障害者が安心して暮らせる町づくりを目指す社団法人「長崎県手をつなぐ育成会」の資金約30万円を着服したとして、長崎県警長崎署は22日、業務上横領容疑で、元同会事務局長川原武司容疑者(49)=長崎市平山町=を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。被害総額は約565万円に上るとみられ、同署が詳しく調べている。
 逮捕容疑は4月1日、長崎市内の銀行で同会名義の普通預金口座から現金約30万円を引き出し、着服した疑い。 

【関連ニュース】
交番巡査長が1500円横領=拾得物の財布から、容疑で逮捕
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
会社の金で高級ブランド品=海外旅行、ホストクラブ…
NOVA元社長を不起訴=特別背任容疑、管財人告発

高速料金「値上げ説明つかぬ」=小沢氏(時事通信)
<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査-人事院(時事通信)
自由だけど寂しい「おひとりさま」(産経新聞)
あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引-東京地検(時事通信)
AD