は停職処分以上で発表している」と説明した上で「誠に遺憾。指導を徹底していきたい」とした。

 【関連記事】
佐賀県警 成人向け雑誌 不法投棄 を調べる

<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)
首相動静(3月23日)(時事通信)
<口腔崩壊>貧困で子供の歯を治療せず 医師「実態調査を」(毎日新聞)
竹原市長の親族会社が落札=最低価格1円超で-鹿児島・阿久根(時事通信)
<交通事故>重体の小3男児も死亡 名古屋・正面衝突(毎日新聞)
AD