厚生労働省は25日、「たんの吸引」など医師や看護師にしか認められていない医療行為の一部について、特別養護老人ホーム(特養)の介護職員に一定の条件下で認めることを決めた。容認する医療行為のガイドラインや研修の内容などを詰めた上で、特例的に認める通知を出し、来年度初めにも解禁する。特養で介護職員に医療行為が認められるのは今回が初めて。
 この日開かれた厚労省の検討会で了承された。認められるのは口元でのたんの吸引と、胃に通じたチューブで栄養補給する「経管栄養」の二つ。たんの吸引はのどの手前までに限定し、経管栄養のチューブ接続は看護師が行うのが条件。 

【関連ニュース】
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕
高知視察で参院選てこ入れも=鳩山首相、事務所開きで支援要請
鳩山首相、27日に高知訪問
有料老人ホーム、過去最多を更新=3400施設に14万人

「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)
アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意-開業間もない茨城空港(時事通信)
足利再審 検察当局、控訴しない方針(産経新聞)
「いいものある」と中学生に大麻=35歳男を逮捕-神奈川県警(時事通信)
木村威夫氏死去=映画美術監督、鈴木清順作品などで活躍(時事通信)
AD