「地域No.1サロン」「カテゴリーNo.1サロン」請負人 - 清水ヨシカ・オフィシャルブログ

エステティックサロン・ビューティサロン・化粧品会社のトータルマネジメント・コンサルティング会社、株式会社キアラマキアート代表、清水ヨシカのオフィシャルサイトです。

「地域№1サロン」「カテゴリー№1サロン」請負人の清水ヨシカです。

決して負けない“№1エステ経営”実践塾。

エステの経営者の方、これからエステティックサロンの経営を始めようとされている方に読んでいただきたいです。

エステティックサロンの経営、プロデュース、エステコンサルティングを自分自身が実践してきたことから得た経験に基づき書きます。

机上の空論ではありません。

今回はこれ!


「サロンが“選ばれる理由”とは? “空間”その3」


前々回から、空間について書いています。



僕は仕事柄、いろんなサロン様にお邪魔します。

カテゴリーやお客様層の違いによって接客の質や空間の作り方も変わりますね。



やはり最低限求められる部分は
“清潔感”です。

“清潔感”は“清潔”でなければ出ませんので、日頃からのスタッフさんの意識が大きく関わります。


“グランドオープンの状態を常に維持する”という意識を持つことが大事だとご指導を受けたことがあります。

彼は、僕が経営者として尊敬している長野県松本市の有限会社ラ・フェンネルの山本社長です。
http://www.fennel.co.jp/

地域一番店としての誇りを持ち、現在5店舗を展開されています。

もう数年前ですが、彼のお店に案内して戴いた時の“清潔感”はやはり素晴らしいものでした。



初めてお越し戴くお客様にとっては、その日が“オープン初日”と同じ意味を持つのかもしれませんね。

ここでガッカリされてしまっては元も子も有りません。



さて、清潔感ですが
“意識”が大切です。

常にキレイな状態に保つという意識があってこそ“清掃”という行動に移ります。


場がキレイになると心が清々しくなりますね。心が美しくなると言っても良いかもしれません。


キレイとは
清潔という意味と、という意味があります。

エステティシャンは美を提供するお仕事。自らが
を追求しなければなりません。

美しくいるべきなのです。


繁盛しているお店は間違いなく“清潔”です。


それはお客様を美しくして差し上げたい!という強い思いがある、美しい心を持ったスタッフさんがいる空間だからなのかもしれません。

お客様にはその思いが伝わると僕は信じています。




今日はここまで。

次回ももっと掘り下げていきますね。



“負けないサロン経営”を広げていきます!


カテゴリー№1サロンを目指す方に↓
http://www.yoshika-shimizu.jp/consulting.html
※コンサルティング・サービスはご希望サロン様多数のためお待ち戴いている状態です。新規サロン様のご契約は来春までは難しいかと思います。大変申し訳ありません。スポットコンサル、各種セミナー開催のご希望は調整させていただきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)