ココロが おどる。

テーマ:


呉 恵珠先生のレッスン。
来月のコンサートで弾くバッハ2曲、ブラームス1曲を聴いていただきました。

勉強しまくって練習しまくって、前回よりいい音楽になってきてる!
と思っていたのですが 甘かった・・・
久しぶりにメチャクチャ怒鳴り散らかされるの巻。
スリッパが飛んできそうな有様爆弾

ここまで愛情たっぷりに叱ってくださる方は そういない。
やってきたことは認めてくれて、一緒に喜んで下さる優しい先生でもあります。


「この曲、中学生の時にやったんだよニコニコ

そう言って弾いてくださった PreludeとFuga。

あまりの美しさに 固まってしまいました...

華やかで楽しくて、2人してキャッキャいいながら踊って。
こういう、ワクワクする気持ち。ピアノを前にして しばらく持てていなかった。
ああ、本当に 素敵な曲だなあ。楽しいなあ。
自然と笑顔になって、先生と歌いながらニコニコしながら、どうしようもないくらい涙がとまらず。
「きちんと弾く」 そのことばかりに必死になり、根底を見失っていたもよう。


帰り道のことまでも 色々と気にかけてくださって。
優しいお気持ちにいつも 胸がいっぱいになります。


音楽だけでなく、生き方に通じるお話もたくさん聴くことが出来ました。
「今 ピンとこなくても、いつか分かるときが来るだろうと思うよ。焦って理解しようとしなくていい」





家に着き、すぐに弾きたくなって。
練習しながら、この作品を 初めて聴いたときの感激を思い出していました。

「なんて綺麗な曲なんだろう... そして すごく可愛いニコニコラブラブ


これから まだまだ出来ることがありそうです。


AD

家宝のような、おまもり。

テーマ:

2011年、アシュケナージさんから頂いた葉書について書いた記事。

http://ameblo.jp/c22i/entry-11077372385.html

この約二年後、またしても お便りを下さり・・・

感激で、それからしばらく 眺める度に ジーンとしていました。

もちろん大切にとっていますおんぷキラキラ

そして 練習がなかなかうまくいかない時や ちょっと疲れ気味の時などに箱から出し、心を落ち着かせたり...

大事な おまもりです。


その、二通目を頂く きっかけになったのは 2013年9月27日、福岡シンフォニーホールで行われた

オーケストラアンサンブル金沢の公演。

井上道義さんが音楽監督、指揮にアシュケナージさん、ピアノに辻井伸行さんという、想像しただけでウットリしてしまう内容。

http://www.acros.or.jp/r_event/event_detail.php?event_id=5262


チケットを確保できた日から ずっと ず~っと楽しみにしていましたが、当日はそのワクワクの遥か向こうまで連れて行ってくれるような素晴らしい音楽で・・・

「終わってほしくない時間」だったことを覚えています。




伸行さんのお母様である辻井いつ子さんが すぐ近くの席に座っていらして、お話させて頂きました。

あれから随分 月日が経ってしまいましたがごめん ありがとうございますハートおんぷキラキラ

快く写真にも応じて下さり、Blogへの掲載も了承を頂きました。

撮ってくれたのは私の父、興奮のあまり手が震えたのか? ブレブレ!叫び



終演後、楽屋に寄ろうにも やはり長蛇の列・・・・

長蛇すぎてもう 蛇が何匹!? という光景あせる

直接ご挨拶したかったけれどお疲れのところ恐縮だと感じ、アシュケナージさんへ準備していた 心ばかりの贈り物は、前回と同じように 信頼できる方に預け、会場を後に。

素晴らしい夜で、とても幸せでした。


その数日後、郵便受に葉書が・・・きらきら

もう 本当にビックリしたのと すごく嬉しいのとで、涙が止まらず。


アシュケナージさんは こちらのメールアドレスも御存知なのに、こうして御丁寧に書いて送ってくださって。




世界を舞台に活躍していらして 多忙に思われる人ほど、いろんな事を おろそかにしないのかも知れない。



AD

「箱水」での出逢い

テーマ:

今月上旬、東京へ。数週間前に思い立ち、かなりバタバタでしたが目的は全て果たせて良かった。


スカイツリー近くからの夕暮れ。少しづつ変わっていく色合い・・・ 時間を忘れて見とれてしまいます。



羽田空港の よーじやカフェにて。ラテアートが可愛すぎて しばらく飲むことができなかった目ラブラブ




福岡へ戻る機内。




路や天候によっては富士山を目にすることが出来ないこともあるらしく、ラッキーでした

存分にリフレッシュし、帰ってきてからは 箱崎水族館喫茶室バッハまつり企画コンサートの準備モード。今年は7月18日(月・祝)15時~ にさせて頂きます。
http://www.hakosui.net/


愛称「箱水」 そこでの御縁や繋がりが 本当に面白くて・・・・ニコニコ


数年前。箱崎に 何やら 魅力的な喫茶店がオープンしたらしい。風の噂で知る。

その数週間後 友人からのお誘い。「カフェコンサートするんだけど、よかったらチエさんも出演しませんか?」

快諾し、リハーサルに伺ってみると そこのオーナーさんは知っている方だった。お互いに顔を見合わせて「えええええ」
即興演奏で幾度も共演して頂いたことのある、花田さん。とても魅力的なギタリストであり、大変 お優しい方です。

気になるイベントに足を運んでいるうちに 花田さん御夫妻からコンサートの提案を頂く。ちょうどその少し前に 大学の後輩である津田くんから「一緒にやりませんか?」と声をかけてもらっていたので 津田くんとのジョイントコンサートを箱水でしよう!と決める。

箱水には まだ訪れたことがなかった津田くんと一緒に、その年のバッハまつりコンサートへ。声楽で出演なさっていた古賀穂南美さんと お知り合いになることが出来ました。

三ヶ月後、箱水にて津田くんとのジョイントコンサート。聴きに来てくれていた友人のお連れの方は、ずいぶん前、津田くんにピアノを習ったことがあったらしい。偶然とは思えない嬉しい再会に みんなテンションが上がる!そしてこのコンサートに古賀穂南美さんも お越しくださっていました。すごく丁寧で有り難い感想を頂き、後日「来年のバッハまつり、3人で一緒にいかがですか?」と嬉しいお誘い。

2014年7月、箱水にてバッハまつり企画コンサート。穂南美さんと津田くん、私、の3人で、初めて一緒にやる演奏会。この日 穂南美さんの御友人である冨久さんという方が撮影で入って下さるとのこと。会場に入り その撮影の方にご挨拶をすると なんだか不思議な雰囲気・・・・ リハーサルから ず~っと、やけに視線を感じまくり「顔にゴハン粒でもついてるんだろか?」と思ってしまうくらい。
終演後、おもむろに話しかけられる。


「すみません、あのー」 (え、なに!?)


「小学校 どちらでした?」 (はぁ?)


『国分小学校でしたけど・・・??』


「・・・やっぱり。久しぶり!」


はぁ??? ええ?
ええーーーー! 冨久さんて タクロのことやったとーーー!!!


なんと 小学校の同級生。ヤンチャな男子が多かった中、大人っぽい印象の子。中学校はそれぞれ私立に通っていたけど、朝 駅のホームで見かけたり 割と顔を合わせることがあった。最後に会ったのは成人式の時で、それ以来なのに よく分かったよね叫び 20年ぶり!!


『じろじろ見ている怪しげなヒトだと思ってた、ゴメン!』と謝るも「俺、会った瞬間に分かったけど、いつまでも気付かんよねーー」と苦笑い・・・ショック!


変わらない笑顔とブラックジョークが懐かしい。起業して頑張ってる様子。友人の活躍って 本当に嬉しいですね。その翌年も撮影で入ってもらい、今回も お願いをしています。


「現場で逢える」って すっごく嬉しいこと。

来週から 箱水でのリハーサル開始。
様々な繋がりの有り難みを心に抱き、当日まで大切に過ごします。

詳しいご案内は改めて書きますね。


福岡は、初夏というより真夏のような暑さが続いていますあせる
どうぞ体調にお気をつけ下さいませ。



AD

『うた』

テーマ:

4月に入ってすぐ。
呉 恵珠先生のレッスンでした。


 


いつも全力で叱咤激励してくださって・・・ 感謝しかありません。



1から10まで委ねたり、何もかも言う通りにしたり、そういう事をとても嫌う方でもあります。


「どうしたいのか、ちゃんと考える」

「納得できずに進まない」

そのまま、生き方にも繋がりますよね。。。


イメージの具現化。
「本当にコレが最高か?」という自問の姿勢を忘れず、幾通りも試してみる。

そして、まずは 『うた』 ありき。


懸命に練習をするも、どうにもずっと、しっくりこなかった箇所。
先生が隣で歌いながら踊ってくださると、思いがけない音が出て びっくりします。

記号にとらわれすぎない。ブレスを深くとる。
心掛けるだけで こんなにも音楽が変わるなんて!!!


出来る練習は とことんやった。そう思っていたけれど、はずかしくなるくらい甘かったことに気が付きます。助言を頂くばかりではなく、自分でなんとか出来るようにならないと・・・しょぼん


愛情たっぷりの厳しいレッスン。

やってきたことは きちんと認めて下さり、とても喜んで下さる、本当に優しい先生なく

ホールでスタインウェイピアノが弾けるという環境も すごく幸せです。


臆することなく質問もでき、そこから広がったお話の内容は 胸を打つものでした。。。
行き詰まりそうになった時など、きっと この先、幾度も思い出すであろう、宝物のような時間。


 


美しいクッキー。海老天丼、うどん。




心も おなかも満タンになりました。


まんま「花より団子」・・・(^o^;)




練習が さらに楽しくなる!

テーマ:


寒くてたまらなかった冬を思い出せないほど、今日の福岡はポカポカ・・・
というか暑い!!
息子は半袖です(笑)。 お花見日和ですね~!

先日、佐藤美香先生のレッスンを受けてきました。

http://www.camerata.co.jp/artist/detail.php?id=254


今回はバッハとブラームスから1曲ずつ。

どちらも7月のコンサートで演奏する作品。

煮詰まって迷走している感が拭えなかっただけに、助言のひとつひとつがすごく有難かったです。


スタインウェイピアノ2台という贅沢な環境・・・
幸せですよね。。。




佐藤先生のお話を聴いたり、音と音でやり取りしているうちに、余分な力が抜けていくようでした。

なんだかずっと焦って練習していたのかも・・・


前回のレッスン以降 取り入れた練習方法に気がついて下さったのは、素直に嬉しかったです。

成長しているのかどうか、自分ではよく分からないから。


とても丁寧で、お優しく。そしてユーモアもお持ちの先生。
勉強になることがいっぱいで、これからの練習が一段と楽しくなりそうな心持ちになりました。
時代背景や音楽の様式、作曲者の意図や精神性に想い馳せることが大切。

「パフォーマンス」ではなく「音楽」でありたい、という信念を いつも胸に・・・ね。


しばらくギチギチに詰め込んでいたこともあり、翌日からグダグダの旅へ出発。

行き先もろくに決めず、気がすむまで腑抜けになるという、サイコーに無計画の超テキトー。
花を愛でたり、空の色に涙したり。こういうひととき、忘れてたなあ・・・




リラックスできて、頭の中や こころの中が 軽くなりました・・・
美味しいもの食べ過ぎ→体重は増加しているかも!? えっ




来週は呉先生によるスパルタ道場。
待ち遠しく、ありがたい時間です。