• 20 Oct
    • アンチエイジング治療 基礎編

      私はレーザー治療をはじめて10年。シミ、シワ、たるみ、ニキビでのべ10万人以上を診察した。しかし、医療は日進月歩でレーザーも多岐に渡り、進歩した。よって治療にはワンパターンはない!同じシミでも違う反応がでるし、一回で良くなる人、色素沈着が長引く人本当に様々だ。切らないたるみ治療サーマクールも一回で効果が出る人、二回目で出る人、回数重ねてこの5年顔が全く老けない驚くばかりの人もいる。 ここ数年で伸びてきた悩みは『毛穴の開き』これは二十代から七十代まで、幅広い。まだまだ様々なアンチエイジングに取り組み、人間の不老不死の医療は限界がまだ見えない!!

      74
      テーマ:
    • サイズ3号の女

       私は小さいので、今や婦人服は3号である。みなさん7号サイズは素敵なスリムな女性のイメージの服を想像されることだろうしかし、私は学生時代は水泳部だったから、9号でも肩がピチピチでした。そしてやせてしまって、5号から3号になってしまった!!売り場は伊勢丹のスモールコーナーのみ(^-^)bよってウィンドウショッピングなどしなーい。伊勢丹スモールサイズコーナーで、買って終わり。勿論休みがない私は、夫に着れそうなもの買っといて~と、白衣の下に着れ服を頼む。 白衣から袖が出るのが嫌いだから、七分袖ばかり…ワンパターンの白、黒、茶さらにさらに!!麻酔科はテレビのような術着はがばがばだから、XXSサイズを自分で買い、それぞれの病院に置いている。3号サイズだというとびっくりされるが、マイパターンを着るようになり、仕事も落ち着いて、リラックスできるようになった。ちなみに、白衣はイタリア製のXXSである。詰め襟なので、下の服も見えない。 最近、全てにおいてワンパターンだが、これを別の意味で言えば、『こだわり』といえるだろうか…

      12
      テーマ:
  • 18 Oct
    • 麻酔科修行

      けっこう最近は急患が増え、当直室に帰るのも夜の10時過ぎがざらです。でも麻酔は仕事を越えて、医学を支える裏方で、私には楽しくて仕方ない。外科や産婦人科の先生方もみな先輩後輩だから兄弟に囲まれているようで仕事が楽しい韓国やハワイにいくより麻酔の勉強が好きだ。日頃産科ばかりしているので、違う科の手術はみるのも楽しい。手術しやすいように、患者さんが少しでも痛みを感じないように、常に考えながら仕事をする。昔と違って、シーツも手術着も全て、使い捨てになったから、医療廃棄物の量は半端ない全てにおいて、廃棄物の土地はなくなるだろうし、それこそ天災で流れ出したりしたら大変だ。物の再生利用を考えて、物を作り出さないと、日本はいつかゴミ列島になるのでは…

      9
      テーマ:
  • 16 Oct
    • ニキビには‥

      9月からニキビや薄毛に悩まされ、やっと落ち着いて参りました。ニキビはクリアタッチのお陰でかなり改善後は薄毛の治療です本当に自分の顔に説得力がなく、皆さんから休養の必要性をご教示頂きましたしかしなかなか休む間もなく、10月に突入患者さんにも、9月から肌トラブルが始まった方がたくさんいらっしゃいました。 暑さに、台風、突然の秋到来で体調を崩した方も多かったようです。メガビタ点滴で疲労回復に来られる方もよく診察しました。これから穏やかな秋が続けばいいですね皆様も肌トラブルは疲れの黄色信号と思って、早めに皮膚科や内科にかかりましょうね\(^_^ )                                                 

      2
      テーマ:
  • 15 Oct
    • アイロンで若返り(^_-)

      心の友がやってきたいつも診察室で長話になるので、スタッフがタイムオーバーを告げにくるちよっと待ってねと仕事モードになる彼女はいつも太陽みたいに温かいエネルギーを与えにきてくれる。つまり、医師を癒やす存在なのだ 彼女は髪のヘアーアイロンでおでこにに軽い火傷を負っていた。 火傷も軽いものは、コラーゲンを作る。火傷ギリギリで電気コテをあてることができれば、肌は張りがでるが、安全性の保障はない

      2
      テーマ:
  • 14 Oct
    • 食欲の秋

      皆さんいかがお過ごしですか?私は昨日も今日も、いえいえかなり前から一日一食の生活です。それも、パン一個とか、野菜ジュースに栄養ドリンクなど、、、。ダイエットではありません。食べる時間がなく、夜は倒れ込むように寝て、ハッと気付くと、朝の繰り返し、、。<オラは死んじまっただぁ>と口ずさむ始末何故にこんなに忙しいのか?患者さんはどんどん綺麗になり、私はやつれるばかり いかん!私もサーマクールをやって、疲れを知らない顔になりたい 

      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 薄毛の気持ち

      落ち葉が散るように、髪の毛が枕にあると、確かにがっくりな朝ですね~私の脱毛の原因は、頭皮の下に膿が溜まっていたからでした。頭がかっかするから更年期だと思ったら炎症でした。かつ忙しさの余り、頭にヘナ塗ったまま寝てしまい、かぶれたようです。今までヘナでアレルギーをおこしたことはなく、やはり忙しくても、美容院にいくべきでした患者さんにも自己判断でニキビ薬や傷を治す薬を海外から手にいれたりして、トラブルになるかたをみてきました。自己判断の治療は遠回りになりがち、早めにクリニックを受診してくださいね

      1
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 韓流ドラマが好きな理由

      韓流ドラマが好きなわけはあのまくしたてるような早口の大声のセリフ裏表がないというか、人前でも泣きわめいたり、喧嘩したりあれはストレス溜まらないでしょうね~実は私も1年に一人くらい喧嘩することがあります。うちのスタッフに女性だからと捲し立てる男や、治療が納得いかないと一時間以上粘る人が出たときです。大体凄む男は殴られそうになるけど、次来たときはおとなしいです。治らないと一時間以上話す方も喧嘩したあげく、何故か次は仲の良い友達のようになることがあります。うわべで付き合っていても、勿論治療に支障はありません。ただ人間同士信頼関係がなければ、お互いつまらなくないですか?私を応援するかのようにやって来て頂ける患者さんには、つい話が長くなり、スタッフより次の治療を促すサインがでます勿論感情を出さないのも医師には大切です。冷静な判断力が必要だからです。感情が入ると余計なことまでやって、反応が強くですぎたりします。ただ若い頃、患者さんに一生懸命になりすぎて涙を流していた私も振り返るといとおしく思います。感情や情熱を忘れずに、医師をやっていきたいと思いますよってかなり大袈裟な韓流ドラマは医師として『初心忘るるべからず』を思い出させてくれるので、欠かせないドラマです 

      5
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 産科当直の女王

      祭日は産科当直してました。当直の回数では誰にも負けないくらい当直が週に4日から5日でしょうか…お産が朝の5時に終わるとテレビもやってないし、韓流ドラマ『内助の女王(僕の妻はスーパーウーマン)』『逆転の女王』を一話ずつみて朝の出勤準備です。円形脱毛は拳大でこれまた隠すのが大変です。今や頭の分け目は2/8分け ミノキシジル飲んだら生えるんでしょうが、体毛も増えるの嫌だしなぁ…ぶっちゃげ仕事を減らしてストレスを減らせとスタッフからアドバイスされた私から仕事を奪われたらいいとこなーんにもないじゃない脱毛は悪化するのでは?麻酔科は帽子被るからハゲでも大丈夫なんですけどねぇでは本日は麻酔科でハゲを忘れて仕事しまーす

      3
      テーマ:
  • 10 Oct
    • サーマクールの女王

      連休中はもうふらふらになるほど、サーマクールの患者さんがいらっしゃいましたm(__)mまず本人が気になるタルミを聞き、左右差をみ、立体感を出すように打っていきます。彫刻を創るイメージで…ですから物凄いエネルギーを必要とします。痛いところもあるし、あえて強く打つべきところもあり、患者さんを励ましながらのサーマクール。最近は打ち方と患者さんの満足度を上げるために、半顔打って鏡をみて頂きます。すると眉尻の上がりや法令線が短くなっているのが比較できて、患者さんも納得の痛みと理解して頂けます(^-^)bしかし1日何千発も打つ医師は少ないでしょう。クリニックによっては看護師さんが施術するから安いところもあるらしいです。シロノは医師が心と技術を持って打っております。くたくたで毎日が過ぎていきます。自称サーマの女王森智恵子でした

      3
      テーマ:
  • 09 Oct
    • 手術中、嬉し涙を流す患者さん

      大腿骨頚部骨折のおばあさん。今は高齢化社会ですから90歳で手術も珍しくありません。手術室に運ぶまでは、『痛い痛い』と連呼されておりました。麻酔科の私が腰部麻酔をすると、『痛くなくなった、よかった♪ありがとうございます』とおっしゃいました。さて整形外科医の登場です。大工道具がずらりと並び、と言っては申し訳ありませんが、まさにダイナミックに足を匠の技で治します。手術中は私麻酔医師はちゃんと麻酔が効いているか、血圧や輸液など見ておりました。そうして患者さんに目をやると、何やら涙が流れています。私が痛いですか?と聞くと、『また歩けるようにして頂いてありがとうございます。みなさんのお陰でありがたい…』がずーっと流れていました。日本は医療をある意味平等に受けることができます。素晴らしい国だと思いました年齢に関係なく、貧富に関係なく、医療を受けられる国を私達は守っていきたいと思いました。このおばあちゃんの嬉し涙でまたまた医師になってよかったなと思いました

      1
      テーマ:
  • 08 Oct
    • たばこ屋の娘

      私は煙草屋の娘だった。スーパーマーケットもやっていたが、タバコはパチンコ屋さんや自動販売機で飛ぶようにうれ、九州でも三本の指に入る売り上げで、専売公社より、旅行に招待されるほどだった。私も小学校の頃からさんざん段ボール箱をパチンコ屋に配達する仕事を手伝わされた。姉と私は保育園に通う僅か五六歳で、隠れて煙草を吸い、猛烈に咳き込んだ。それ以来禁煙している。そんな商売で医学部に入った私はびっくりしたまだタバコは肺癌の原因と言われ始めたばかりだったが…講義の度に先生方がタバコは癌のリスクを高める!!煙草を吸う人は癌に自分からなりたいようなもんだくらいの勢いだから、冷や冷やしたまさかその悪の根源を売りまくっている娘とわかったらお裁きを受けるのでは…と小さくなっていた。煙草ばかりではやっていけないご時世を先読みし、いつのまにか我が家は米屋と宝くじ、ロトシックスまで売るようになった。生活をするために娘を大学にやるために次々とトライする母親と祖母には頭が下がる。が、大学の試験の時に大きな袋を私に母が持ってきた!?普通は勉強しろとか頑張ってと差し入れか?と思ったら宝くじを何十万枚も渡し、十枚ずつ袋に入れろという宝くじが売れまくって袋詰めが間に合わないと…また祖母は学費の領収書を私の机の上に置き、感謝の言葉を言えという!鬼ババに見えたが、今思えば本当に感謝である

      2
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 医者の不養生

      医者は患者さんにストレスを溜め込まないように、とか健康が一番ですとか言っておきながら、ストレスを溜め込んでいる。どこかで、ふとしたときに患者さんのことを考えていたり、私の時間というものは存在しないのではないか?産婦人科なんか、いつ緊急手術になってもおかしくない科はなおのこと。気になったら眠れなくなる。当直室が分娩室の横にあれば、胎児モニターの音や、妊婦さんの陣痛の声で、そろそろかしらなどと考えつつ、夜をあかす。有給休暇なんて使う人間いなかった。休んだら他の先生に申し送るのが大変だし、翌週の外来なんか悲惨である年末年始、祭日関係なく、嵐のような陣痛がやってくる。なぜか一斉にどどどーっと三つ子や四つ子を担当したときは、まだ生まれたらダメよーと毎日祈る始末。でもやっぱり医師という職業を選んだ段階で自由とか休みとか放棄したと考えるべきだ。昔の先生方が尊敬されていたのも自分の命と引き換えにするぐらいの覚悟があったからでは?と思った次第である

      2
      テーマ:
  • 06 Oct
    • 仕事漬け 懺悔編

      毎日毎晩働いても、70歳で働き続ける母にはまだ負けている。母は商売をしながら、認知症の姑と生活し面倒を見、たった一人の孫にも1年に一回くらいしか会えない。母も昔から働き漬けで、ブレーキを踏むことを忘れたらしいだから私も母親より楽はできない。母が苦労して大学の費用を稼いでくれたから、私は医師になれた。母のように70歳過ぎても、働き者と呼ばれる人間になりたい。だから私もつい家族には呆れられるほど働いてしまう。ごめんなさい

      2
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 早寝も三文の得(^-^)/

      私は当直室に入るとさっさと寝る。だから21時には寝ている。夜中の1時電話がなった。外科の先生からである。腹痛を訴えているが婦人科の病気のようだとの内容…眠いが、救急外来の外科医はもっと大変なことを手術室で見ているので、元気に答えた『お疲れさまです、わかりました、ありがとうございますm(__)m』と伝え産婦人科で入院する手続きをとった。患者さんの診察、手術の説明、カルテ記載と、パソコンに点滴オーダー。取り合えず3時にまた寝た。痛みが強くなればすぐに麻酔と手術になる。数時間の隙間に寝る。が、患者さんに緊急性は無いようで、朝の5時には起きて身支度を整え(風呂にはいるくらいですが)、また麻酔科医が働くオペ室に入る。私はオペ室が大好きだ!!三度の飯より麻酔をかけている瞬間が好きだ。仕事というより趣味に近い。始めと終わりがちゃんとある。終わりが20時過ぎることもざらだが…同じ麻酔が一度もない。ワンパターンがない。最新の医療技術も機械も見ることができる。43歳から始めたが、スタッフも周りの医師もみんな一丸となって一人の患者さんに一生懸命だ。早寝早起きで、夜間の患者さんに対応できる生活に満足している。これも理解ある家族のお陰である。ありがたいm(__)m

      1
      テーマ:
  • 04 Oct
    • 早起きは三文の得(^-^)/

      いつものように産科当直では出産の出番は朝の3時から6時です。よって毎朝5時には目が覚める私にはピッタリの仕事です私は子供が苦手でしたが、子供を産んで、周りの子供たちも大好きになりましたしかし時には緊急帝王切開になることもあり、冷や冷やしますそれがきっかけで麻酔科も勉強したいと思いました。母校福岡の先輩方からたくさん学んでいます。これで緊急手術も少しは恐れなくなりました。麻酔科が来てくれない病院もあるからです。そんなときは麻酔をかけつつ、手術です。その上生まれた赤ちゃんの状態が良くないこともあり、物凄いエネルギーと集中力を要します。考えれば考えるほど、新生児の勉強もしなくては!!とやりたいことが次々に出てきます。しかし今は焦らずまず麻酔をしっかり修得していきたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 03 Oct
    • 『煩悩リセット』のお稽古中

      朝起きて、体調が悪い予感ユンケルD2と高麗人参茶入りペプシをのみ、カレーを食べ、体温を上げてクリニックへしかーし昨日までの混雑は何だったの?というくらい、混雑もなく、予約通りに1日が終わりましたほっ助かった。毛は抜けるは、吹き出物はできるは、大変な9月でした10月からはちょっと来年に向けて心と体をリセットしたいと思います。

      テーマ:
  • 02 Oct
    • シミとり10年のプロだけど…

      患者さんをどんどん若く綺麗にすることは、私の喜びと生きる糧である余りに皆さん美しいので、私もフォトシルクでシミとりなどやってみた…まぁちょっと最近日焼け気味だからと思い、パワー低めのはずがえっ何?私ってこんなにシミがあったの!?というくらい顔に黒い斑点が浮き出たいつも素っぴんだけに、患者さんも驚くかしら?でもあと4日もすれば垢のようにとれるから、患者さんの説明用にこの顔を使うとしよう顔がまさにシミとりしましたという歩く宣伝人間のように、電車に乗っている熱い?視線を感じながら

      1
      テーマ:
  • 01 Oct
    • ゴールドコーストの紫外線

      オーストラリアはオゾン層が薄くなっており、白人が多いこともあって、赤ちゃんの頃から日焼け止めを使用するよう推奨している国ですそんなゴールドコーストから一年に二回くらい日本に帰ってこられるかたがいらっしゃいます『ゴールドコーストの紫外線でシミができてしまいました』とおっしゃいますが、私には素敵に思えました。オーストラリアに住むってどんな感じですか?興味深深です。目の前に海が広がっていて、小さなことを気にしなくなりますと言われました。家族で海外に住むなんてすごーい羨ましい限りです。私なんか日本の医師免許だけですから、海外では生活できません。世の中グローバルになっていても、言葉の壁が私には高く感じられます。ニューヨークの風は冷たいとか、ロンドンの霧はどうとか、ハワイで毎日波乗りをしているなど、皆さんから聴く話しにいつもうっとりし、体感したくなります。今の私は福岡をでて、東京で働くところで精一杯でもいつか、世界のいろいろな国の人に医療で何かお役に立てる日が来るのではないか…と世界から来て頂ける患者さんからの情報をワクワクしながら聞く毎日です世界を駆け巡る、『兼高かおる世界の旅』みたいな日々を80歳くらいまでにやってみたいものです

      テーマ:
  • 30 Sep
    • 『告白』円形脱毛編

      9月26日はテレビ東京に『頭髪年齢』のコーナーで出演させて頂きましたm(__)mまたまたクリニックに予約も入り、テレビの影響力を感じずにはいられませんそして肝心の私は突然前頭部に痒みが出現…バリバリって掻いたら、一ヶ所から100本ほど毛が抜け落ち…よくみれば円形脱毛症になっていましたあら、ストレスかしら肌荒れの次はハゲ!?でも気にしなきゃいつの間にか治ると言うからなぁ~。でも私は医者だからニキビも円形脱毛も、治ると知っているから心配などしない。しかし一般のかたは何故?と不安になるでしょうね…毛が生える方法はわかってますから、安心して私、円形脱毛先生を受診して下さいませ原因はストレスが負荷となっている、あるいは体力が落ちていたり、食事が片寄っていたり。一つずつ解決していけば良いのです(^-^)/ちなみに私は疲労でしょうね。でも心が頑張れと言い続けるから、体がいい加減にしなさい!!と信号を出してくれているんですね。まぁ前向きに肌荒れ、脱毛に付き合います

      テーマ: