2005-07-24 22:14:53

花とみつばち

テーマ:
安野 モヨコ
花とみつばち (7)

週末、暇だったので漫画でも買って読んでみた。

「花とみつばち」の1~7巻。

ところどころ、話が飛んじゃって、え?ってなるけど、

結構、いや、かなりおもしろかった。


なんつーか、

リアルで身近に感じるのがいいのかな。


男の気持ちを知りたい女の人、

恋愛で落ち込んでる男の人におすすめ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-21 16:37:41

頭がいい人、悪い人の話し方

テーマ:
著者: 樋口 裕一
タイトル: 頭がいい人、悪い人の話し方

かなり売れた本らしいので、読んでみた。

そんなこと知らなくても、タイトルだけでちょっと気になる本だと思う。


で、感想は人それぞれかな。

自分はどっちかって言うと、なぜ売れたんだろって思う。

たぶん、タイトルだけで売れたんだろうなぁ。

(それは物を売る上で重要なことだと思うけど)

序盤はかなり楽しめた。

あぁ、いるよいるよこういう人。

なんて思いながら。


それだけなら、(悪趣味かもしれないけど)楽しく読める本としてはいいと思う。

だけど、「周囲の人の対策」とか「自覚するためのワンポイント」がひどい。

利害関係がなければあまり関わらない方がよいとか、

この種の人は、自分でも自覚がないとか。

それって、対策か?って思う。

中盤あたりからは、もうグダグダ。同じことの繰り返し。


あくまで、読み物って感じでした。

そして、このタイトルの付け方に感服。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-05-16 21:56:17

常識の壁をこえて…

テーマ:
著者: ダン・S・ケネディ, 金森 重樹, 池村 千秋
タイトル: 常識の壁をこえて…こころのフレームを変えるマーケティング哲学

以前、このブログの「直観を信じよう 」でも書いたが、

常識とかルールという言葉が嫌いである。

嫌いというと、何か聞こえが悪いけど、

そう思っていないと、常識に流される人間になるから。


この本は、タイトルを見ただけで気に入った。

そして、読んでもっと気に入った。


多くの事例や成功者を紹介して、

常識やルールのウソを説明している。

自分がへそ曲がりなのかな?って思うときもあるけど、

そんなとき、この本を読むと自信がでてくる。


新入社員のときの「○○を変えてやる!」

っていう、あつい気持ちを思いだせるかも。

かなりのお勧めです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-23 22:48:52

起業は楽しい

テーマ:
著者: 西川 潔(株式会社ネットエイジグループ創業者/代表取締役社長)
タイトル: 起業は楽しい!21世紀ニッポンの起業家人生入門

起業の成功例とかプロセスって本は多い。

起業の仕方って、書類とかの書き方を説明している本も多い。

この本は、そんな類とは違う。


創業仲間の集め方や、

シードマネーの調達の仕方や、

投資家や株主との付き合い方。


経理や営業の人は、

これぐらい知ってるわ!!

なんて、言うかもしれないけど、

技術の人って意外にこのあたりが弱いのよ。


起業はしたいけど、

どれぐらいの資金がいるか計算もできん。

そもそも、資本金ってどうすればいい?

資本金あつめたけど、どう管理すればいい?

そもそも、投資家ってなに?

みたいな。


技術屋の自分としては、

かなりなっとくしてしまった。

でも、もう少しこのあたりの話が欲しかったかも。

しかも、詳細に。

ま、そこは自分で勉強するか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-16 22:22:38

儲かる会社のつくり方

テーマ:
著者: 堀江 貴文
タイトル: 堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方

別にホリエモン好きってわけじゃない。

CA社の藤田社長の本を読んだら、

じゃあ、こっちはどうなんだろうって。


技術屋と営業という大きな違いがある。

だからかな。

ちょっと、言葉が過激になりがち。

独りよがりになりがち。


でも、考え方自体は嫌いではない。

間違ってるなぁってとこもあるけど。


起業のプロセスって、

人それぞれ違うと思うけど、

一事例として読むのはいいと思う。

もしかしたら、

起業するときの役に立つ…かな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-02 22:32:33

渋谷で働く社長の告白

テーマ:
著者: 藤田 晋
タイトル: 渋谷ではたらく社長の告白

本当に読んでよかった!

時間が過ぎるのも忘れて、読みきってしまった。

本当に、告白っていうタイトルがあっている。


学生時代の話から始まっていて、

できれば学生時代に読めばよかったと思った。

本当に自分のためになることって何だろうって

考えるいい機会になったと思う。


何度も訪れる葛藤。

社長とは常に選択が迫られており、

自分の中に常に強い芯がなければいけないと感じた。


ベンチャーが生き残り、勝ち上がっていくためには

多少見栄を張っていかなければならない。

できなくても、できます!と言う。

そして、やってしまえば嘘にはならない。

なるほど、そうやって大きくなるのか。



著者: 藤田 晋
タイトル: ジャパニーズ・ドリーム―26歳上場企業社長のe革名宣言!

同時でAmazonで購入。

きっとこっちもおもしろいんだろう!と思ったら、

告白の前半部分がメインだった~。

やられた…。


でも、ますます

サイバーエージェント藤田社長が好きになった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。