法務省所管の社団法人「民事法情報センター」が、理事長を務める元最高裁判事の香川保一氏(88)に、無担保無利子で1500万円を貸し付けていた問題で、千葉法相は16日の衆院法務委員会で、センターが香川氏から貸付金の返済を受けていたことを明らかにした。

 返済は15日付だった。千葉法相は、貸付金について「公益法人が特定の理事に対して便宜を図っていると指摘されかねないもので、公益法人として不相当」と答弁した。

 また、香川氏が共同経営する法律事務所を2006年6月から、センターが借りているビルのフロア内に入居させていたことも明らかにした。センターは、年間約340万円の家賃は受け取っているが、入居の際、敷金や保証金は受け取っていなかったといい、千葉法相は、「存続させた方がいいのか、そうではない法人なのか改めて検討し、必要な対応を示していきたい」と述べた。

コンテナをシャトルに収納=山崎さん、主要任務終了(時事通信)
<普天間移設>「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)
賠償命令26億円に減額=西武鉄道株名義偽装-東京高裁(時事通信)
歴史教科書 「日本書籍」が撤退 自虐的史観、批判受け(産経新聞)
禁輸が話題、赤ちゃんザル命名「クロマグロ」(読売新聞)
AD