気象庁は22日、5~7月の3カ月予報を発表した。太平洋高気圧の北への張り出し方が弱いため、北日本では寒気の影響を受けやすく、平年と比べ気温が低くなる地域が多い見込み。東日本から西日本では6月より7月の方が曇りや雨の日が多く、梅雨らしい天候となると予想している。各月の天気は次の通り。

 《5月》北日本から西日本では平年同様、晴れの日が多い。沖縄・奄美ではぐずつく時期がある。

 《6月》北日本から西日本では平年同様、曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では平年に比べ曇りや雨の日が多い。

 《7月》北日本から西日本では平年に比べ曇りや雨の日が多い。沖縄・奄美では平年同様、晴れの日が多い。

【関連ニュース】
強風:北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方
夏日:今シーズン初 東京・大手町で25.5度
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧
天気:オフィス街は冬景色 もう春なのに 冷え込み続く

中国 植樹100万本に 万里の長城周辺(毎日新聞)
不明から半年、チラシ配布 島根の女子大生遺棄事件(産経新聞)
<福知山線脱線>慰霊式会場で遺族担当のJR西社員が死亡(毎日新聞)
鳩山氏は「不起訴相当」偽装献金事件で検審が議決(産経新聞)
放鳥トキ また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
AD