18歳未満の性行為を露骨に描いた漫画やアニメの販売・レンタルを規制する東京都青少年健全育成条例の改正案は19日、都議会総務委員会で継続審議の方針が全会一致で決まり、今議会での成立が見送られることになった。

 出版業界などから「表現の自由を侵害する」という懸念が広がり、民主などが「議論が尽くされていない」と継続審議を主張。改正に賛成の姿勢を示していた自民、公明も了承した。30日に閉会予定の定例会で正式に決定した後は、総務委員会で審議が続けられる。

 石原慎太郎知事は19日の定例記者会見で、「継続審議の間に、いろいろな意見を聞き、誤解を解いていきたい」と述べた。

<天皇、皇后両陛下>皇太子ご一家と御所で昼食(毎日新聞)
10年度予算、24日成立=民・自が採決で合意(時事通信)
公取委の審決取り消し=大成建設などへの課徴金命令-多摩地区談合・東京高裁(時事通信)
日米同盟発言の連隊長処分を批判=2中隊長を注意、指導-防衛省(時事通信)
2次元児童ポルノ 石原知事「僕の目で見届ける」(産経新聞)
AD