Xbox Liveゲーマータグ、 サイドスペースに入らない。
※自分用

あ、そうそう、久しぶりにイメージ一新。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-27 23:50:00

ベタベタと2016年6月27日

テーマ:日記の2016
湿度が高い。

ーーーーーーーーーーーーー
『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』誕生・ヒット・新生の真実をソニックチームのレジェンドクリエイターが、25周年のいま明かす 秘蔵資料満載の永久保存版!

先日25周年を迎えたソニック・ザ・ヘッジホッグについてシリーズを代表する開発者の3人による座談会、インタビューの収録自体は中氏のTwitterによると少し前みたいだったけど記事自体は25周年記念に合わせて出た形と。

ソニック・ザ・ヘッジホッグは1991年に発売されたメガドライブソフトでその特異なゲーム内容から特に海外で人気を博してセガの中心的なキャラクターになったんだけど、開発に関しては結構紆余曲折している事が多いよね。

1作目の立役者だった中氏はその成果が評価されずに一度セガを退社したけどその間にアメリカから誘われてソニック2の開発に参加するためにセガ・オブ・アメリカに再入社したとか大島氏は当時はアメリカに行く予定だったけどソニックCD開発の為に国内に留まらされたとか。

ソニック3の頃なんかは特に修羅場だったみたいではじめは3Dでステージなどを作ることを計画していたけれどマクドナルドとの契約した関係で納期が決められてしまって短納期すぎるから苦肉の策で前後編の形になったりとか。

ただ、そうしたなかでもソニック2は現地の空気感に触れて活かされたりとかソニックCDはシリーズを広げるキャラクターが生み出されたりとかソニック3はロックオンシステムと言う特集なカセットならではの楽しみ方が出来たりとかしてるんだよね。

このシリーズはそれ以外にもセガの都合によって紆余曲折している事は多いんだけど定期的に奇跡的な出来を出すこともあるから油断できなかったりもするんだよねぇ。

中氏も大島氏も今はセガを離れてそれぞれ別のゲーム会社を設立してて、今ソニックシリーズをまとめているのは飯塚氏だけになるんだけどシリーズの軸がぶれない様に見て回る役割を担っている形で。

ただ、軸がズレてた暗黒の騎士のスタッフが次に評価の高いソニックカラーズを生み出したりしているからやっぱり油断出来なかったりするんだよなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
“ソニック25周年 アニバーサリーパーティー”をリポート 500人を超えるファンがソニックの25周年をお祝い、新プロジェクトについての言及も!

で、そんなソニック25周年を記念したイベントが東京ジョイポリスで行われて、そこでソニックシリーズの新プロジェクトが2017年発売を目指して進んでいるとの報告が。

セガ内製のソニックシリーズのアクションゲームとしては2013年のソニックロストワールドが最後になるんだけどどんなゲームになるのかなぁ。

スマホのソニックランナーズがサービス終了しているからその代わりって可能性もありそうだけど個人的にはちゃんとしたコントローラーで遊べるアクションゲームのソニック新作を作って欲しいけど今のセガでは難しいのかしら。

ーーーーーーーーーーーーー
高円寺女子サッカー3 ~恋するイレブン いつかはヘブン~

色々と紆余曲折あって延期していた高円寺女子サッカー3がいつの間にか発売されていてスタッフインタビューもあったり。

このタイトルははじめに発表された時に対象ハードがPS Vitaと表記されていたけど1日で3DSと書きなおされた事がちょっと話題になったけど元々発表直前まで対象ハードが迷っていてその時に作られていたパイロット資料がそのまま使われてしまっており発表した時は正式に3DSで確定していたのね。

このシリーズは第1作目はPS2で発売されて続編となる2がDSで発売されたんだけど1作目はDSiウェアで配信されていたりPS3向けのゲームアーカイブスでも遊べたりするんだよね。

最終的に3DS向けになったのは1・2と合わせて同じハードで遊べるってのが最大の理由かしら。

こうした所謂ギャルゲーはVitaの方が強いのは確かなんだけどVita市場自体がそこまで広くないのとマイナータイトルでは喰い合いが発生して目立てないってのも大きいかも。

メダロットガールズミッションみたいなゲームも出たし、それが主流にはなってないけど意外と3DS向けにちょくちょく出てきてる感じがあるなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
Steam「サマーセール 2016」で買っておきたいオススメゲーム23本!
2016年の「Steamサマーセール」でオススメしたいタイトル14選、AUTOMATONライター陣が厳選

7月5日までSteamでサマーセールが実施中。

以前みたいに1日限定のセールとかはやらないけれど多くのタイトルが半額とかになっているからPCでゲームを遊ぶ人はSteamをガン見して気になるゲームを見繕っておかないと。

ソフトが多すぎて何を選んで良いのかわからない悩みもあるんだよなぁ。

困った困った(買っても結局積むと言う事実から目を逸らしつつ)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-26 23:50:00

ぼんやりと2016年6月26日

テーマ:日記の2016
特に何も考えてなかった。

ーーーーーーーーーーーーー
なぜZeldaシリーズは毎回発売が遅れるのか。任天堂・宮本茂氏と青沼英二氏が回答

ゼルダの伝説シリーズにとって発売延期は風物詩といえる存在なんだけどそれがいつから始まったのかって話。

記事ではニンテンドー64で発売された時のオカリナから延期され始めたってあるけれど実際はシリーズ3作目になる神々のトライフォースの時点で延期され始めてるんだよね。

神々のトライフォースもスーパーファミコン本体発売から近い時期に発売される予定だったんだけど延期していって結果的にスーパーファミコン本体発売1周年ソフトになったりしたし。

この辺りはシリーズの特性もあるのかも、ダンジョンとかは様々なアイデアが盛り込まれ作りこまれているんだけどそれ故に一つのダンジョンを作るのも手間がかかるだろうし調整も大変そう、特にシリーズが進むことで出来ることが増えたからダンジョンの調整は大変になっているだろうし。

風のタクトの時に納期を優先して開発したけれどその結果としてダンジョンの数は足りなくてプレイ時間を増やすために用意された黄金のタライとホースの展開はユーザーから批判される結果になったからね(海外版やHD版ではある程度短縮された)。

そんな風のタクトの影響もあって以後のシリーズでは更に延期が顕著になったのは大きいんだよね、トワイライトプリンセスやブレスオブザワイルドは延期の末に時期ハードとの同時発売になったし。

納期を大事にして予定の発売日に間に合わせるのも大事だけどゲームの完成度が低いのは後々まで響くからその辺りの割り切りをどうするかってのはいつまでも課題になるんだろうなぁ、ゼルダの場合は完成度を優先しているんだけど。

ただ、延期でお馴染みの本シリーズでもメインタイトルとは別の派生シリーズでは延期しない事が多いんだよね、神々のトライフォース2とかトライフォース三銃士とか延期しなかったしね。

それだけメインシリーズは大変だって事だろうけど。

ーーーーーーーーーーーーー
「ソニックトゥーン ファイアー&アイス」の発売日が2016年10月27日に決定。購入特典となる25周年記念の限定テーマとTwitterキャンペーンも発表

こちらも結構長く延期したタイトルだけど発売が10月末に決定。

ソニックシリーズの25周年記念タイトルは結果的にマリソニリオのWii U版になったけれどセガが販売するタイトルでは本作になるみたい。

そうした訳で購入特典として3DS用のテーマがおまけでついてくるけれどデザイン敵にソニックトゥーンの物ではなくて20周年の時のソニックジェネレーションズのモデリングを流用した感じかな。

ソニックトゥーンは海外でのアニメ化の影響もあって頭身の高いデザインになっているけれどあくまでも基本的なデザインはソニックアドベンチャー以降の物って事やね。

ただ、日本でのソニックシリーズ開発は行われているかどうかはわからないからなぁ、スマホで出した奴もサービス終了しちゃうし今後のシリーズの行く末が心配なり。

ーーーーーーーーーーーーー
スプラトゥーン用HMD+水鉄砲コンが公開。GamePadを背負った身体で照準、水鉄砲のトリガーで射撃操作、ソフトは無改造

スプラトゥーンをVR的に遊ぼうと言う改造。

ゲームそのものを改造する事は出来ないからWii Uへの入力とWii Uからの出力を改造して無理やりVRにした感じ。

スプラトゥーンの視点操作はゲームパッドのジャイロセンサーが使えるんだけどそれをハックしてヘッドセットにセンサーを取り付けるのは難しいみたいでゲームパッドそのものを背中に背負い形にしてると。

で、ボタン自体はシンプルな物だからハックが可能なのでそれを水鉄砲のトリガーにつなげて体感型にした感じかな。

これだとゲームパッドの画面での操作が出来ないのでガチで遊びこむのには向かないけれどちょっとしたお遊びには楽しそうね。

ソフトそのものを改造せずあくまでも入出力の工夫でなんとかしたってのが面白い所。

ーーーーーーーーーーーーー
貞子、CanCam!伽椰子はViViに出現

始球式に出たりゴーストバスターズと戦ったと思ったら今度は女性ファッション誌に登場とか忙しいね、さすがは一流のタレントだと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-25 23:50:00

ザブザブと2016年6月25日

テーマ:日記の2016
休みだけど雨が降っているので引きこもろうと思いました。

ーーーーーーーーーーーーー
「Splatoon」に染まったタワーレコード渋谷店を写真でレポート!

昨日からタワーレコードとスプラトゥーンのコラボがスタート。

タワレコの夏のセールのキャラクターとしてスプラトゥーンが採用されていて限定グッズが販売される他にも袋がスプラトゥーン仕様になっていたりとかしてて、旗艦店でもある渋谷店では店頭からスプラトゥーン仕様に飾ってアピールをしているみたい。

とは言えあくまでもしっかりコラボしているのは渋谷店くらいで他の店舗ではそこまで激しいコラボって感じじゃないのかな、ポスターとかグッズ販売とか袋がスプラトゥーン仕様とかはあるだろうけれどしっかり飾っているのを見たければ渋谷店まで行く必要がありそう、愛知からでは遠いなぁ。

ちなみに限定グッズの大半は予約で完売しちゃってるみたいで、この前の一番くじもそうだったけれど相変わらずスプラトゥーン関連商品は強い人気があるなぁ。

Tシャツとかは今日からまた予約を受け付けるみたいだし他の店舗でも回れば何かしら手に入るかも。

キャンペーン自体は来月中旬までやってるみたいだからとりあえずポスターとレジ袋は見たいから近くのタワレコに行かないと、とは言え自分の家からタワレコは名古屋か磐田市になるからやっぱり遠い存在なのであった。

ーーーーーーーーーーーーー
予告されていた「イ……」は,「イナズマイレブン」最新作だった。公式生放送で明らかに

レベルファイブの日野さんがツイッターとかで告知していた「イ…」が何なのかとかを昨日の配信にて発表、まぁ予想通りイナズマイレブンみたいで。

ゲームの詳細自体は来月の発表会で正式発表だけど何かしらの形でイナズマイレブンの新作を出すのは確定で、昨日の告知ではキャラクターは新キャラになるのと時間設定は初代の頃になるのと宇宙や未来や過去には行かないのは確かと。

対象ハードは明らかにしなかったけれどここ最近のレベルファイブの動きやイナズマイレブンのファン層を考えるとスマホ向けかスマホと3DSかVitaあたりのマルチって感じになるのかなぁ。

配信ではイナズマイレブン以外にもレイトン教授シリーズの新作を作っているとかクロスメディアプロジェクト新作の概要とかをチラ見せしていたけれど、それらのタイトルはあくまでもチラ見せで正式発表は来月までおあずけ。

ただ、過去の発表会でしっかりと公開していたタイトルが未だに発売されてなかったりとか頓挫したりとかしてるので新作を見せるんじゃなくて地に足をついたゲーム作りをしたほうが置い気もするんだけどなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
任天堂・宮本茂氏が語る『ゼルダの伝説』スピンオフ計画「シークを主人公にという話はあった」

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドは一部でリンクの性別が選べるんじゃないかって噂があったけれど最終的にはいつもどおりの男性のリンクが主人公になっていて、コンセプトが「ゼルダのアタリマエを見直す」だけどそのあたりは無理に変えない方向にしたと。

ゼルダの伝説の骨格はあくまでも残すんだけどこれまでのシリーズの積み重ねによって肉付けされていった事が「アタリマエ」でそれらを見直していくってのがブレスオブザワイルドの考えなんだろうね。

で、ゼルダの伝説の主人公はリンクってのは変わらないんだけどそうじゃないスピンオフ的な作品も過去には何度も考えられていたみたいで、でも別キャラクターの派生タイトルってゼルダではほとんど出てないんだよね。

スピンオフ的な作品を作るんだったらそこのアイデアを本編に持ち込むって感じかしら。

実際にゼルダの伝説シリーズに登場したキャラクターのスピンオフ作品ってもぎたてチンクルのばら色ルッピーランドしか無かったし、チンクルのキャラの強烈さを考えたらそこでスピンオフが出るのもわかるけどそれだけなんだよなぁ…。

ーーーーーーーーーーーーー
任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』開発で得たもの「新しいベースを作ることができた」

ちなみに任天堂としても大規模なものとなっているブレスオブザワイルドの開発ではそれなりに得られたものが多いみたいで。

モノリスソフトを始めとして外部のスタッフも多く関わったりして一つの大型タイトルを開発したノウハウはこれからのゲーム作りにも役立つって感じかしら。

流石にWii Uでそのノウハウが活かされる事はなさそうだけどNXなりの開発でスムーズになったりとかすればユーザーとしてもメリットは出てくるだろうなぁ。

Wii Uは任天堂として初めてのHDハード故にソフトの開発が難航したのは大きいだろうから次では同じ失敗は繰り返せないだろうしね。

ーーーーーーーーーーーーー
Steamのサマーセールがスタート。発売されたばかりの「DOOM」や,「レインボーシックス シージ」「The Witcher 3: Wild Hunt」など,1万以上のタイトルが大幅値引き中

やったね、また積みが増えるよ。

ってかデジタル配信は物理的に見えないから本当にヤバイ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-24 23:50:00

コロコロと2016年6月24日

テーマ:日記の2016
天気がすぐ変わるのぅ。

ーーーーーーーーーーーーー
『幻影異聞録#FE』海外レビュー

国内版から半年遅れで発売された海外版の幻影異聞録のレビュー記事。

アトラスが開発で女神転生とファイアーエムブレムのコラボタイトルとしてニンテンドーダイレクトにて発表された本作はそれから長い期間を経て芸能界を目指す若者たちがファイアーエムブレム世界の英雄たちの力を借りながら異界の敵と戦うタイトルに仕上がった物。

女神転生と言うよりはペルソナシリーズに近い作りになったんだけどその辺りの経緯は国内発売時のインタビューとかで語られておりシミュレーションRPGだったらインテリジェントシステムズが開発すれば良いのだからよりアトラスが得意な方向性にシフトしたって話があるはず。

ペルソナシリーズも海外で展開されておりそれなりに高い評価を受けているんだけど幻影異聞録も海外のレビューを見る限り全体的に好評な感じかな。

日本でも批判ポイントで挙げられているロードの長さは海外でも批判されているけれどアニメ的な雰囲気とかはむしろ好評な部分になってるし、あとエイベックス制作の楽曲周りの評価が全体的に好評なのはちょっと意外な感じかな。

少し前のライブイベント実施後にプロデューサーの任天堂山上さんが海外版を出したら作品としての次の展開を考えたいみたいな事を公式ブログに記載したけれどこれで海外版が発売されたわけだし次の展開が何かを期待したいなぁ。

ってか本当にNX版を出せば良いのになぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
WiiU版『デビルズサード』のオンラインサービスが年内で終了へ、DL版は価格改定し販売継続

昨年夏に発売されたデビルズサードのオンラインサービスが約1年3ヶ月で終了に。

デビルズサードは元Team NINJAのスタッフを中心に設立されたヴァルハラゲームスタジオ開発のアクションシューティングゲームで任天堂発売としては珍しい暴力表現のあるD指定のゲームだったんだよね。

一人で楽しめるソロモードとネット越しで楽しめるオンラインモードの2種類が収録されていたけれどパッケージ版がアマゾン専売だったのもあってそこまでオンライン人口が増えなかったのもあるんだろうなぁ。

任天堂発売タイトルとしてオンラインサービス期間が1年ちょっとなのは珍しいけれどデビルズサードはPC向けにオンライン要素に特化したデビルズサードオンラインが展開されているのもあってオンラインモードはそちらに特化する感じかな。

オンラインのTPSは本作の前にスプラトゥーンが発売されていたのも本作にとって運が悪かった理由かも知れない、発売時から盛り上がって今でもユーザーの多いスプラトゥーンのおかげで余計にその影に隠れちゃったからなぁ。

とは言え、ダウンロード版は価格改定されて半額になるのでPC版を遊んだ人がソロモードの為にWii U版を買うって事もあるかもね。

ーーーーーーーーーーーーー
「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」,DLC第2弾の配信日が6月30日に決定

3DS版ゼルダ無双の追加コンテンツ第2弾が今月末に配信。

携帯機版ゼルダの伝説シリーズをモチーフにしたコンテンツとなっている中で今回は夢を見る島をモチーフにしたコンテンツが配信されるみたいで追加キャラとしては夢を見る島のヒロインのマリンが登場するみたい。

しかしゼルダの伝説シリーズって基本的にリンクが主人公で他の登場キャラクターは戦闘要素とか無いキャラが多いのにそこに色々と戦闘方法を考えてるのはさすがは無双シリーズって感じかな。

ーーーーーーーーーーーーー
人間の脳には「自動運転」が備わっている(ただしスマホながら運転では効かない)

人間には無意識で危険を回避する能力があるよ。

でもながら運転してたらそうした能力も働かないからやっぱりながら運転は駄目だぞ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-23 23:50:00

謎の円盤と2016年6月23日

テーマ:日記の2016
くるり岸田繁さん「CCCDの時レコード会社の犬状態やったアーチストのことは全員覚えている。」

かつて日本のレコード会社が音楽の違法配信をやめさせようと音楽ソフトにコピーガード機能をつけていた時期があって、それが「コピーコントロールCD」と呼ばれていて略称がCCCDなんだよね。

CCCDは音楽CDのデータの中にPCで読み込むとエラーを発生させる信号を入れる事でPCでの音楽再生が出来なくする技術でその代わりにPCでの再生用に別のデータを入れていたりしてた(ただしその再生ソフトに大問題があった)。

一見すると「PCでの音楽再生は出来るし問題無いんじゃね?」って事になるけれどエラー信号はPCのディスクドライブだけじゃなくて普通のCDプレイヤーでも負担を掛けさせる事があったりしたしカーオーディオでエラーが発生する事になったりとかそもそもエラー信号のおかげで音質が変わってしまう事も多かったので批判される事がかなり多かったんだよね。

しかもCCCDが出た頃にはPC向けのディスクドライブの性能は高くてエラー信号を無視して読み込む事が普通に可能であった為にCCCDの効果自体がほぼ無意味だった訳で、それまで音楽ソフトを買い支えていた熱心な音楽ファンはそれをきっかけにソフト購入から離れてしまって音楽市場自体が更に縮小してしまうきっかけの一つになったのもあったりとか良いことが全くなかったんだ。

更に、そのタイミングで音楽を聴くスタイル自体がCDプレイヤーからiPodなどのシリコンオーディオに移行したのもあってそうした機器を無視できなくなってCCCDは自然消滅していったんだよなぁ。

結局、レコード会社がリスナーを泥棒扱いして迷惑を掛けた事が自らの首を絞めたと言う愉快な話。

過去にCCCD推進派だったエイベックスは配信に積極的になって聴き放題サービスに発売したばかりのアルバムを提供するようになったりライブなどの興行をメインにしているし、音楽CD市場は選挙権とか握手会参加券みたいな付加価値を付けて売る時代になっちゃってて音楽をソフトで買う時代ではなくなったんだけどそれの大きなきっかけがCCCDだったんだろうとしみじみと。

ーーーーーーーーーーーーー
AV機器としての「PS VR」の魅力と課題

PSVRはゲーム以外に動画再生にも使えるんだけどそのあたりのレビュー。

画面サイズを3種類から選べるみたいだけど最大サイズだと迫力は凄いけどどうしても視野に収まらないのと画面端の歪みが気になっちゃうから中間サイズが一番画面を把握しやすい感じなのかな。

過去に「目の前に大画面がある」を謳ったヘッドマウントディスプレイは多く出たけれどそれらの殆どが小さい画面を目の前に置いているって感じだったけどPS VRがどこまで大画面を感じさせてくれるのか気になる所。

ブルーレイの再生やPS4本体に保存した動画の再生の他にNetflixやHuluの再生も行えるみたいだけどnasneの動画再生とかは可能なのかしら、nasne以外のレコーダーの動画再生も出来れば確かに使い勝手が広がるだろうけどなぁ。

流石にPS4以外の機器にPSVRを接続して使用するってのは難しいだろうなぁ、PSVRはあくまでもPS4を接続して使うことで設計しているだろうし。

最悪対応ゲームがいまいちだったとしても動画再生機能が使えればその為にPSVRを活用するってのは十分ありだからね。

ーーーーーーーーーーーーー
米ゲーム小売最大手「任天堂 “NX” は物理メディアを採用」、ダウンロード専用機にはならないとの見方

今日のNXのうわさ話。

NXのゲーム供給には物理メディアを採用するってのは小売店で販売する事を考えれば妥当な考えだろうなぁ。

恐らく、光学メディアは採用せずに3DSみたいなカードでの提供になるんじゃないかと予想。

最近はカードメディアでもブルーレイディスクに匹敵する容量を実現できるし読み込み速度とか耐久性とかコストとかをトータルで考えると光学メディアを採用するメリットは少ないからね。

この辺りはうわさ話ってよりも予想って感じの話になっちゃうけれど現実的な予想だとは思うなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
Nexus 6/9のOSバージョンアップは2016年10月で終了

Googleが出しているNexusデバイスのOSバージョンアップ期限が開示。

Nexusデバイスには最新のAndroid OSがリリースされてすぐ展開されるのが大きなポイントだけど基本的には発売から2年間程度はそれが行われると保証されている感じかしら。

あくまでも期限であってそれを超えても最新OSが提供される可能性はあるけれど発売から2年以上が経過したデバイスは流石に買い換えて欲しいってのもあるんだろうなぁ。

しかしスマホってどのメーカーでも大体2年を限度にしてるよね、だったら出したモデルの後継機種を2年以内に出して欲しいけど特殊なモデルだと出ないことも多いんだよなぁ。

Nexus9の後継モデルとかまだ影も形も見えないし、Nexus7なんかはバージョンアップ期限を過ぎてるんだから後継モデルを出すべきだろうけどあのコストパフォーマンスの良さを今は作れないんだろうなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
消費者庁、Windows 10無償アップグレードに関して注意を呼びかけ

消費者庁が説明しているのはWindows 10そのものに対する注意じゃなくて、アップグレードに関する注意だからな。

アップグレードの案内が出た時にどうしても10にしたくない人は消費者庁の説明にある通りに操作して自動アップグレードを止めようと。

こうした案内を出すんだったら無償アップグレード期限を過ぎたら有償になるって事も明示して欲しいけどねぇ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-22 23:50:00

ごくごくと2016年6月22日

テーマ:日記の2016
水分補給は大事。

ーーーーーーーーーーーーー
「メトロイドプライム フェデレーションフォース」の公式サイトが本日オープン。10分に及ぶゲーム紹介ムービーも

昨年のE3で初公開されたけれど紆余曲折あって発売が延期していた3DS向けのメトロイドプライム派生タイトルの発売が8月末に決定して公式サイトもオープン。



ゲームキューブで発売されたメトロイドプライム3部作は1人プレイが基本でアドベンチャー要素の強いタイトルだったけれど本作はマルチプレイが基本になる感じかな。

設定として「メック」と呼ばれるロボットに乗り込んだ事になっていてそのデザインがデフォルメされた形になっているけれどマルチプレイでキャラクターを表示する際に3DSの性能でも無理のない形にしているのもあるのかな。

マルチプレイが重要な要素になっていてゲームデザインもそれに準じて作られているからこれまでのシリーズみたいに様々な装備を切り替えて使うんじゃなくて各キャラクターに装備を割り当てて役割をきちんと分担するような感じ。

一人で遊ぶのはどんな感じになるのかは気になる所、プレイヤーは決まってるぽいけれど他のキャラクターも一緒に行動するのかしら。

3DS向けとしてはこうしたFPSスタイルは珍しいけど海外で最初にタイトルが出た時の批判とかもあって任天堂自身もそれを踏まえたコメントを出してるし、ようやく発売されるけれど受け入れられるかどうなるかは未知数かなぁ。

紹介映像を見る限りでは結構楽しそうなんだけどねぇ。

ーーーーーーーーーーーーー
PS4/PS3/Wii U版「Mighty No. 9」本日発売。早期購入特典「レトロヒーロー」とDLC「ヴァーミリオンデストロイヤー」の情報が明らかに

ロックマンに関わっていた元カプコンの稲船氏がクラウドファウンディングで資金を募って開発を始めたロックマンっぽいゲームが長い期間を掛けてようやく発売。

PS4とPS3とWii UとXboxOneで配信開始されたけれどXboxOne以外の機種では28日までに購入すれば追加のDLCが手に入る見たい、XboxOne版は発売前までに予約していれば同じDLCを入手出来たみたいだけど発売後は別途購入になると。

PC版はSteamで配信開始されてるけれどそれ以外にも3DSやXbox360やPS Vitaでも配信されるはずなんだけどまだそれらは開始されないのね。

ちなみに価格だけで考えるとSteamで購入するのが2千円を切っているので一番お買い得みたい、スパイク・チュンソフトが間に入った事で国内価格が高くなっちゃったんだなぁ。

『Mighty No. 9』海外レビュー

ちなみに海外でも同時に配信開始されておりレビュー記事も出てきてる感じ。

レビューを見る限りはオーソドックスな感じで悪くはなさそうかな。

ただ、あまりにもロックマンすぎるみたい、それは元々そうした狙いがあるだろうからなんだろうけどねぇ。

ーーーーーーーーーーーーー
Wii DL:『スーパーペーパーマリオ』が北米WiiU eショップに登場

日本では配信されてないけれど海外では配信されているWii Uで遊べるWiiソフトのDL版って増えてきたなぁ。

スーパーペーパーマリオは元々はゲームキューブ向けに開発されていたけれど世代交代時期になった為にWii向けに変更されて発売されたタイトル。

ペーパーマリオシリーズは基本的にRPGとして作られているものが多い中で本作はアクション・アドベンチャーになっている他に、通常の横スクロール視点を切り替える事で普段は見えない物を発見したりする要素が面白かった印象。

多少ぶっ飛んだシナリオはペーパーマリオシリーズおなじみだけど特にぶっ飛んだ要素や意外な展開も面白かったなぁ。

こうしたタイトルは日本でも配信されて良い気がするけれどなぜかなかなか日本で配信されないんだよね、不思議。

ーーーーーーーーーーーーー
iOS 10では『アップル純正アプリも削除可能』→実は非表示になるだけと判明

そりゃそうだ。

システムに直結している系統のアプリを削除したら他のアプリに影響する事もあるから消せないようになってるよね。

iOSってホーム画面とアプリ一覧が一緒だからどうしても使わない純正アプリがじゃまになる事があるけれど非表示出来るならどうしても使いたくないって人には良いんじゃないかしら。

ーーーーーーーーーーーーー
『ラブライブ!』応援上映で迷惑行為 急きょ中止に

こうした事件を見るとキンプリの応援上映とかも結構ギリギリのラインなんだって感じたり。

キンプリの場合はまだ女性客の比率が大きいから救われていた部分もあって、それでもメディア取材が入ったりする時は悪質な客が入ってきて騒動になりかけた事もあるし劇場側が注意をうながす案内を出したりする事もあるからねぇ。

応援上映自体は劇場でしか出来ないスタイルでこれからも広がっていく可能性があるんだけど一部の悪質な客のおかげでそうした流れが駄目になっちゃうのは嫌よね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-21 23:50:00

ザバザバと2016年6月21日

テーマ:日記の2016
雨が強かった。

少し窓を開けて寝てたら少し寒かった程度に。

ーーーーーーーーーーーーー
VRゲームの独占供給を好まないValveゲイブ氏、「デベロッパーにもユーザーにも良くない」とRedditユーザーに語る?

Steamを展開するValveのボスがVRゲームを独占供給する事に付いての是非についてユーザーからの質問に対してメールで答えた?って話。

現在、PC向けのVR機器ではOculus RiftとHTC Viveの2つが中心的になっていて、そのうちのHTC ViveはHTCとValveの共同開発となっている機器になっている物。

だからSteamにはVRで遊ぶゲームも配信されているんだけどそれに関してはHTC ViveだけじゃなくてOculus Riftでも動作するゲームも多いと、対応するんだったらそれを拒否しないようになっているのもあると。

それに対してOculus Riftは独占タイトルを増やそうって考えがあるみたいで、大型タイトルのVR対応版をOculus Rift独占で契約を結ぼうとしたり実際に独占で遊べるようにしたりとか敢えてHTC Viveで動作しないようにロックを掛けさせたりしてるみたい。

まだまだ狭いVR市場を考えたらその狭い中で独占をした所で効果ってのは少なくて市場自体の首を絞める可能性が高いと思うからValveの考え方の方に好意的になるかなぁ。

もちろん、Oculus側の市場のスタンダードを握りたいって気持ちも理解は出来る、普及の鍵を握るのはソフトなのは確かなんだし強いソフトを独占にすれば自分の機械がより普及するだろうから。

これはコンシューマーゲーム機とかでも一緒だからねぇ、ハードメーカーはハードの普及の為に強いソフトを自社ハードに独占させたいけどプレイヤー側からしたら自分の持ってるハードで遊びたいのはあるみたいな。

ただ、ソフトメーカー側が開発費が出せないソフトをハードメーカーが独占を条件に予算を出して開発してもらうって事もあるから、その場合は独占でも仕方がないのもわかる、慈善事業でお金を出すメーカーなんていないんだから。

ValveがVRゲームの開発費を出して開発してもらったソフトでもOculus Rift対応して良いってのはそのソフトがSteamを経由して配信されれば結果的にValveの利益になるってのもあるからね。

どこにメリットを求めるかでその辺りの考え方は決まるんだろうなぁ。

ちなみにコンシューマーでのVRは今のところPSVRしか無いから独占状態になるのね、マイクロソフトがXboxOneで動作するVR機器を出したらどうなるかわからないけれど先行してPSVRが普及するのは大きいだろうなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
PS VRの予約に対するお詫びと今後の案内が公開。再開はプレミアムメールマガジンなどで案内

そんなPSVRは予約スタートとほぼ同時に完売した状態だけど今後の案内はまたあるみたいで。

初回生産分は日本だけじゃなくて全世界で販売されるからその内の日本向けの配分がどれだけになるかはわからないけれどそこまで多くないだろうってのはわかる。

18日に予約を受け付けた分はその配分の最低限の量って感じだろうで、これから生産されて量が増えたらさらなる予約受付があるだろうし二次出荷分の予約を受け付けるって可能性もあるんじゃないかなぁ。

その辺りの告知は公式サイトなりメールマガジンとかで案内されるみたいだけどその情報は恐らくゲームメディアなりTwitterなりで拡散されるんだろうね。

安定して買えるようになるのはもう少し先だろうけれど年内には安定して買えるようになれば良いかなぁ。

まぁ、自分は予約できちゃったから高みの見物状態なんだけど、お金も払っちゃってるし届くのを待つだけだし。

問題はどの対応ゲームを買うかって所だからなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
妖怪ウォッチに続く、レベルファイブのクロスメディアプロジェクト第5弾が発表―新作発表会&ファンイベントが同日開催決定

毎年開催しているレベルファイブの新作発表会が来月末に開催。

昨年では妖怪ウォッチに続くクロスメディアプロジェクトとしてスナックワールドが発表されたけれどそれがまだゲームも関連商品も発売されてない状態でまた新しいクロスメディアプロジェクトを発表するみたいで。

妖怪ウォッチが正念場になってきているから次のプロジェクトをどんどん発表していきたいってのはわかるけれど地に足がついてない状態で情報公開ばかりして行ったら余計に定着しない気がするんだけどねぇ。

レベルファイブのクロスメディアプロジェクトって第1段がイナズマイレブンで第2段がダンボール戦機だったかしら、レイトン教授シリーズはゲームが基本でアニメ映画とかは後からだったからなぁ。

その第1段だったイナズマイレブンの新しい情報も来月の発表会で出すみたいで。

根強いファンが残っているけれど実質的に一度死んでしまったシリーズをどうやってリブートするのか、どんなファンを目指して作るのかは気になる所かなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
Xbox Oneの中からXbox One S現る!? 40%の小型化を実現した新ハードまとめ【E3 2016】

現行XboxOneと新型のXboxOneSのサイズの違いがわかりやすい写真。

現行XboxOneの中に新型はすっぽりと入ってしまうレベルで、更に電源も内蔵だからアダプターも不要になるんだね。

電源内蔵だとヨーロッパ仕様の本体とかだと電圧とかが違って変圧器が無いと使えないんだけどねぇ、ほぼおなじ電圧の北米仕様を買うか素直に日本仕様を待つかの二択になるかなぁ。

日本仕様待ちだと仕様が絞られる可能性が高いのがデメリットだけどね。

ーーーーーーーーーーーーー
「絶品バーガー」肉がっつり版、ワイドに肉のボリュームをアップ。

あ、コレは肉々しくて美味しいタイプだ。

500円ってモスバーガークラスの価格なんだけどね。

あと、多分肉が重い。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-20 23:50:00

ふらふらと2016年6月20日

テーマ:日記の2016
考え事しすぎてクラクラしてる。

ーーーーーーーーーーーーー
『ゼルダの伝説 BotW』、モノリスソフト東京/京都から100人規模が開発に参加

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドの開発にモノリスソフトのスタッフが関わっているとの話。

モノリスソフトは任天堂傘下のゲーム開発会社で独自のタイトルとしてはゼノブレイドシリーズやプロジェクトクロスゾーンなどでお馴染み。

任天堂傘下に入ってからは任天堂タイトルへの開発協力も行うようになっていてゼルダの伝説シリーズでは前作のスカイウォードソードの開発にも関わっていたりするんだよね、他にもとびだせどうぶつの森とかにも関わっていたりとか。

ブレスオブザワイルドはオープンエアと称する広大な舞台が目玉となっていてゼノブレイドシリーズなどで広大な世界を作る実力を示したモノリスソフトが積極的に関わっているのもわかる感じ。

ゼノブレイドクロスのどこまでも行けるようなオープンワールドのノウハウは積極的に他のタイトルにも生かされていくだろうしなぁ。

特にモノリスソフトが京都に事業所を設立したのは任天堂との関わりを密にするためでもあるだろうから、まだまだ他のタイトルにも関わっていくんじゃないかしら。

気になるのはモノリスソフト自体のタイトルがどの程度出るかって事かなぁ、モノリスソフトの従業員が123人で100人規模で関わっているとは言っても常時関わっているって事でもないだろうしプロジェクトクロスゾーンのチームとかはまた別だろうからなぁ。

HDでの開発ノウハウはゼノブレイドクロスで培われたって話だけど流石にWii Uで新作はもうなさそうだからNXとかで花開く事を期待。

ーーーーーーーーーーーーー
[E3 2016]「Forza Horizon 3」セッション&プレイレポート。シリーズ最高のグラフィックス表現やソーシャル機能に注目

Forzaシリーズの派生タイトルとして誕生したForza Horizonも3作目。

ドライビングシミュレーター路線で作られている本家とは違ってHorizonシリーズはオープンワールドのドライブゲームになっていてひたすら走っていても楽しめるのが魅力。

ただ本家譲りのモデリングの良さとかは備えていて車を走らせる事が好きな人には本当に楽しめるシリーズじゃないかなぁ。

1作目がアメリカで2作目がイタリアがモチーフになっていたのに対して3作目はオーストラリアが舞台のモチーフになっているみたいで大自然から都心部まで様々なシチュエーションを駆け抜ける事が出来そう。

グラフィックもXbox360版があった前作と違って今回はXboxOneとPCでの発売になるから大幅に向上しておりちょっとした止め絵でも映像の良さがわかる感じ。

これだけのグラフィックを気ままに走るだけでも相当楽しめそうな感じだなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
[E3 2016]「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」はオリジナル版からさまざまな面が進化。プロデューサー&ディレクターに注目ポイントを聞いた

リマスター版のFF12についてのアレコレ。

ベースになっているのは日本でも発売されたインターナショナル版でそれはゲームバランスとかに大幅な手入れが行われていて遊びやすさやプレイヤーごとの個性が出せるようになっていたりする物。

それに加えて今回のリマスター版は遊びやすさに手を入れている感じで高速モードは遊びやすさを追加したりとかオートセーブで無駄を減らしたりとかロードの高速化があったりとかしているのもポイントみたい。

ただ、それ以上に力を入れているのはグラフィック周りみたいだなぁ。

オリジナル版はPS2後期のタイトルだけあってかなり作りこまれたグラフィックだったんだけどリマスター版ではそのイメージを残しつつエフェクトが強化されたり金属の質感が強化されていたりして最新のタイトルと比べても見劣りしない作りになっていそう。

ゲームシステムとかそれまでのシリーズとは一味ちがった形になっていたりして独特な作品だったのでこの機会にもう一度遊んで見るのも良いかもなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
『スプラトゥーン』北米次回フェスのテーマは「早起き vs. 夜ふかし」

きのこたけのこ戦争だった日本のフェスに対して北米のフェスは久々に抽象的なイメージ。

海外のフェスは日本と北米がほぼ同時期で若干欧州が遅れる印象だったけど今回は欧州が先行でその後に日本で更に遅れて北米って感じなんだな。

それにしても今回のテーマ、健康を考えると早起きするのが良いんだけど色々とやろうとすると夜更かしする事になっちゃうんだよなぁ、最近夜更かし出来なくなってきているからどちらかと言うと早起きかしら。

ちなみに日本のきのこたけのこ戦争はたけのこの勝利だったみたいで、得票数ではたけのこで勝率はきのこだったけど想像以上にたけのこの得票数が多かったから結果としてたけのこと。

得票数の時点でもうちょっと拮抗するかと思ったので以外だったなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
Amazonの「PS VR」販売に“怒りのレビュー”殺到 特集ページ更新されないまま完売

PSVRの予約で色々とざわざわしすぎ。

そりゃSIE自体が「初回は数が少ない」って明言しちゃったからそこに殺到してしまったのもあるんだろうなぁ。

アマゾンの予約ページの出し方に怒りの矛先が向かうのはなんかちょっと違う気もするけれど土曜日の朝に張り付いて予約できなかった人には何かしら八つ当たりしたくなるのかも。

ちなみに自分はヨドバシで予約出来ましたよ、部屋の掃除をしなきゃ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-06-19 23:50:00

じんめりと2016年6月19日

テーマ:日記の2016
昨日アレだけ晴れたのに今日は雨とか流石の梅雨だと思いました。

でも暑い。

ーーーーーーーーーーーーー
E3 2016で姿を見せなかったゲーム9選

今年のE3で色々なゲームが発表されたけれど紹介される噂がありつつ結局発表もなかったゲームも色々とあるよね。

シェンムー3とかは去年のE3のSCE(当時)のカンファレンスで大々的に発表してクラウドファンディングを開始してその結果として多額の資金を得たけれど今年のE3ではその後の続報とかは出なかったよね。

まだ当分開発に期間が掛かるだろうけれど一度発表したからにはちゃんと続報は流す必要はあると思うんだけどなぁ。

とは言え、一度発表したゲームがその後の音沙汰が無い理由って色々とあるからねぇ。

Dead Island 2なんかは理由がわかりやすい感じで、開発する会社が二転三転しているからある程度の素材の流用があるとしても基本的にやり直しになっているんだろうなぁ。

Crackdown3が延期になったのは単純に開発が遅れているだけっぽいけどなぁ、色々と難しい事やってるみたいだからかしら。

ただ、こうして開発が延々と遅れ続けるのはゲームそのものの設計に問題がある事が多くて、実際に何度も延期を続けた末に発売されたゲームの内容がそこまで良いできじゃなかったって事も多いから延期ってのはいつも心配になる事なんだよねぇ。

かつて任天堂の岩田前社長がMOTHER2の開発が遅れた時にイチから作りなおした事があったけれどそうした事って珍しい話だし、普通はつぎはぎで何とかするかキャンセルかの二択だからなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
SteamVRをスマホで楽しめる技術を試した!

PC用に設計されたVRシステムをスマホで再現する技術。

VRヘッドセットに使われているセンサーとかのシステムってスマホに近いから互換性を再現するシステムを使用すれば再現できるってメリットがあるからねぇ。

ただ、VRヘッドセットは実際の頭の動きとの遅延を出来るだけ抑える事を重視していて、それ故に今のOculus RiftとかHTC Viveとかは10万円オーバーの価格設定になっているんだけどこの技術ではそこまでのヘッドトラッキングは期待できないからあくまでも代替品って感じかな。

専用のシステムを10万円オーバーで購入するに比べると手持ちのスマホとそれを入れるケースで実現できるから気軽さは高そうだけどね。

システムの都合上どうしてもケーブルでの接続が必要になるのはネックかも、USB2.0での接続じゃなくてUSB3.0での接続とかになればもっとデータのやり取りが高速化して実用的になるかも知れないけど。

その辺りも含めて今後に期待できそうなシステムかもなぁ、GoogleのDaydream対応スマホとかでこうしたシステムが使えれば面白いかも。

ーーーーーーーーーーーーー
『FF15』にはレベルアップを制限できるアイテムが搭載。召喚獣やDLCに関する情報も

FF15のアレコレの話。

ディレクターの人の考えでレベルを上げていって強くなった状態で楽にボスと戦う楽しみ方を許容しているみたいで基本的なゲーム部分ではレベルを上げれば強敵でも倒せるようになるみたいなのは良い感じ。

それとは別に縛りプレイをしたい人向けにレベルアップを制限して敢えてプレイヤースキルを重視する遊び方もあるみたいで、こうしたプレイヤーが自分の考えで遊び方を選べるってのは凄く良いと思うんだよなぁ。

よくつくり手側の独断で「キャラクターのレベルが上っても緊迫感は維持してもらいたい」って考えを持つ人も多くてキャラクターのレベルが上ったら敵の強化がされていくものもあるんだけどそれだとプレイヤースキルが上手い人しかついていけないからね。

キャラクターのレベルアップってのはプレイヤーの上達とは別なんだからその辺りを勘違いする人って結構多いんだよなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
イメージは『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』。『Bloodstained』のプレイ動画&感想



Bloodstainedは悪魔城ドラキュラシリーズのディレクターを務めていた五十嵐氏が手掛ける新作のアクションゲーム。

雰囲気とかはドラキュラシリーズを思わせる作りで音楽もシリーズに関わっていた人だってのもあってプレイしている映像を見ると確かに2Dのドラキュラシリーズっぽい感じが強いなぁ。

散策型のアクションアドベンチャーになっていて所謂メトロイドヴァニアとか海外では呼ばれていたりするんだけど最近ではこのタイプのゲームも減ってきているから新作で遊べるってのは嬉しい感じもある。

ゲームの実開発はアクションゲームに定評のあるインティ・クリエイツだから心配も無いだろうしなぁ、ただ難易度だけは気になるけどね。

ーーーーーーーーーーーーー
改名申し入れあった「豊橋市役所JK広報室」 参加する女子高生全員から賛同得られ“JK”続行へ

JKって略称の出始めは確かにそれかも知れないけれど今では普通に定着した言葉だからなぁ、無駄にアレコレ騒ぎ立てる方がおかしいと言うか。

逆に今回の騒動で注目を集めたんだからその注目に答えられる結果を出さないといけないよね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-18 23:50:00

グタグタと2016年6月18日

テーマ:日記の2016
梅雨の合間の晴れ間で休みだから表に出た。

ーーーーーーーーーーーーー
直接のスペック勝負を避ける任天堂“NX”、NoAレジー社長「コンテンツにフォーカス」

北米任天堂の社長であるゴリラことレジーがNXのスペックに関して匂わせる発言を。

ゲーム機はそれで走るコンテンツが重要でスペックはそれを動かすための手段だってのは確かにその通りではある。

だけど、Wii Uが前世代機と近いスペックで抑えたおかげで競合機種と性能差が大きくなってサードパーティ製タイトルがほとんど出なくなってしまった事を考えるとちょっと心配になる発言でもあるんだよなぁ。

Wii Uでも十分ハイエンドなゲームは出てたんだけどね、ゼノブレイドクロスみたいな広大なオープンワールドのゲームは他機種でもあまり出てないしスプラトゥーンみたいなWii Uならではのゲームも登場したし。

実際にハードウェアのスペック競争をしてしまうと部品調達では勝てないからその分をアイデアで補うってのはゲームキューブやWiiの頃からやってはいるんだけどね、Wiiも本体サイズを小さくする為にハードウェアスペックを犠牲にしたのもあるし。

ただ、今のサードパーティはマルチプラットフォームが基本で広い機種にまたがってソフトを出してトータル本数を稼ぐ形だからスペックが劣ってマルチで数に入れられないWiiやWii Uは避けられてしまったんだよなぁ。

実際問題として、レジーの発言からNXのスペックを想像するとPS4やXboxOneの上位バージョンには勝てない性能にはなりそう、ただ少なくとも現行のPS4やXboxOneとは匹敵するスペックは出せるんじゃないかとも思う所で。

そこに噂されている携帯機と据置機のハイブリッドってのが加わるなら面白そうだしマルチに参加しつつ独自のメリットもある形になりそうだけどねぇ。

ーーーーーーーーーーーーー
Playstation VR、初期出荷は品薄になる見込みとソニーが予告

今日から予約開始であっという間に受付終了したみたい。

VR自体がまだ半信半疑な部分もあったりとかするのもあるけれど少ないって予告したらそりゃ殺到するよなぁ。

初回出荷が少ないのは初物でもあるしまだ量産効果とかも少ないから仕方がないかなぁ、Oculus RiftとかHTC Viveも初回出荷は少なかったからねぇ。

実際に安定供給されるようになるにはどのくらい掛かるのかしら。

発売当初はまだ対応ソフトも少ないだろうからまだ良いけれどある程度増えてきた時にまだ買えないとかだったら寂しいだろうしなぁ。

逆に量産されて気軽に買えるようになってもソフトがあまりないって状況でも寂しいけれどね。

ーーーーーーーーーーーーー
Activisionのアニメ『Skylanders』がNetflixで配信へ

フィギュア連動型のゲームの先駆けでもあるスカイランダーズがアメリカでアニメ化されるみたいで。

このタイプのゲームは徐々に売上が落ちてきているのもあるからアニメ化で再度人気を上げたいって感じなのかしら。

日本では販路を限定しちゃったのとキャラクターそのものがアメリカン過ぎてほとんど注目されなかったけれど向こうではどうなのかしら。

しかし人気キャラクターを使ったディズニーインフィニティも売上が期待以下でシリーズ終了しちゃうし、フィギュア連動型のゲームってゲーム機自体がファミリー層向けじゃなくなってきている悪影響で売上が落ちてるんだよなぁ。

ゲーム機の標準機能で使えるamiiboは好調だけどこれは任天堂キャラクターの人気とこれまで立体物化される事の少なかった影響もあるだろうしなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
任天堂「ショベルナイト」近日発売

ショベルナイトの日本語版の発売が近づいてきてローカライズされたゲーム画面も公開されたり。

ゲーム自体はアクションゲームだから英語が読めなくてもある程度遊べるんだけどローカライズされれば細かいシステムとかも理解しやすくて遊びやすさが格段に上がるからなぁ。

そのローカライズ自体も丁寧に行われている感じかしら、8ビット世代のドット絵風のグラフィックだから文字もそれに合わせたフォントになっているし。

Wii U版と3DS版で基本的なゲーム内容は同じだけどパッケージ版が出るのは3DS版のみでそちらにはamiiboも付属。

amiiboは両バージョンで対応でWii U版で使った場合は2人同時プレイも出来たりするけど単品販売もあるからWii U版のダウンロードカードとamiibo単独の組み合わせでも良いかな。

基本的には好みの方で遊ぼうって感じだろうなぁ。

ーーーーーーーーーーーーー
お城の隠し扉や大豪邸の地下牢など、一風変わった特徴を持つ有名な屋敷21軒

こうした屋敷を散策してみたいなぁ。

VRでそうしたソフト出さないのかしら。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。