夏の夜空を彩る打ち上げ花火作りの最後の仕上げ「天日干し」が、愛知県豊橋市で行われている。花火製造会社「豊橋煙火」では、花火職人たちが丹精を込めて火薬を仕込んだ花火玉が、夏を思わせる日差しを浴び、本番を待ち構えるようにずらりと並べられている。

 同社では、2号玉(直径約6センチ)から尺玉と呼ばれる10号玉(直径約30センチ)を中心に約2万発を製作。加藤賢造社長(87)は「不景気のせいか、年々出荷量は減少傾向だが、夜空に開いた大輪の花を楽しんでもらいたい」。【大竹禎之】

文科相に意見交換提案=大相撲組員観戦で―国家公安委員長(時事通信)
「これからは社民抜きで…」民主・平田氏が社民連立離脱を覚悟、民主党内にも動揺走る (産経新聞)
「家計の足しに」気軽なネット副業、トラブルも(読売新聞)
滋賀県知事選に自民県連会長出馬へ 現職含む三つどもえ戦か(産経新聞)
日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
AD