「地域No.1サロン」「カテゴリーNo.1サロン」請負人 - 清水ヨシカ・オフィシャルブログ

エステティックサロン・ビューティサロン・化粧品会社のトータルマネジメント・コンサルティング会社、株式会社キアラマキアート代表、清水ヨシカのオフィシャルサイトです。


テーマ:

業績は経営者の能力で全て決まる。


以前にランチェスター経営(竹田陽一先生)のことを書かせていただいた際、

「従業員10名までの組織(会社)では、業績の99%は社長(経営者)の戦略能力で決まる」というお話しをされていることを紹介しました。(100名までの企業でも98%)

要は“全て社長次第”ということですね。



大切なのはアイデンティティ。


業績というと数字のことになるわけですが、

僕は思います。(あくまでも個人の意見です!)

数字よりも大切なことがあります。

それはお店(企業)のカラー。

個人でいうとアイデンティティです。


“自分は何者であり、何をなすべきかという個人の心の中に持つ信念”

などと定義づけられますが、

企業の場合はコーポレートアイデンティティ(“CI”という言葉を良く使いますね)。

“自分の会社は何者であり、何をなすべきかという企業の心に持つ信念”

となります。



経営者のあるべき姿とは。


経営者はこのコーポレートアイデンティティをしっかり持ち、

常に意識し、何のために経営をしているのかを社員やお客様に一貫して“表現”し続けることが大切だと思います。

これが経営者のあるべき姿だと。

組織にいる人間のベクトルが同じ方向に向いていなければ、業績は上がるわけはありません。この意識のベクトルを一致出来るかどうかはコーポレートアイデンティティの“意識”と“表現”が不可欠です。



経営は面白い。


経営は経営者自身の考え方が全てであり、

経営者がいい加減であれば、いい加減な会社になるし、

不真面目であれば、不真面目な会社になる。


経営ほど、面白い職業はありません。

どんな企業に、どんなお店にするかを自分自身が自由に決めることができ、自分自身が工夫をし、努力をすることが、全て自分に帰ってくるのですから。

こんなにやりがいのあることはありません。

楽しい人生を送るために“経営者”の道を選ぶことは一つの“良い選択肢”だと思っています。

ですから、起業を志している方には「早くされたほうが良いですよ!」とお勧めしています。



最後に。


今日は午後から全く違う業種の経営者、お二方とお話しをしました。

とても前向きに頑張っている僕よりもお若い社長様です。

楽しく経営についてお話しさせていただき、今日は“経営”について書きたくなりました。

“自戒”の意味も込めて。


ともに進みましょう。魂を込めて!


chiaraのブログ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)