環境省は16日、新潟県佐渡市で放鳥され、産卵したとみられていた国の特別天然記念物トキ1組が抱卵を中止したと発表した。原因は不明だが、再び産卵する可能性もあるという。

 環境省によると、このペアは今月6日ごろから雄雌どちらかが巣で抱卵しているとみられていたが、13日ごろから2羽とも巣を長時間離れるようになった。

 新潟大学の永田尚志・准教授は「カラスやテンなどの天敵に卵が襲われたか、風が強いため巣から卵が落ちたとも考えられる。人が近づくと抱卵を放棄することもある」と話している。

 環境省は平成20年から野生復帰を目指し29羽を放鳥、別のペアは抱卵を続けている。

【関連記事】
順化ケージ内でテン1匹捕獲 トキ9羽襲撃か
5月にもトキのひな誕生か
トキのケージ、大規模改修を検討へ 環境相
佐渡-羽田線の議案否決 新潟知事「切り捨て判断、残念」
完全養殖のウナギ仔魚公開 三重の養殖研究所
外国人地方参政権問題に一石

<殺人未遂容疑>女性切り付けた27歳女逮捕 東京・公園で(毎日新聞)
なぜ長引くのか アイスランド噴火の影響(産経新聞)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)
自動車整備工場でガスボンベに引火、3人やけど(読売新聞)
AD