横浜市中区の「横浜みらい法律事務所」で、所属する弁護士の前野義広さん(42)が殺害された事件で、神奈川県警加賀町署捜査本部は9日、千葉県内の男について殺人容疑で逮捕状を取った。男は前野さんとの間で離婚調停をめぐるトラブルがあったとみられ、事件後に行方が分からなくなっている。

 捜査関係者によると、事務所にあった離婚調停に関する資料に男の名前が載っていたという。さらに、この男が事件の直前に事務所を訪れたという目撃情報などもあり、事件に関与した疑いが強いと判断した。男は以前に神奈川県に住んでいたとの情報もある。

 捜査本部によると、前野さんは2日午後2時40分ごろ、事務所内のつい立てで区切られた来客スペースで胸などを刺され、搬送先の病院で失血死した。近くには凶器とみられる刃渡り約20センチのサバイバルナイフのような刃物のほか、スタンガンが残されていた。

【関連ニュース】
弁護士殺害:犯行現場にスタンガン 横浜の事務所
弁護士殺害:資料に名前の男性、行方不明に 横浜
横浜・弁護士殺害:いきなり胸さす? 腕に争った傷なく
横浜・弁護士殺害:凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?
殺人:弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で

1年で5000万円を稼いだ「遺言ビジネス」の真髄とは?(Business Media 誠)
<フリーズドライ>水浸しの資料修復に効果 凍らせ真空状態にし乾燥(毎日新聞)
<1億円>「倉庫にあった」男性、車と勘違い 神戸(毎日新聞)
小沢氏の政倫審出席に「消極論」  枝野幹事長、腰砕け?(J-CASTニュース)
北朝鮮へ化粧品不正輸出、商社社長ら逮捕 兵庫・山口両県警(産経新聞)
AD