電力会社の売掛金立て替え名目で2千万円超を詐取したとして、警視庁久松署は詐欺の疑いで、IT関連会社元社長、志田聡容疑者(58)=東京都八王子市大塚=ら2人を逮捕した。同署によると、志田容疑者は大筋で容疑を認めている。

 同署の調べによると、志田容疑者らは平成17年7月、東京都台東区の金融会社で、同社の男性社長に対し、偽造した業務委託依頼書を示して大手電力会社との取引を偽り「(電力会社の)支払いが遅れているので金を貸してほしい」として現金約2200万円をだまし取った疑いが持たれている。

 貸付金の返済が滞ったため、男性社長が18年3月、詐欺罪で警視庁に告訴していた。

【関連記事】
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕
TBS社員装った男を逮捕 HP開設料名目で現金詐取
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
スカウト詐欺繰り返した目的はホテル代とプレゼント 見栄っ張り男が法廷で流した涙
振り込め団「キング」の残党を逮捕 詐欺未遂の疑い
少子化を止めろ!

トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議(産経新聞)
A型肝炎が急増 ワクチンで予防可能(産経新聞)
<静岡空港>日航福岡便、実績搭乗率64.5%(毎日新聞)
キセル乗車問題で新たに14人不正 相模鉄道(産経新聞)
運輸局に「仮の認可」命じる=MKの割安運賃で-福岡地裁(時事通信)
AD