政権公約を検討している民主党マニフェスト企画委員会は5月20日、前日同様に、来週にも政権公約会議(議長=鳩山由紀夫首相)に提示する「たたき台」最終案の取りまとめに向けた議論を続けた。  
                 
 民主党は夏の参院選で、昨年の衆院選で掲げた5本柱を継続し、マニフェストには政権交代後の実績を明記する方針を決めている。前日は5本柱のうち「ムダづかい」と「子育て・教育」について協議したが、この日は、残る「年金・医療」「地域主権」「雇用・経済」について詰めの作業を行った。会合後に記者会見した古川元久内閣府副大臣は「共通認識はできた。あすお示ししたいと思っている」と述べた。同企画委員会は21日も開催される。


【関連記事】
「たたき台」最終案の取りまとめ延期-民主マニフェスト企画委
「全体像示すべき時期が来た」-民主マニフェスト企画委
診療・介護報酬の「大幅引き上げ」盛り込む―自民・公約原案
消費税含む税制抜本改革で合意-民主マニフェスト企画委
「財政的に無責任と非難浴びるものだといけない」-民主党マニフェストで中野氏

【お財布術】「早朝割引」編 「安さ」「時間限定の珍しさ」アピール(産経新聞)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
<八街放火殺人>物色見つかり殺害か 被害者宅に現金残る(毎日新聞)
<梅>偕楽園の3000本が満開 水戸
未明の殴打事件、目撃証言に疑問…男性に無罪(読売新聞)
AD