コンクールを聴きに。

テーマ:
新潟市秋葉区
上野ピアノ教室
~子どものコースのレッスンブログ~
 
 
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 こんにちは!
上野由紀子です。

今日は、新潟県音楽コンクールを聴きに行って来ました。
午前のみですが。
{1E2D5662-466D-41E9-A644-A18606FD3444}


私は最近、手のフォームや姿勢に
とても興味があるんです。

実は自分自身のフォームも修正中です。

なので、
今回のコンクールは
あえて1階のステージそば、
手のフォームが良く見える位置で聴きました。

小学生の部だったのですが、
「この子、明らかに私より上手いなあ〜」
という子や、
テクニックだけでなく、音楽的にも素晴らしく、
思わず感動した演奏もありました。

中でも、私がとても感心した子は、
音色がクリアで素晴らしく、
やっぱり手のフォームも素晴らしかったです。

やっぱり手のフォームって本当に大事ですね〜。
どんなに歌心があり、
構成をしっかりつかんでいても、
音が鳴らなければ
表現力が半減してしまいます。

そんな事に改めて気づき、
今後はさらに、
私自身も、生徒さんも
手のフォームに気をつけよう、
と思い帰ってきました。

なぜ午前のみで帰って来たかというと、
どうしても高校野球の決勝戦が見たかったからですウシシ

{DD774746-41BC-4C97-8829-E60307AA7608}


いや〜、
ピアノを頑張る子も、
野球を頑張る子も
素晴らしい!


生徒さんとのお別れ。

テーマ:
新潟市秋葉区
上野ピアノ教室
~子どものコースのレッスンブログ~
 
 
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

 こんにちは!
上野由紀子です。

昨日は、退会する生徒さんとの最後のレッスンでした。

中学3年生。

いよいよ受験勉強に
本腰を入れるそうです。

真面目で、一生懸命で、
頭が良い彼女とのレッスンは
とても楽しかったです。

コンクールにも挑戦し、
予選を通過した事もありました。

今まで週に1回、40分間、
ピアノを通して彼女と関わる事が出来た事は、
私の宝物です。

どうか志望校に合格しますように!

そして、その後の人生が
キラキラと輝いて、
幸せがたくさん訪れますようにキラキラ

でも、心配しなくても
彼女なら大丈夫だと思います。

自慢の生徒でした。

ありがとう、
これからもよろしくねニコ

{52715677-F105-49BB-961C-0E55C3D4DED8}


現在の募集状況

テーマ:
新潟市秋葉区
上野ピアノ教室
~子どものコースのレッスンブログ~
 
 
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー
 
こんにちは!
上野由紀子です。
 
現在の募集状況をお知らせさせてください。
 
赤ちゃん「子どものコース」
金曜に空きがございます。
 
お父さん「大人のコース」・「ジャズコース」・「保育士コース」
随時募集中です。
 
体験レッスンの料金は1,000円です。
その後ご入会いただきましたら、
入会金より1,000円割引させていただきます。
 
その他、ご不明な点は
お気軽にお問合せくださいニコ
 
image
 
 
 
新潟市秋葉区
上野ピアノ教室
~子どものコースのレッスンブログ~
 
 
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー
 
 こんにちは、
上野由紀子です。

先週の小学1年生の男の子のレッスン風景です。
 
{685BAC58-D1BA-41EE-B0AC-6849B3F48934}

Tシャツがステキウシシ

さてさて、
なんだか一生懸命書いています。

何を書いているのかな〜?
{486B5E41-B4DD-4DAA-94EA-5A95C5D8F2B7}

リズム練習の楽譜に
「みずいろ」
「ぴんく」
と書いてました。

(私が書いて、とお願いした訳ではなく、
自発的に書いてました)

何かというと、

上段のリズムを右手で
下段のリズムを左手で
同時に打つ練習なのですが、

それぞれ
水色とピンクのペンを持って
練習するつもりらしいです。

私が指示した訳ではなく、
以前のやり方を覚えていたんですね。

両手で同時に別々のリズムを叩くのは、
ピアノ演奏の前段階として
私は欠かせない練習だと思っています。

子供も好きですね、この練習。


そして、
小さい子供って
自分で楽譜に書き込む事が好きですよね。

私は良い事だなあ、と思って
大抵は見守っています。

(関係のない絵なんかを書き始めたら
止めますがアセアセ

それにしても、
本当に覚えたての子供の書く字って
可愛らしいですよね〜ラブラブ

すぐに
スラスラ上手に書けるようになるのですが、
この拙い字がたまりませんウシシ


コンクールを聴きに…

テーマ:
新潟市秋葉区
上野ピアノ教室
~子どものコース~
 
 
こんにちは!
「上野ピアノ教室」の上野由紀子です。
こちらは「子どものコースのレッスンブログです。
 
 
クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー
 
今日は、コンクールを聴きに行って来ました。
 
小学生の部を聴いたのですが、
今回は、
私だったらどういうアドバイスをするだろう?
指導者の視点で聴いてみました。
 
というのは、最近特に
「子どもの指導って難しいなあ」、
と思っているんです。
 
例えば、
 
曲の途中で速くなってしまう場合、
「速くならないように」
とアドバイスすると、
勢いが無くなってしまったり。
 
「つっかえらないように」
とアドバイスすると、
退屈な演奏になってしまったり。
 
なので、アドバイスの仕方って
とても難しい、と感じているんです。
 
今日もとっても上手な子がたくさんいましたが、
先生はどうやってアドバイスしているのか、知りたいですね~ウシシ
 
どのようなジャンルでもそうだと思いますが、
「指導」って、奥が深いです。
 
 
{522707DB-5714-4EC2-AD7F-4951F0716702}