「地域No.1サロン」「カテゴリーNo.1サロン」請負人 - 清水ヨシカ・オフィシャルブログ

エステティックサロン・ビューティサロン・化粧品会社のトータルマネジメント・コンサルティング会社、株式会社キアラマキアート代表、清水ヨシカのオフィシャルサイトです。

「地域№1サロン」「カテゴリー№1サロン」請負人の清水ヨシカです。


決して負けない“№1エステ経営”実践塾。


エステの経営者の方、これからエステティックサロンの経営を始めようとされている方に読んでいただきたいです。
エステティックサロンの経営、プロデュース、エステコンサルティングを自分自身が実践してきたことから得た経験に基づき書きます。
机上の空論ではありません。

今回は。。。


「サロンが“選ばれる理由”とは? “コミュニケーション”その14」


テーマは
“コミュニケーション”です。



前回の続きです。

理念や生涯ミッションなどをお話する際、僕は「
お話を始める前の関係性を作る(空気を作る)大切さと、話の後の“不安の排除”」を意識していると書きました。

詳しくは前回分を読んで戴ければ幸いです。
http://ameblo.jp/c-m-1/entry-11714035735.html



僕が100%正しい訳ではありませんし、まだまだ未熟であることを前提に書かせていただきますね。



まず、
“関係性を作る”ということについてです。


人は最初に会った人のことを“値踏み”します。


「この人はどんな人なんだろう??」

「良い人かな?」

「お金持ちそう!」

「なんか真面目に仕事してる人みたい。。」

「元気があって、素敵!」

などなど、一瞬のうちにその人を“理解”し“判断”しようとします。
(上に書いた“印象”は比較的ポジティブな内容ばかりですが、ネガティブなことも然りです。一瞬で判断されてしまいます)

メラビアンの法則にあるように、人はその人のことを、ほぼ“見た目”で判断します。

そしてその印象はとても強く残り、持続します。

逆の良い方をすると、印象に残らなかった人は「印象に残らなかった人」とインプットされます。
悪い印象を与えてしまったとします。
それを良い印象に変えるエネルギーは心理学的に物凄く大きく、またとても難しいのだそうです。

ですから、まず自分自身がどう見られたいかということをしっかりと理解し、そのことを意識した身なり、話し方、立ち振る舞いをすることがとても大事になります。

仕事に置き換えると、その後お客様とお付き合いをさせていただきたい訳ですから、身なり、話し方、立ち振る舞いは更に重要になりますね。

自分自身、ここには気を配っているつもりです。自分なりにですが。。

初めてサロンに来られたお客様は、サロンのこと、スタッフさんのことを素早く“値踏み”しているのです。
最初が物凄く大事です。(最初という意味では、初めてのお客様からの電話に対する対応、メールに対する対応、も物凄く大切ですね)





僕自身の場合、お付き合いさせて戴くお客様から“信頼”をして戴くことを最重要項目に考えています。


商品やサービスを提供させて戴いてはいますが、その前に“企業”で、あるいは“人”で“選ばれたい”と考えています。


ですから
そうありたいと考えている清水です!」


と判って戴くための
“関係性を作る”意識を強く持っています。




ここまでがうまく出来たならば、
理念やミッションを語ってもお客様は耳を傾けて下さいます(その確率が高くなります)。

それが初対面であってもです。


良い空気感や関係性が出来ていない状態では、
「初っ端ミッショントーク」はしない方が無難ですね。
カラ回りの悲惨な状況になりかねません(笑)。




次回は“不安の排除”について書いてみたいと思います。



今日はここまで。

次回ももっと掘り下げていきますね。



“負けないサロン経営”を広げていきます!


カテゴリー№1サロンを目指す方に↓
http://www.yoshika-shimizu.jp/consulting.html
※コンサルティング・サービスはご希望サロン様多数のためお待ち戴いている状態です。新規サロン様のご契約は来春までは難しいかと思います。大変申し訳ありません。スポットコンサル、各種セミナー開催のご希望は調整させていただきますので、ご連絡承ります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)