社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は17日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり首相官邸で鳩山由紀夫首相と会い、県内移設が盛り込まれた政府方針の閣議了解を求められても応じない考えを伝えた。福島氏によると、首相は「今後も話し合いを続けていきたい」と述べた。
 首相は同日夕、政府方針の扱いについて、首相官邸で記者団に「まだこれから状況を見て判断すればよいと思っている。決定はしていない」と述べ、社民党に理解を求める努力を続ける意向を示した。
 普天間問題の5月決着を明言してきた首相は、米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古周辺に代替滑走路を建設し、鹿児島県・徳之島など県外に基地機能・訓練の一部を分散移転する政府方針を月内に決める考え。方針を閣議了解する際に閣僚は署名を求められるが、福島氏は署名拒否の姿勢を明確にしたものだ。今後の首相の対応によっては、3党連立の枠組みに影響する事態も予想される。
 福島氏は会談で「沖縄県内、とりわけ海をつぶして基地を造るのは反対だ。(沖縄で)米国への反感も出るので、日米関係にも良くない」と主張した。「閣議を突然開くのは困る」として、当初反対していた与党党首級による基本政策閣僚委員会を開催することなども求めたが、首相は「よく分かる」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~

白い帆いっぱいに、東京開港記念を祝う(読売新聞)
府警免許課職員が 酒気帯び運転容疑(産経新聞)
<水上温泉>若おかみ候補「おいでちゃん」 旅館組合がイメージキャラクター製作(毎日新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
首相、小沢氏政倫審公開「本人の意向踏まえて」(産経新聞)
AD