「地域No.1サロン」「カテゴリーNo.1サロン」請負人 - 清水ヨシカ・オフィシャルブログ

エステティックサロン・ビューティサロン・化粧品会社のトータルマネジメント・コンサルティング会社、株式会社キアラマキアート代表、清水ヨシカのオフィシャルサイトです。

「地域№1サロン」「カテゴリー№1サロン」請負人の清水ヨシカです。

決して負けない“№1エステ経営”実践塾。

エステの経営者の方、これからエステティックサロンの経営を始めようとされている方に読んでいただきたいです。

エステティックサロンの経営、プロデュース、コンサルを自分自身が実践してきたことから得た経験に基づき書きます。

机上の空論ではありません。

今回はこれ!

「エステティックサロンを経営する目的は?」

エステの仕事が好きだから!

というお答えで構わないのですが、それであればあえて経営という道ではなく“お勤め”をされても良いのかもしれません。

残念ながら、“好き”だけでは経営は出来ません。

赤字続きでも構わない環境なら別ですが。。

経営とは利益を出さなければならないのです。

エステティシャンとしての経験をお持ちで、経営に携わる方の素晴らしいところは、お客様に対してのおもてなしの精神をお持ちだということです。

お客様に喜んでもらう、「ありがとう!」の言葉を戴く、笑顔を見せて頂ける…などを喜びに感じている方はお客様を大切にしますから経営に向いていると言えます。

しかしその反面、かけるコストに対するプロフィット(利益)とのバランスを欠いたサービスをしてしまうことが多く見られます。
これは経営にはマイナスになりますね。

エステ経営に携わる場合、良い経営者は良いエステティシャンであることがとても重要な要素なのですが、経営には経営の勉強が必要なのです。

経営の勉強が出来なければ、優秀な番頭さんとパートナーシップを組むことが必要かもしれません。

好きなエステのお仕事を続けるためには、
利益が出るスキームが不可欠なのです。

経営が行き詰ってしまったら、
ファンになって下さったお客様にサービスを提供し続けることが出来なくなりますから本末転倒ですよね。

エステ経営は、「エステが好き」ではなく「エステ経営が好き」でなければならないと僕は考えます。


カテゴリー№1サロンを目指す方に↓
http://www.yoshika-shimizu.jp/consulting.html
※コンサルティング・サービスはご希望サロン様多数のためお待ち戴いている状態です。新規サロン様のご契約は来春までは難しいかと思います。大変申し訳ありません。スポットコンサル、各種セミナー開催のご希望は調整させていただきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)