兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、事故当時JR西日本の相談役だった井手正敬氏(75)ら歴代3社長について起訴すべきだとする神戸第1検察審査会の議決を受け、神戸地裁は5日、県弁護士会から推薦された佐々木伸弁護士(35)を指定弁護士として追加選任した。事故をめぐっては、すでに指定弁護士3人が選任されており、4人目となる。

 指定弁護士の追加理由について、県弁護士会は「事案が複雑で、公訴時効まで約1カ月と時間がないため」としている。

【関連記事】
JR福知山線事故の被害者ら安全願い「空色の栞」作製
「日勤教育」担当者、再び不起訴処分
伊丹市職員として恩返し JR西「事故教訓、考動を」
救助の一般市民、3割が今も自責や不眠 JR福知山線脱線事故
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
民主党の小沢幹事長にまつわる忖度政治の代償(産経新聞)
<企業献金>海洋土木業者がパーティー偽装し資金集めか(毎日新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)
霧島で降灰を確認、小規模な噴火か(読売新聞)
AD